バスト・グロウW Ver.2

美容整形

バスト・グロウW Ver.2

概要
バスト・グロウW Ver.2は、従来のバスト・グロウWと同等、あるいはそれ以上の効果を出すことのできる豊胸術です。注入したモノの体積で豊胸効果を獲得するものではなく、自分のバストの組織が大きくなると言う点はや、バストが思春期の時のように育つというコンセプトであること、さらに、豊胸効果を獲得できるにもかかわらず、検査を受けても、豊胸の痕跡さえわからないという、超自然派豊胸術であるという点は、これまでのバスト・グロウWと変わりありません。しかし従来のバスト・グロウWは、注射液の調整のために、採血(自分の血液を採取すること)が必要でした。また、女性ホルモンの影響で、10日から2週間後に生理が来ていました。しかし、バスト・グロウW Ver.2では、採血や女性ホルモンの使用を行わずに、従来のバスト・グロウWと同様の、あるいはそれ以上の効果を出すことができます。そして、従来の方法だと、ホルモンの関係上、処置を受ける間隔が最低4週間必要でしたが、バスト・グロウW Ver2の場合、最短で2週間あれば、次の処置を受けていただくことができます。つまり、Ver.2になったバスト・グロウWは、採血や女性ホルモンを使用せず、もっと女性の体に優しくなったにもかかわらず、完成までにかかる時間も短縮できたということです。

手順
バスト・グロウW Ver2の処置手順は、これまでのバストグロウと違い、採血が不要です。そのため、注射液の調剤時間が速く、処置のための手続きが終了したら、すぐに処置室に入室して、注射を開始できます。注射にかかる時間は、正味2、3分程度で、処置が終了したら、すぐにお帰り頂けます。
 
経過
バスト・グロウW Ver2の術後の経過は、バストに関しては、7日ほどで、麻酔薬や注射による刺激の分の腫れがなくなってくので、一度術前の状態に戻ってしまい、その後、徐々に豊胸効果が獲得できるという、これまでのバスト・グロウと同様の経過を辿ります。しかし、バスト・グロウW Ver2は、女性ホルモンの注射がありませんので、これまでのバスト・グロウで起こっていた、術後10日から2週間後の生理がありません。これは、性周期を乱さずに処置を受けることができるということと、処置と処置との間隔を2週間に短縮できるといったメリットがあります。


バスト・グロウW Ver.2関連ページ

バスト・グロウW Ver.2
バスト・グロウW Ver2は、採血や女性ホルモンの注射が不要で、最短2週間の間隔で処置が行える。
バスト・グロウF
再生医療で使用される細胞外マトリックスの成分を加えることで、これまでのバスト・グロウの欠点であった即効性の無さを解決した、バスト・グロウF。
バスト・グロウの術後経過
処置当日から、特別な生活制限は必要ない。入浴をシャワーにする程度。翌日の行動に関しても、制限を受けることはない。使用するホルモン剤の影響で、バストグロウ豊胸術の、術後10日から2週間後に、一度、生理が来る。術後2か月で、豊胸効果が徐々に現れる。バストグロウは、回数を重ねるほど、その豊胸効果が大きくなる傾向がある。
バスト・グロウの手順(初診から処置まで)
まずはカウンセリングから。次に、処置費用を安価にするために、成長因子を薬剤だけでなく、血液中からも供給するので、採血を行う。成長因子の注射液を作成する間、麻酔クリームで痛みを軽減させておく。更に局所麻酔の後、成長因子製剤やホルモン製剤を注射して、処置が終了する。
バスト・グロウとは何か。
バスト・グロウは、何かを入れて不足を補うというものではなく、あくまでも、バストの組織の成長による豊胸効果を獲得するもの。基本的には、ホルモンと、それが作用しやすくなる状態を、バストの組織に造りだす。