刺青(入れ墨)除去(イレズミ除去・タトゥー除去)

美容整形・美容外科 南クリニック > 刺青,入れ墨 除去 (取る) > 刺青(入れ墨)除去(イレズミ除去・タトゥー除去)

刺青(入れ墨)除去(イレズミ除去・タトゥー除去)

tattoo1.jpg

刺青(入れ墨)除去はゆっくりでもいいから、日常生活の制限がないほうがいい方は、レーザー治療

Tatoo_justafter_forearm.jpg

「刺青(入れ墨)除去するときの日常生活の制限も、傷跡も、とれる速さも、それなりに」という方は、切除治療

レーザーを使用して、刺青(入れ墨)(イレズミ)除去やアートメーク除去ができます。

刺青(入れ墨)(イレズミ)がファッションの一部として普及し始めた昨今、刺青(入れ墨)(イレズミ)に用いられる色素も、様々な種類があり、その色も多種多様です。これまでは、それぞれの刺青(入れ墨)(イレズミ)の色素によって、その吸収波長が異なるため、様々な種類のレーザーが必要でした。

しかし、当院では、刺青(入れ墨)(イレズミ)の多くをカバーできるレーザーを採用しているため、少ない処置回数で、より多くの種類の刺青(入れ墨)(イレズミ)を除去することができます。

レーザーによる刺青(入れ墨)除去 処置は、最低1ヶ月以上の間隔をおいて、レーザー照射を行います。1回ごとの間隔については、1ヶ月以上であれば、長期間に及んでも問題ありません。赤みなどの、レーザー照射による反応がなくなってから、次の照射を行ったほうが、より美しい仕上がりとなります。

※肌質、症状によって効果に個人差があります。
※男女問わず10代から60代まで数多くの方が、処置を受けています。

 

tattoo1.jpg tattoo2.jpg

 

tatbefore.jpg tatafter.jpg

 

tatbefore1.jpg tatafter1.jpg

 

切除法なら、レーザーで長期間の治療が必要な刺青(入れ墨)でも、短期間に除去可能

切除法による除去のほうがいい場合

1.基本的に、黒以外の刺青(入れ墨)除去

2.除去治療期間が大幅に短縮されます。

3.表面に凹凸がある刺青(入れ墨)除去。

4.刺青(入れ墨) そのものが、すでに傷になっているため、レーザーによる刺青(入れ墨) 除去では、刺青(入れ墨) の形で傷のみが残る。

 

手順

1.局所麻酔を十分に浸潤させる。
2.メスで、刺青(入れ墨) を切除除去する。

3.刺青(入れ墨) 周囲の皮膚の緊張を十分に解除する。

4.止血操作。
5.傷の緊張をとるために、皮膚の深層を縫合する。
6.傷がしっかりとつながるように、皮膚の中層を縫合する。
7.傷がずれないように、表層を縫合する。

平均的術後経過
刺青除去術後3日目  再診 フィルムで防水処置をする。患部のシャワー可能となる。
刺青除去術後7日目     再診 抜糸。入浴可能となる。肥厚性瘢痕の予防を開始する。
刺青除去術後1ヶ月目 再診 傷のチェック。
刺青除去術後3ヶ月目 再診 最終検診。

刺青(入れ墨) 除去(切除法)の症例写真は、症例写真集をご覧ください。

 

費用

縫合創1cmにつき、約¥21,000が目安。
ただし、大きな刺青ほど、格安になる。