バスト・グロウの手順(初診から処置まで)

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > バスト・グロウとは(処置の概要) > バスト・グロウの手順(初診から処置まで)

バスト・グロウの手順(初診から処置まで)

予約とカウンセリング
まず、お電話にて当院にご予約を頂きます。
来院当日には、特に何も持参する必要はありませんが、当日に処置を希望される場合には、処置費用をご持参ください。
カウンセリングは、処置の内容の説明と、患者さん本人のサイズ的なものを含んだ希望を聞き、処置回数のアドバイスなどを行います。その際、今まで他院で受けたことのある手術・処置の内容や、乳がん検診の受診状況などをお尋ねします。
さらに、必要に応じて、乳房の計測や簡単な触診など、通常の診察を行います。
 
採血
処置の当日は、処置に関する事務手続きを終了したら、採血を行います。
この採血は、血液中から成長因子を取り出し、バスト・グロウの成長因子に加えるためです。成長因子の製剤は、非常に高価で、その高価な成長因子が、バスト・グロウにはたくさんの種類を必要とします。そこで、全ての成長因子を医薬品で賄うと、処置料が非常に高価になってしまいます。そこで、患者さん自身の血液からも、成長因子を補充するのです。これで、処置費用を抑えることができます。
 
麻酔クリーム
次に、麻酔クリームをバストに塗布します。
この麻酔クリームは、注射の痛みをできるだけ軽減するためのもので、3種類の麻酔薬を高濃度に混合した、特注のものを使用しています。麻酔クリームの塗布の後は、それが浸み込むまでの間、約30分、お待ちいただきます。その間、成長因子を血液から取り出し、さらに成長因子を添加して、バストに注射するための注射液を作成します。
 
注射処置
麻酔クリームを拭き取り、注射を開始します。
バスト・グロウの注射液には、成長因子製剤独特の刺激性があるため、まずは細い針の注射で、注射液が入っていくところに局所麻酔をします。その後、成長因子の注射を行います。そして最後に、ホルモン製剤を注射して、処置が終了します。


バスト・グロウの手順(初診から処置まで)関連ページ

バスト・グロウF
再生医療で使用される細胞外マトリックスの成分を加えることで、これまでのバスト・グロウの欠点であった即効性の無さを解決した、バスト・グロウF。
バスト・グロウの術後経過
処置当日から、特別な生活制限は必要ない。入浴をシャワーにする程度。翌日の行動に関しても、制限を受けることはない。使用するホルモン剤の影響で、バストグロウ豊胸術の、術後10日から2週間後に、一度、生理が来る。術後2か月で、豊胸効果が徐々に現れる。バストグロウは、回数を重ねるほど、その豊胸効果が大きくなる傾向がある。
バスト・グロウの手順(初診から処置まで)
まずはカウンセリングから。次に、処置費用を安価にするために、成長因子を薬剤だけでなく、血液中からも供給するので、採血を行う。成長因子の注射液を作成する間、麻酔クリームで痛みを軽減させておく。更に局所麻酔の後、成長因子製剤やホルモン製剤を注射して、処置が終了する。
バスト・グロウとは何か。
バスト・グロウは、何かを入れて不足を補うというものではなく、あくまでも、バストの組織の成長による豊胸効果を獲得するもの。基本的には、ホルモンと、それが作用しやすくなる状態を、バストの組織に造りだす。