バスト・グロウF 5セット

美容整形

バスト・グロウF 5セット

2015_1007_004928AA.JPG 2016_0106_235304AA.JPG
 
2015_1007_005000AA.JPG 2016_0106_235340AA.JPG
 
2015_1007_005021AA.JPG 2016_0106_235408AA.JPG
 
2015_1007_005114AA.JPG 2016_0106_235424AA.JPG
 
2015_1007_005143AA.JPG 2016_0106_235452AA.JPG

バスト・グロウFを5セット施行したモニターさんです。術後の写真は、約3か月経過した時点のものです。
バスト・グロウは、従来、豊胸効果に即効性がなく、さらに一回の効果も小さいことから、豊胸効果を、ある一定の期間で獲得しようとすることが難しいものでした。そこでバスト・グロウFでは、この、豊胸効果の即効性の無さを改良したものとなっています。つまり、バスト・グロウFの場合には、術後すぐに豊胸効果が獲得でき、これまでのバスト・グロウ同様に、最終的には、豊胸術を受けた痕跡さえ残らないということです。
元々、バスト・グロウは、何かを入れてその体積で豊胸効果を獲得するものではありません。しかしながら、即効性のある豊胸術ということになると、どうしても、注入するモノの体積を利用せざるを得ません。そこで、バスト・グロウFでは、注入液にねんちょう性を持たせ、それが、乳房の組織の成長とともに、ゆっくりとなくなっていくように調整しました。それによって、注射液中の成長因子が乳房に長くとどまり、一回の処置で使用できる成長因子の量も多くなりました。
バスト・グロウFで、注入液にねんちょう性を持たせたのは、豊胸効果の即効性獲得が第一の目的ですが、成長因子の作用増強についても、目的としています。それは、前述の通り、成長因子が長く乳房に留まり、その効果を、乳房で長く発揮できるようになっているということです。人体に注射された薬剤は、注射された部分に留まる分だけでなく、血液中にも一部が入っていきます。留まる分と血液中に入っていく分の比率については、その薬剤の分子の大きさやイオン化の極性などによって様々ですが、基本的には、大きな分子のもののほうが留まりやすい傾向にあります。また、注射液は、組織の中の、細胞と細胞の間の物質の部分に留まって蓄えられます。そこで、バスト・グロウFでは、注射液にねんちょう性を持たせる方法として、この、細胞間マトリックスの成分を使用しました。この、バスト・グロウFで使用する、細胞間マトリックスの成分ですが、注射液にねんちょう性を持たせるという作用以外に、徐放化という作用があります。薬剤が一定の効果を発揮するためには、病巣や障害部位において、その薬剤の濃度が一定以上存在することが必要であるとされています。例えば、抗生物質などは、化膿した箇所に一定以上の濃度で存在することによって、殺菌したり、細菌の増加を抑制したりすることができます。しかし、抗生物質の飲み方や吸収速度などによって、その濃度が保たれない時間が生じることがあります。そうすると、その時間の間は、殺菌・静菌作用が失われているということになります。そこで、徐放化という技術によって、抗生物質のカプセルや錠剤が、胃腸の中でゆっくりと溶けるようにして、血液中の抗生物質の濃度を、長時間にわたって保つということが行われます。このように、薬剤を徐放化することで、その作用を無駄なく最大限に生かすことができるのです。バスト・グロウFでは、この徐放化をバスト・グロウに取り入れたものでもあるということができます。バスト・グロウで使用する、成長因子の場合、それがバストの皮下脂肪や乳腺の細胞に、一定の濃度を持って作用することで、ホルモンの刺激が有効に作用して、豊胸効果を獲得するものです。したがって、その成長因子を徐放化させることで、バストにおける成長因子の濃度が高い状態を保つことになり、豊胸効果をより効率よく出すことができるということなのです。


バスト・グロウF 5セット関連ページ

バスト・グロウF 5セット その2
バスト・グロウFは、乳房に注射する注射液の吸収性を調整することによって、最初は注射液による豊胸効果、そしてその注射液の吸収と共に成長因子が放出されるため、乳房の組織が増量してきて、最終的な豊胸効果は、乳腺と皮下脂肪の増量によるものとなる。
バスト・グロウF 5セット
薬剤の徐放化と豊胸効果の即効性を追求したバスト・グロウの新しい形が、バスト・グロウFということになる。
バスト・グロウWを2回施行
一回の処置ではどうしても、大きな効果が望めないバスト・グロウを、一回の処置ごとの効果を増強させるため、添加する成長因子の量を2倍に増量したのが、バストグロウW。
バストグロウW 1回のみ
通常のバスト・グロウに対して、2倍量の成長因子を使用したバスト・グロウWを、1回のみ施行したモニターさんの症例写真。
ダイエットで張りを失ったバスト
無理なダイエットは、バストが小さくなるばかりか、その形や「張り」にも影響が出る。生活習慣の改善とともに、バスト・グロウによる豊胸術は有効。無理なダイエットは、体脂肪の減少だけでなく、蛋白質不足からコラーゲンの減少にもつながってしまい、乳腺を支えるクーパー靭帯が傷め、下垂が目立つようになる。放置すれば、症状は進行する。
バストグロウ7回で、AAカップからCカップへ
バスト・グロウ豊胸術は、他の豊胸術とは違って、どんな検査を受けても、豊胸術の痕跡さえ発見できない。バスト・グロウによる豊胸術の効果は、回数を重ねれば重ねるほど、1回ごとの効果が大きくなる。バスト・グロウ豊胸術の最終結果が出るのは、術後約2か月必要だが、術後1か月で次の処置を受けることができる。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術にバスト・グロウを併用
バスト・グロウは、他の豊胸術を受けた後の豊胸効果を補完できる。特に、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術とバスト・グロウは相性がいい。痩せ型の患者さんでも、バストグロウを併用すれば、ほぼ満足できる豊胸効果を獲得できる。
他の方法で豊胸術を受けた後、さらにバストグロウ
豊胸手術後に、さらにバストアップを希望する場合には、原則的にはもう一度手術を行う必要がある。しかし、バスト・グロウ豊胸は、手術とは違って、日常生活の制限がなく、あと少しという望みを、手軽にかなえることができる。
バスト・グロウ13回で巨乳化
ダウンタイムがほとんどない、画期的な豊胸術~バスト・グロウで巨乳化成功。バスト・グロウ豊胸術は、バスト自身に張りを持たせる効果もあり、どんな検査を受けても、豊胸処置の痕跡さえ発見できない
授乳後のバストにバストグロウを2回施行
バストグロウは、何かを入れて膨らますというコンセプトではなく、正常組織で、自然にバストを成長させる豊胸術。バスト・グロウは、基本的には、麻酔、採血、注射の、3つのプロセス。施術後、約2か月かけて、徐々にバストが成長して豊胸効果を発揮する。
バストグロウを1回だけ行ったモニターさん 2
バストグロウの長所は、自分の組織の成長で豊胸効果を出すため、治療の痕跡すら残らない。バストグロウ豊胸の欠点は、1回の処置では大きな豊胸効果が望めないこと。一部、血液内の成長因子を使用することで、治療費用を抑えることができた。成長因子は、その種類と量によって、豊胸以外にもさまざまな作用を発現させることができる可能性がある。
バッグを除去して、バストグロウで再建
乳がん検診で異物の発見がないようにしたいことと、リップリングが主訴。リップリングは、術後すぐには発生せず、年月が経ってから発生してくることが多い。治療法もいろいろあるが、どの方法が一番適しているかと言うことは、個人差が大きいのが現実。脂肪吸引が困難な場合には、脂肪注入での再建が不可能なので、バストグロウを使用すると、いい結果が得られる。
バストに張りを持たせるために、バスト・グロウを1回だけ
バストグロウ豊胸術で、バストに張りを出す交とができ、しかも豊胸の痕跡すら残らない。バストグロウ豊胸術では、2回目の処置を希望する場合には、1回目から1カ月の間隔が必要で、バストグロウ豊胸術は、豊胸効果に個人差が生じる
バスト・グロウ豊胸注射 1回のみ
バスト・グロウの途中経過症例写真。バストグロウ豊胸術の完成形は、平均的に術後2か月。即効性のなさが、逆に大きなメリットともなる。バスト・グロウは、どんな検査をしても、豊胸の痕跡すら残らない豊胸術で、術後についての注意事項は、普通の注射処置と同じで、特別なものはない。