最新ハイテク脂肪吸引

最新ハイテク脂肪吸引

特注極細カニューレ(脂肪吸引管)による、丁寧なハンドメード脂肪吸引

美容整形と美容外科の南クリニックでは、特注極細カニューレ(脂肪吸引管)による、丁寧なハンドメードの脂肪吸引を行います。カニューレの先端形状やホールパターンに特徴を持たせ、効果を最大限に発揮しながらも、術後の痛みや腫れを抑え、早い回復を実現しました。

 

shibo_pct_04.gif

 

shibo_pct_03.gif

 

 

直径0.58mmから2mmの特注極細吸引管(カニューレ)
スムースな操作性と、独特の"しなり"が、より安全で、体にやさしい脂肪吸引を実現します。
組織の間を、スムースにすべるため、脂肪吸引時の摩擦による組織のダメージがありません。万一、皮膚や筋肉に触れても、独特の"しなり"がショックを吸収します。
この脂肪吸引カニューレの長さは10cmから35cmの長尺まで、先端のホールパターン(穴の種類)も、当院オリジナルデザインの他、メルセデス、アクセラレーター、ピラミッド、フルニエ、エッチング、カピストロ、トリポート、コブラ、キャンディーケイン、ヘリックス、ミラードトリポート、フィネッセ、ザイラン、スワロー等と、90種類を、症例や部位によって細かく使い分けます。
また、吸引管を挿入する穴は、メスが不要なほど小さく、ニキビ跡程度です。さらにオリジナルプロテクターで保護するため、大変きれいで小さな仕上がりとなります。脂肪吸引を受ける際には必ず、使用する吸引管を見せてもらいましょう。

 

脂肪吸引の症例写真

上半身は細いのに下半身が大きなことを気にしている、20代前半の女性モニターさんです。 

このような、体型のアンバランスを大きく改善するには脂肪吸引が最も適した方法といえます。
静脈麻酔と硬膜外麻酔の併用で、手術中も快適に過ごせたそうです。術後も、2日後から仕事に復帰できたそうです。

 

LS_leg_thigh_before.jpg LS_leg_thigh_after.jpg

 

 

南クリニックの脂肪吸引の平均的術後経過

 
脂肪吸引手術当日:
痛み止めを点滴から使用して、痛みを取ってから帰宅していただきます。帰宅後は、内服薬の痛み止めが効いてきます。

脂肪吸引手術翌日:
身体を動かせば、筋肉痛程度の痛みはあるが、大きな制限を受けるほどではない。

脂肪吸引術後2日目:
圧迫固定を解除するために再診。脂肪を取ったときの穴を、防水フィルムで保護して、全身のシャワーが許可となる。矯正下着など、圧迫ができる下着を着用する。日常生活上の制限はほぼなくなる。腫れは目立たず、手術前と同じ太さくらいのサイズに収まる。

脂肪吸引術後7日目:
抜糸後、入浴の許可となる。

脂肪吸引術後14日目:
マッサージ指導を受けに再診。この頃には、腫れが全体の70から80%消滅しているので、少し効果を感じ始める。

脂肪吸引術後3ヶ月目:
ほぼ最終的な状態となる。

※経過については個人差がありますので、上記はおおよその目やすと考えてください。


最新ハイテク脂肪吸引関連ページ

「強力」脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射に関する詳しい内容と、症例写真についてのページへの案内。
最新ハイテク脂肪吸引
先端の形状やホールパターンを特注とした、極細カニューレによって、術後経過の楽な脂肪吸引を実現。