バッグを除去して、バストグロウで再建

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > バストグロウの症例写真 > バッグを除去して、バストグロウで再建

バッグを除去して、バストグロウで再建

約20年前に、他院にて、バッグによる豊胸術を受けたモニターさんです。若い時には目立たなかった、リップリングを主訴として、非常に遠方から来院されました。
 
術前の状態と、術中のバッグを除去した状態
 
2011_0219_221828AA.JPG 2011_0220_000438AA.JPG
 

バストグロウを注射した直後の状態と、術後の状態
 
2011_0220_005217AA.JPG 2011_0325_220521AA.JPG
 
新幹線で片道約3時間+在来線1時間近くかけて、当院のことを探して来られたということです。リップリングとは、簡単に言うとしわができてしまった状態です。その本体はバッグの表面のしわです。豊胸用のバッグは、中身がシリコンでも生理食塩水でも外側を覆っているのは、シリコン製の膜です。ちょうど袋の中に、シリコンなり生理食塩水なりが入っている状態です。そのシリコン製の膜は、中身や周囲の組織よりも硬い物質なので、しわが出てくるということです。
さらに、本人さんの希望としては、乳がん検診で異物が入っていることが分からないようにとの希望で、エンドプラストやバッグの入れ替えなどではなく、バストグロウによる再建を計画しました。
 
バッグによる豊胸術の、もっとも頻度の高い合併症と言われているのが、カプセル拘縮です。
 
2011_0219_221853AA.JPG 2011_0325_220546AA.JPG
 
摘出したバッグ。内容はシリコンですが、バッグ自体には全く異常を認めません。
 
2011_0220_003258AA.JPG
 
カプセル拘縮が発生すると、バストが非常に硬くなり、場合によっては変形や痛みが発生します。このことは皆さんは十分にご存知かと思います。しかし、リップリングについてはあまり知られていません。それは、カプセル拘縮が術後比較的早期(術後5年以内)に発生し始めることが多いのに対して、リップリングは術後早期の段階では発生率が少なく、術後、もっと時間が経ってから発生する場合が多いからです。
リップリングについては、皮下脂肪層や真皮に厚みがある若い年代のときには、発生しません。なぜなら、皮下脂肪層や真皮がクッションの代わりになり、シワを覆い隠してしまうためです。こちらのモニターさんも、手術した当初は、カプセル拘縮のない柔らかいバストで、本人的には大満足の状態だったそうです。
 
リップリングの症状ですが、簡単に言うと、バストにしわが発生するということですが、手術の方法によって、発生する症状や位置的なものに違いがみられます。
 
術前の様子と、バッグを抜去した直後の写真
 
2011_0219_221921AA.JPG 2011_0220_000512AA.JPG
 
バストグロウの注射をした直後の写真と、術後完成型の写真
 
2011_0220_005229AA.JPG 2011_0325_220604AA.JPG
 
バッグによる豊胸術の手術法は、大きく分けて2つに分けられます。一つは大胸筋の上にバッグを挿入する方法です。これは筋膜下だとか、乳腺下などという名前で呼ばれていますが、筋膜は厚さ1mmにも満たないため、バッグ上の組織の厚さから考えると、乳腺下法と同じとみていいでしょう。そしてもう一つの方法は、大胸筋の下にバッグを挿入する方法です。この方法を大胸筋下法と言います。乳腺下法の場合には、バストの上のほうにシワが発見されやすく、大胸筋下の場合にはバストの下から外側にかけてシワが出やすいという傾向にあります。また全般的には、大胸筋下法よりも乳腺下法のほうが発生頻度は高い傾向にあります。
リップリングは、やせ型に人に多く、カプセル拘縮は伴わずに柔らかいバストを維持できている方が大半です。また、年代的には20代よりも30代以降に多い症状です。これは、20代のときにはバストの皮下組織に弾力性と厚みがあり、しかも皮膚にも厚みがあるからです。出産後、バストが元の大きさに戻ったことが契機で発生することも多くあります。この場合には、妊娠中に乳腺のサイズアップによって引き伸ばされた皮下脂肪と皮膚が、弾力性と厚みを失った結果、リップリングが発生するのです。
 
リップリングの治療は、これまでも、たくさんの方法が試みられてきました。例を挙げると、
バッグの周囲に脂肪注入をする方法
バッグを除去して脂肪注入する方法
バッグが入っているカプセル内に同種真皮移植を行う方法
バッグの入れ替え
生理食塩水バッグが挿入されている場合には、生理食塩水の増量
などです。
 
2011_0219_221930AA.JPG 2011_0325_220640AA.JPG
 
バッグの周囲に脂肪注入する方法ですが、非常に薄くなっている脂肪層に対して脂肪を注入するため、その効果は限られています。つまり、生着率が低いのです。また、脂肪を注入する際に、注入用の針の先でバッグの破損が発生することもありますので、慎重に手技を行う必要があります。
バッグを除去して脂肪注入をする方法は、バストに対する脂肪注入の、最近の進歩によって、非常に良い結果を出すことができるようになりました。特に幹細胞とWPRPFを併用することで、しこりを作ったりせず、生着率は80%以上を記録でき、近年、過去にバッグで豊胸手術を受けた方が、バッグを取り出してこちらを受けるケースが後を絶ちません。ただしこの方法は、幹細胞採取用の脂肪と注入用の脂肪と言う風に、比較的多くの量の脂肪吸引が必要になります。したがって、脂肪吸引の箇所については比較的広い箇所が必要で、術後のダウンタイムについてもそれなりの準備が必要です。
バッグが入っているカプセル内に同種真皮移植を行う方法は、大胸筋下に大きなバッグを挿入しているケースが多い、アメリカでよく行われている方法です。大胸筋下での手術の場合、前述のようにバストの下外側にリップリングの発生が多く、この部分に同種真皮移植を行って、皮膚を厚くして、リップリングを隠すというものです。同種真皮移植とは、他人の真皮を移植することです。この移植する真皮は、当然ですが、生きている人から採ってくることはできないので、死体から採ってくることになります。アメリカや韓国ではすでに、このような真皮が凍結乾燥されて製品になっており、医療器具として流通しています。アメリカではAlloderm(アロダーム)、韓国ではSurederm(シュアダーム)という製品です。どちらも日本では承認されておらず、また、個人輸入しようにも、人体を原材料とした製品なので、事実上通関ができない状態です。さらに、この手術は、アンダーバストの下に長い切開創が必要ですから、日本人を含む有色人種向けとは言えない手術でもあります。
昔の生理食塩水バッグで行った手術では、中身の生理食塩水が少しづつ減少することで、リップロングが発生してくることがあります。その場合、シリコンバッグに入れ替えてやることや、中身の生理食塩水の増量によって、症状の改善をみる場合があります。しかし、リップリングの本体が、バッグの外膜のしわであることから、バッグを入れたままにしておくこれらの手術法では、根本的な解決にはなりません。加齢に応じて皮下組織や皮膚が薄くなってくると、再びリップリングが発生してくることが多いと思われます。もしバッグを入れ替えるなら、外膜構造のないものであるエンドプラストに入れ替えると安心です。
 
こちらのモニターさんについては、痩せているので、バッグを除去して脂肪注入を行うためには、脂肪注入と幹細胞採取用の脂肪を採ってくるために、かなり広い範囲の脂肪吸引が必要である状態です。
 
向かって左は術前。右はバッグを取り出したところ
 
2011_0219_221946AA.JPG 2011_0220_000455AA.JPG
 
左はバストグロウを注射したところ(直後)。右は完成型
 
2011_0220_005209AA.JPG 2011_0325_220615AA.JPG
 
したがって、術後の状態も厳しいことになり、ダウンタイムも必要になります。そうなると遠方から来院されている関係上、当院近辺への滞在期間も長くなります。そこで、バストのサイズについては完全な再建を目指さないことを条件に、バストグロウによる豊胸術を行うことにしました。バストグロウの場合には、注入用の脂肪を採取するための脂肪吸引の必要がありません。したがって、バストグロウ自体の術後のダウンタイムは皆無に等しいと言えます。しかし、バストのサイズについては、バッグを除去する前のサイズを再現することは困難です。


バッグを除去して、バストグロウで再建関連ページ

バスト・グロウWを2回施行
一回の処置ではどうしても、大きな効果が望めないバスト・グロウを、一回の処置ごとの効果を増強させるため、添加する成長因子の量を2倍に増量したのが、バストグロウW。
バストグロウW 1回のみ
通常のバスト・グロウに対して、2倍量の成長因子を使用したバスト・グロウWを、1回のみ施行したモニターさんの症例写真。
ダイエットで張りを失ったバスト
無理なダイエットは、バストが小さくなるばかりか、その形や「張り」にも影響が出る。生活習慣の改善とともに、バスト・グロウによる豊胸術は有効。無理なダイエットは、体脂肪の減少だけでなく、蛋白質不足からコラーゲンの減少にもつながってしまい、乳腺を支えるクーパー靭帯が傷め、下垂が目立つようになる。放置すれば、症状は進行する。
バストグロウ7回で、AAカップからCカップへ
バスト・グロウ豊胸術は、他の豊胸術とは違って、どんな検査を受けても、豊胸術の痕跡さえ発見できない。バスト・グロウによる豊胸術の効果は、回数を重ねれば重ねるほど、1回ごとの効果が大きくなる。バスト・グロウ豊胸術の最終結果が出るのは、術後約2か月必要だが、術後1か月で次の処置を受けることができる。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術にバスト・グロウを併用
バスト・グロウは、他の豊胸術を受けた後の豊胸効果を補完できる。特に、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術とバスト・グロウは相性がいい。痩せ型の患者さんでも、バストグロウを併用すれば、ほぼ満足できる豊胸効果を獲得できる。
他の方法で豊胸術を受けた後、さらにバストグロウ
豊胸手術後に、さらにバストアップを希望する場合には、原則的にはもう一度手術を行う必要がある。しかし、バスト・グロウ豊胸は、手術とは違って、日常生活の制限がなく、あと少しという望みを、手軽にかなえることができる。
バスト・グロウ13回で巨乳化
ダウンタイムがほとんどない、画期的な豊胸術~バスト・グロウで巨乳化成功。バスト・グロウ豊胸術は、バスト自身に張りを持たせる効果もあり、どんな検査を受けても、豊胸処置の痕跡さえ発見できない
授乳後のバストにバストグロウを2回施行
バストグロウは、何かを入れて膨らますというコンセプトではなく、正常組織で、自然にバストを成長させる豊胸術。バスト・グロウは、基本的には、麻酔、採血、注射の、3つのプロセス。施術後、約2か月かけて、徐々にバストが成長して豊胸効果を発揮する。
バストグロウを1回だけ行ったモニターさん 2
バストグロウの長所は、自分の組織の成長で豊胸効果を出すため、治療の痕跡すら残らない。バストグロウ豊胸の欠点は、1回の処置では大きな豊胸効果が望めないこと。一部、血液内の成長因子を使用することで、治療費用を抑えることができた。成長因子は、その種類と量によって、豊胸以外にもさまざまな作用を発現させることができる可能性がある。
バッグを除去して、バストグロウで再建
乳がん検診で異物の発見がないようにしたいことと、リップリングが主訴。リップリングは、術後すぐには発生せず、年月が経ってから発生してくることが多い。治療法もいろいろあるが、どの方法が一番適しているかと言うことは、個人差が大きいのが現実。脂肪吸引が困難な場合には、脂肪注入での再建が不可能なので、バストグロウを使用すると、いい結果が得られる。
バストに張りを持たせるために、バスト・グロウを1回だけ
バストグロウ豊胸術で、バストに張りを出す交とができ、しかも豊胸の痕跡すら残らない。バストグロウ豊胸術では、2回目の処置を希望する場合には、1回目から1カ月の間隔が必要で、バストグロウ豊胸術は、豊胸効果に個人差が生じる
バスト・グロウ豊胸注射 1回のみ
バスト・グロウの途中経過症例写真。バストグロウ豊胸術の完成形は、平均的に術後2か月。即効性のなさが、逆に大きなメリットともなる。バスト・グロウは、どんな検査をしても、豊胸の痕跡すら残らない豊胸術で、術後についての注意事項は、普通の注射処置と同じで、特別なものはない。