サーマクール (名古屋のみ)

サーマクール (名古屋のみ)

南クリニックのサーマクールが変わりました。痛みを抑えて、より強力な出力で施術を行えます。

 

THC-machine.JPG THC-tec.jpg

 

サーマクールの原理はこれまで同様、手術せずに、皮膚のたるみを引き締めることができることです。冷却装置で表皮を保護し、高周波電流が真皮に熱を加えます。直後から引き締め効果がありますが、処置後、半年程度の間は、徐々に効果が増していきます。
処置後すぐに洗顔やメークが可能なのも、これまでと同様です。

 

THC-science.jpg

 

南クリニックの、最新サーマクール照射技法を紹介(2016年度より開始)

1)一度に3回全顔面照射の、高密度マルチパス
サーマクールの照射回数を増加させ、顔面のいろいろな部位から、引き締め効果を創出します。そのため、照射ショット数は、これまでの重点照射法の2倍になります。
2)多数のフェイスリフト手術の経験から生まれた、解剖学的ベクトル照射
フェイスリフト手術は、皮膚の切除のみでなく、皮下組織(筋膜・脂肪など)の吊り上げを行わないと、長期の効果が得られません。また、皮膚を伸ばす方向と、皮下組織を吊り上げる方向は、微妙に異なります。この微妙な違いを考慮して、皮膚の浅い層にサーマクールのエネルギーを集める設定と、深い層にサーマクールのエネルギーを集める設定を使い分け、顔の部位による、それぞれのサーマクール照射の順番を決定します。
3)ファスト・チップと、新改良型ハンドピースによる、痛みが少ない、高エネルギー照射治療
新改良型ハンドピースでは、ワンショットのエネルギーが、従来の2倍にもかかわらず、痛みは従来のように最小限になりました。そのため、サーマクール照射中の痛みは、従来のハンドピースと比較しても、同等もしくはそれ以下で、ワンショットのエネルギーは2倍と、より強い効果を期待できるものとなりました。
4)即効性の獲得
従来のサーマクールは、即効性のある治療ではなく、約6か月かけて、徐々に効果が出現するものでした。しかし、この最新の一度に多くのエネルギー照射が可能になったため、ある程度の即効性が獲得できます。

 

THC-case1.jpg 

THC-case2.jpg 

THC-case3.jpg


サーマクール (名古屋のみ)関連ページ

スキン・メソセラピー・マックス(強力水光注射)
水光注射とは何か?そしてその改良版である、スキン・メソセラピー・マックス(強力水光注射)とは?総院長の自分自身がモニター第一号になった体験記掲載。
ウルトラV-リフト 美容鍼感覚のタルミ取り
ウルトラVリフトは、韓国の美容針(鍼)の原理を取り入れて、腫れのない即効性リフトアップを実現。タルミに対する即効性とともに、後期の効果としての美肌効果やさらにたるみが取れてくる効果も。
脂肪増殖注射
注射で脂肪を溶かすことができますが、脂肪を増殖させることもできます。この注射は、従来の脂肪注入とは違って、注入するための脂肪を取ってくるための、脂肪吸引が不要です。また、脂肪増殖注射は脂肪注入とは違って、腫れないと言ってもいいほどであり、ヒアルロン酸と違って長期の効果が望めるし、凸凹になることもありません。
イントラセル(名古屋のみ)
イントラセルは、全く新しい概念の、皮膚の中からエネルギーを照射するフラクショナルRF機器。効果を増強しながら、ダウンタイムを短縮するのに成功している。毛穴・ニキビ跡・美白・タルミ・シワ などに対するイントラセルによる治療の症例写真。
高生着率脂肪注入(幹細胞・W-PRP-F併用脂肪注入)
これまでの脂肪注入の欠点の多くを克服した、高生着率脂肪注入(幹細胞・WPRPF併用脂肪注入)は、多くのアンチエイジング効果で、シワやタルミを克服できるようになっています。
新PRP(多血小板血漿)注入法 当院独自のW-PRP-F皮膚再生療法
単なるPRPではなく、血小板濃縮率のアップと成長因子の添加による、シワやタルミに対する効果の強化により進化を遂げた、WPRPF皮膚再生療法。
シルエットリフト Silhouette Sutures
これまでの糸を使ったリフトの改良版で、皮下組織の引っ掛かりが強くなった、シルエットリフト。
サーマクール (名古屋のみ)
無痛チップを導入しました。南クリニックのサーマクールは痛くない、高密度マルチパス。
頬や額のフェイスリフト
耳の前を切らないフェイスリフトと、傷が小さな内視鏡を用いた額のフェイスリフト。
シワ・タルミ 治療の概要
しわ・たるみ治療の概要と、様々な治療法の分類や、治療を受ける際の注意など。老化の始まりと、それに伴うシワ・タルミ発生のメカニズムや、美容外科とエステの関係も。