バストグロウ12回施行のうち3回目

美容整形

バストグロウ12回施行のうち3回目

幹細胞は、当然のことながら、バストを構成する乳腺や皮下脂肪組織にも存在します。
 
2013_0904_142912AA.JPG 2014_0109_162221AA.JPG
 

そしてこれらの幹細胞に、ホルモンと成長因子によって刺激を与え、その成長を促し、豊胸効果を獲得するのが、バスト・グロウです。さらに、処置の回数を重ねると、効果が倍増してくるのは、この幹細胞の性質によるというのは、前述の通りです。幹細胞の性質と言うのは、どういうことかと言うと、その分裂・分化の形式の特徴です。幹細胞は、分裂して幹細胞になるとともに、各組織を構成する細胞の前駆細胞になります。つまり、自己複製とともに、他の細胞にも変化するのです。したがって、バスト・グロウの処置を受ければ、乳腺や皮下脂肪の細胞とともに、この幹細胞も増加し、次のバスト・グロウの処置に対して、反応が良くなるということなのです。
 
2013_0904_142921AA.JPG 2014_0109_162228AA.JPG
 
2013_0904_142929AA.JPG 2014_0109_162240AA.JPG
 
2013_0904_142937AA.JPG 2014_0109_162249AA.JPG
 
2013_0904_142945AA.JPG 2014_0109_162304AA.JPG
 


バストグロウ12回施行のうち3回目関連ページ

バストグロウ12回施行のうち12回目
既にかなりの大きさになり、巨乳化と言ってもいい状態に。しかも、形のいいバストが創造できた。
バストグロウ12回施行のうち11回目
細胞外マトリックス内における成長因子の動態を十分に知り、投与する成長因子の種類と濃度を検討することが、豊胸効果を獲得するためには大切なこと。
バストグロウ12回施行のうち10回目
細胞外マトリックスは、組織の再生や成長に関して、重要な役割を果たしている。勿論それは、バスト・グロウの豊胸効果についても同じことが言える。
バストグロウ12回施行のうち9回目
毛髪は分泌物という位置づけができ、成長因子の配合を間違うと、逆に脱毛するが、バスト・グロウの場合には、バストは分泌物ではないので、小さくなってしまうことはない。
バストグロウ12回施行のうち8回目
成長因子の組織内濃度を、いかに長期間保つかと言うのが、バスト・グロウの効果に関係してくる。
バストグロウ12回施行のうち7回目
バストの成長を促す豊胸術であるバスト・グロウは、それに適した成長因子の種類と量を供給することが大切。
バストグロウ12回施行のうち6回目
ホルモンの、バストの組織に対する成長を促すシグナルと、それを受け取る側のバストの組織側の要素が、バスト・グロウの豊胸効果の重要な要素。
バストグロウ12回施行のうち5回目
バスト・グロウでは女性ホルモンを使用するが、思春期を過ぎた後のホルモン分泌調節機能の低下により、その人体に対する影響はほとんどない。
バストグロウ12回施行のうち4回目
豊胸術とは、バストの発育不全の治療と観ることもできる。成長因子でバストの組織側、ホルモンでその環境を、それぞれ思春期の状態に戻すことで、発育をもう一度促してやる。
バストグロウ12回施行のうち3回目
バスト・グロウの効果の元とも言える幹細胞の性質として、自己複製能力があり、それがバスト・グロウの効果が、処置回数に応じて加速する要素となる。
バストグロウ12回施行のうち2回目
バスト・グロウで、回数を重ねたほうが効果が加速度的に大きくなる理由は、組織中の幹細胞の性質による。
バストグロウ12回施行のうち1回目
バストグロウは、処置回数を重ねるほどその効果が倍増してくる。それは、ホルモンや成長因子の効果を受け取る側である細胞が、回を重ねるごとに増加するためである。