バストグロウ12回施行のうち10回目

美容整形

バストグロウ12回施行のうち10回目

細胞が分裂して、その数が増えて組織の体積が増加するには、その「足場」とも言うべきものが必要になります。
 
2013_0904_142912AA.JPG 2015_0128_025154AA.JPG
 

細胞が増殖する際に、足場の役割を果たすものを、細胞外マトリックスと言います。この細胞外マトリックスですが、もとはと言えばそれぞれの細胞の分泌物でもあります。細胞の分化・増殖能と言うのは、このマトリックスの影響を大きく受けることが知られています。細胞外マトリックスが十分に存在するところでは、細胞の分化・増殖能は存分に発揮されることになり、それがまたマトリックスの増加に繋がり、組織の増量が存分になされるということです。この事象は、外傷、特に熱傷の治療の際に応用されていて、皮膚の細胞外マトリックスや、もっとマトリックスとしての条件の良い膀胱上皮などが、アメリカなど欧米諸国において、治療用の創面被覆材として市販されています。また、薬局で処方箋なしで購入できる一般用の創面被覆材としても、人工の細胞外マトリックスがあります。この細胞外マトリックスの、組織の再生における重要性については、昔から存在する、あざなどの冷凍療法においては、単純に切除したり、レーザーで蒸散させたりする場合よりも、治癒した後の組織の欠損が少ないということからも、窺い知ることができます。つまり、低温で組織を凍らせると、細胞は死滅してしまうが、細胞外マトリックスは冷凍されるだけでその構造を保ち、周辺の組織内の幹細胞などの細胞の分化と増殖の足場になるということです。さらに、この細胞外マトリックスは、成長因子のプール、または貯蔵庫としても働き、細胞との栄養や酸素のやり取りと老廃物の運搬などを通して、細胞分裂・分化をコントロールする一つの要素であるとも言えます。
 
2013_0904_142921AA.JPG 2015_0128_025202AA.JPG
 
2013_0904_142929AA.JPG 2015_0128_025207AA.JPG
 
2013_0904_142937AA.JPG 2015_0128_025216AA.JPG
 
2013_0904_142945AA.JPG 2015_0128_025224AA.JPG


バストグロウ12回施行のうち10回目関連ページ

バストグロウ12回施行のうち12回目
既にかなりの大きさになり、巨乳化と言ってもいい状態に。しかも、形のいいバストが創造できた。
バストグロウ12回施行のうち11回目
細胞外マトリックス内における成長因子の動態を十分に知り、投与する成長因子の種類と濃度を検討することが、豊胸効果を獲得するためには大切なこと。
バストグロウ12回施行のうち10回目
細胞外マトリックスは、組織の再生や成長に関して、重要な役割を果たしている。勿論それは、バスト・グロウの豊胸効果についても同じことが言える。
バストグロウ12回施行のうち9回目
毛髪は分泌物という位置づけができ、成長因子の配合を間違うと、逆に脱毛するが、バスト・グロウの場合には、バストは分泌物ではないので、小さくなってしまうことはない。
バストグロウ12回施行のうち8回目
成長因子の組織内濃度を、いかに長期間保つかと言うのが、バスト・グロウの効果に関係してくる。
バストグロウ12回施行のうち7回目
バストの成長を促す豊胸術であるバスト・グロウは、それに適した成長因子の種類と量を供給することが大切。
バストグロウ12回施行のうち6回目
ホルモンの、バストの組織に対する成長を促すシグナルと、それを受け取る側のバストの組織側の要素が、バスト・グロウの豊胸効果の重要な要素。
バストグロウ12回施行のうち5回目
バスト・グロウでは女性ホルモンを使用するが、思春期を過ぎた後のホルモン分泌調節機能の低下により、その人体に対する影響はほとんどない。
バストグロウ12回施行のうち4回目
豊胸術とは、バストの発育不全の治療と観ることもできる。成長因子でバストの組織側、ホルモンでその環境を、それぞれ思春期の状態に戻すことで、発育をもう一度促してやる。
バストグロウ12回施行のうち3回目
バスト・グロウの効果の元とも言える幹細胞の性質として、自己複製能力があり、それがバスト・グロウの効果が、処置回数に応じて加速する要素となる。
バストグロウ12回施行のうち2回目
バスト・グロウで、回数を重ねたほうが効果が加速度的に大きくなる理由は、組織中の幹細胞の性質による。
バストグロウ12回施行のうち1回目
バストグロウは、処置回数を重ねるほどその効果が倍増してくる。それは、ホルモンや成長因子の効果を受け取る側である細胞が、回を重ねるごとに増加するためである。