シルエットリフト Silhouette Sutures

シルエットリフト Silhouette Sutures

シルエットリフトは、顔面の垂れ下がった脂肪組織を、アメリカ製の特殊な糸を埋め込むことで吊り上げます。他院で行われている、所謂ロシアンリフト やフェザーリフト、アプトスなどを、アメリカ製の糸を使用して信頼性を高め、独自の改良を加えています。 傷は針穴のみで、注射感覚での処置です。従来の、切開が必要なフェイスリフトより、腫れも非常に少ないのが特徴です。 費用は、処置箇所によって異なります。

これまで、何年もの間、世界中の美容外科医は、フェザーリフ ト、スレッドリフト、APTOSなどと呼ばれている、ギザギザの糸を使用して、切らないフェイスリフトを行ってきました 。これらのギザギザの糸は、2?0という太さの規格のポリプ ロピレン(プローリン)の糸を、カミソリの刃などの鋭い刃物で、切込みを入れてトゲを作成したものです。呼び名は異なっていても、これらの糸は、いろいろな国で同じ製法が採られていま す。ある医師は、型を作成して、ギザギザを自分の好みの位置 や数にして自作しています。

当院でも、この糸を使ったフェザーリフトを3年以上にわたって採用していました。しかし、このギザギザの糸ですが、糸の端をどの深さのところで切るかが、非常に難しく、患者の皮膚 や皮下組織の性質に応じて、結果に差が出やすいのが現状です。糸の端を深いところで切った場合、リフト効果が弱く、浅い と断端が飛び出してきます。また、皮膚に近すぎるところに入 れた場合、顔の表面に凸凹を作ってしまいます。 さらに、文献によると、糸を摘出するときには、ギザギザの棘のところから、糸が切れたり縦に裂けたりすることがあります。そうすると、中に糸が残り、それが顔面を移動していってし まいます。ギザギザの棘は、チクチクする感覚の原因になることもあります。この棘が、皮下で逆方向に折れ曲がったり、外れたりすると、リフト効果が非常に弱くなります。

以上の合併症の可能性を考えて、当院ではフェザーリフトから、もっと新しくて、安全で効果の高い方法である、シルエットリフトへと、術式を進化させました。


1)切れ込みが無いので、切れにくい
この、シルエットリフトは、切れ込みを入れて作成した糸ではありません。したがって、物性的に安定しており、より切れに くく、リフト効果が弱くなることがありません。

2)棘がありません
シルエットリフトの糸の断面は、完全に円形です。棘がないので、術後、いつまでもチクチクする感覚が続いたりしません。

3)コーンがリフト効果を増強
シルエットリフトの糸には、吸収性(体内で溶けてなくなる)の、やわらかいコーン型の支えが取り付けてあるため、少ない本数の糸で、より広範囲の、 強く長持ちするリフト効果が得られます。コーンが吸収されてしまったあとは、糸の周囲に新生した組織 が、細かく並んだ結び目の周りにしっかりとくっついており、 リフト効果を維持します。

4)皮下での移動がありません。
シルエットリフトの糸の太さは、3?0という、2?0よりも一回り細い糸の規格です。結び目が小さく、ゴロゴロしたりしません。

5)糸を摘出したいときには、安全に取り去ることができます。
シルエットリフトはギ ザギザの糸のように、途中で切れたり、棘が残ったりすること は、ありません。

ss1_000.jpgのサムネール画像

ss2.jpgのサムネール画像

ss3.jpgのサムネール画像

ss4.jpgのサムネール画像


シルエットリフトの平均的術後経過
手術翌日 :処置部分がむくんだ感じ。再診後、洗顔・洗髪・化粧可能。
3日目 :腫れが、約80%消失する。
1ヶ月目 :再診。自覚症状として、軽い違和感がある。
3ヶ月目 :本当の効果が現れ、違和感等も、ほぼ消失する。


シルエットリフト Silhouette Sutures関連ページ

スキン・メソセラピー・マックス(強力水光注射)
水光注射とは何か?そしてその改良版である、スキン・メソセラピー・マックス(強力水光注射)とは?総院長の自分自身がモニター第一号になった体験記掲載。
ウルトラV-リフト 美容鍼感覚のタルミ取り
ウルトラVリフトは、韓国の美容針(鍼)の原理を取り入れて、腫れのない即効性リフトアップを実現。タルミに対する即効性とともに、後期の効果としての美肌効果やさらにたるみが取れてくる効果も。
脂肪増殖注射
注射で脂肪を溶かすことができますが、脂肪を増殖させることもできます。この注射は、従来の脂肪注入とは違って、注入するための脂肪を取ってくるための、脂肪吸引が不要です。また、脂肪増殖注射は脂肪注入とは違って、腫れないと言ってもいいほどであり、ヒアルロン酸と違って長期の効果が望めるし、凸凹になることもありません。
イントラセル(名古屋のみ)
イントラセルは、全く新しい概念の、皮膚の中からエネルギーを照射するフラクショナルRF機器。効果を増強しながら、ダウンタイムを短縮するのに成功している。毛穴・ニキビ跡・美白・タルミ・シワ などに対するイントラセルによる治療の症例写真。
高生着率脂肪注入(幹細胞・W-PRP-F併用脂肪注入)
これまでの脂肪注入の欠点の多くを克服した、高生着率脂肪注入(幹細胞・WPRPF併用脂肪注入)は、多くのアンチエイジング効果で、シワやタルミを克服できるようになっています。
新PRP(多血小板血漿)注入法 当院独自のW-PRP-F皮膚再生療法
単なるPRPではなく、血小板濃縮率のアップと成長因子の添加による、シワやタルミに対する効果の強化により進化を遂げた、WPRPF皮膚再生療法。
シルエットリフト Silhouette Sutures
これまでの糸を使ったリフトの改良版で、皮下組織の引っ掛かりが強くなった、シルエットリフト。
サーマクール (名古屋のみ)
無痛チップを導入しました。南クリニックのサーマクールは痛くない、高密度マルチパス。
頬や額のフェイスリフト
耳の前を切らないフェイスリフトと、傷が小さな内視鏡を用いた額のフェイスリフト。
シワ・タルミ 治療の概要
しわ・たるみ治療の概要と、様々な治療法の分類や、治療を受ける際の注意など。老化の始まりと、それに伴うシワ・タルミ発生のメカニズムや、美容外科とエステの関係も。