他の方法で豊胸術を受けた後、さらにバストグロウ

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > バストグロウの症例写真 > 他の方法で豊胸術を受けた後、さらにバストグロウ

他の方法で豊胸術を受けた後、さらにバストグロウ

他の豊胸術を行った後、約3年を経過したモニターさんですが、もう少しサイズが欲しいということで、バスト・グロウを受けました。

2011_0201_035248AA.JPG 2011_0308_060615AA.JPG

豊胸術後のサイズアップについては、元々受けた手術の方法によって、その適応が違ってきます。シリコンのバッグを挿入している場合は、大きなサイズのバッグへの入れ替えが第一選択となります。また、脂肪注入の場合には、大胸筋の下にバッグを挿入したり、さらに脂肪を注入したりすることになります。バッグが挿入されている場合でも、その上に脂肪を注入することは可能なのですが、皮膚の伸びが不足している場合が多く、適応は慎重に選択する必要があります。しかし、以上のどの場合でも、豊胸術後のサイズアップには、必ずもう一度手術を行う必要があり、場合によっては、手術の規模は、初回の手術以上のものになります。

しかし、豊胸術後のサイズアップを希望される患者さんは、そのほとんどが、「あと少しでいいのだけど。」と言う場合がほとんどです。

2011_0201_035310AA.JPG 2011_0308_060703AA.JPG

その、「あと少しだけ」という希望において、豊胸の再手術を決心するのは、なかなか勇気のいることだと思います。こちらのモニターさんも、事情は同じでした。そこで、当院のバスト・グロウが目に留まり、施術を受けることになりました。こちらのモニターさんは、バスト・グロウを3回行っています。結果としては、ブラジャーのサイズが1カップ上がったということでした。ブラジャーのサイズと言うのは、ブラジャーの形やメーカーによって、1カップから2カップの誤差があり、本当はあまり当てにならないものなのですが、患者さんが、サイズのアップに対して感じている本音の部分なのでしょう。
 
このように、豊胸手術の術後の方の、「あと少し」という希望も、手軽にかなえることができるのが、バスト・グロウです。

2011_0201_035331AA.JPG 2011_0308_060729AA.JPG

バスト・グロウ豊胸術は、切開や脂肪吸引などは必要なく、従来の「手術」と言う範疇の豊胸処置ではありません。また、バッグや脂肪など、何かをバストに挿入したり、ヒアルロン酸のように、注射そのものの体積でバストを大きくしたりする豊胸法ではありません。成長因子とホルモンの注射を使用するだけの、本当に注射だけの処置で、自分のバストの組織である乳腺と皮下脂肪そのものが大きくなる処置です。手術ではない為、処置にかかる時間も短く、処置のその日から、全身のシャワーが可能です。しかも、翌日には入浴も可能になります。当日はシャワーのみなのは、本当に念のためと言うに過ぎません。したがって、日常生活においても特別な制限はないと考えていいものです。
 
これまでの豊胸術は、シリコンバッグの挿入を始め、脂肪注入やヒアルロン酸の注射にしても、それらのすべてが、バストに挿入・注射したモノの体積を以て、バストを大きくするというものでした。

2011_0201_035346AA.JPG 2011_0308_060759AA.JPG

それらの方法では、特にシリコンバッグの挿入手術やヒアルロン酸の注入の場合、マンモグラフィーやCTスキャン・MRIなどの検査を行えば、シリコンバッグやヒアルロン酸がバストに入っていることが、検出されるものです。逆に、これらが検出できないということは、その検査は有効なものではなく、癌などの病変の検出率も低く、検査としては無駄なものであると言いうこともできます。また、脂肪注入に関しては、正しい注入法を守り、適正な量の注入を行えば、術後半年後には、これらの検査を受けても、全く異常が検出されることはなく、注入した脂肪も検出されることはありません。しかし、これらの注意事項を忠実に守っていても、注入のスキルが稚拙な場合には、中心が壊死に陥った脂肪で満たされた、いわゆる「しこり」が形成され、それが前述の各種画像検査によって検出されてしまいます。
 
バスト・グロウのコンセプトである、「自分のバストの組織である乳腺と皮下脂肪そのものが大きくなる」ということは、まさに、バストが成長(グロウ)するということです。

2011_0201_035403AA.JPG 2011_0308_060811AA.JPG

したがって、バスト・グロウ豊胸術の治療後には、どんな検査を行っても、豊胸術を受けた痕跡さえ発見できません。女性のバストは、主として卵巣から分泌される女性ホルモンによって、思春期に乳腺の発育を見るとともに、その皮下脂肪も増量し、成長します。また、妊娠後の授乳期には、胎盤から分泌される女性ホルモンによって、乳腺が大きくなります。このような、女性のバストの発育や授乳期のバストの拡大の原因を、しっかりと調べ、その過程を模して豊胸効果を獲得できるようにしたのが、バスト・グロウです。特に、思春期におけるバストの発育については、これを理論的に考察して、バストの発育環境をもう一度整え、バストを成長させます。まさしく、バストが成長(グロウ)するわけですから、豊胸術の痕跡を探そうと思っても、全く無理であることが、分かると思います。


他の方法で豊胸術を受けた後、さらにバストグロウ関連ページ

バスト・グロウWを2回施行
一回の処置ではどうしても、大きな効果が望めないバスト・グロウを、一回の処置ごとの効果を増強させるため、添加する成長因子の量を2倍に増量したのが、バストグロウW。
バストグロウW 1回のみ
通常のバスト・グロウに対して、2倍量の成長因子を使用したバスト・グロウWを、1回のみ施行したモニターさんの症例写真。
ダイエットで張りを失ったバスト
無理なダイエットは、バストが小さくなるばかりか、その形や「張り」にも影響が出る。生活習慣の改善とともに、バスト・グロウによる豊胸術は有効。無理なダイエットは、体脂肪の減少だけでなく、蛋白質不足からコラーゲンの減少にもつながってしまい、乳腺を支えるクーパー靭帯が傷め、下垂が目立つようになる。放置すれば、症状は進行する。
バストグロウ7回で、AAカップからCカップへ
バスト・グロウ豊胸術は、他の豊胸術とは違って、どんな検査を受けても、豊胸術の痕跡さえ発見できない。バスト・グロウによる豊胸術の効果は、回数を重ねれば重ねるほど、1回ごとの効果が大きくなる。バスト・グロウ豊胸術の最終結果が出るのは、術後約2か月必要だが、術後1か月で次の処置を受けることができる。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術にバスト・グロウを併用
バスト・グロウは、他の豊胸術を受けた後の豊胸効果を補完できる。特に、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術とバスト・グロウは相性がいい。痩せ型の患者さんでも、バストグロウを併用すれば、ほぼ満足できる豊胸効果を獲得できる。
他の方法で豊胸術を受けた後、さらにバストグロウ
豊胸手術後に、さらにバストアップを希望する場合には、原則的にはもう一度手術を行う必要がある。しかし、バスト・グロウ豊胸は、手術とは違って、日常生活の制限がなく、あと少しという望みを、手軽にかなえることができる。
バスト・グロウ13回で巨乳化
ダウンタイムがほとんどない、画期的な豊胸術~バスト・グロウで巨乳化成功。バスト・グロウ豊胸術は、バスト自身に張りを持たせる効果もあり、どんな検査を受けても、豊胸処置の痕跡さえ発見できない
授乳後のバストにバストグロウを2回施行
バストグロウは、何かを入れて膨らますというコンセプトではなく、正常組織で、自然にバストを成長させる豊胸術。バスト・グロウは、基本的には、麻酔、採血、注射の、3つのプロセス。施術後、約2か月かけて、徐々にバストが成長して豊胸効果を発揮する。
バストグロウを1回だけ行ったモニターさん 2
バストグロウの長所は、自分の組織の成長で豊胸効果を出すため、治療の痕跡すら残らない。バストグロウ豊胸の欠点は、1回の処置では大きな豊胸効果が望めないこと。一部、血液内の成長因子を使用することで、治療費用を抑えることができた。成長因子は、その種類と量によって、豊胸以外にもさまざまな作用を発現させることができる可能性がある。
バッグを除去して、バストグロウで再建
乳がん検診で異物の発見がないようにしたいことと、リップリングが主訴。リップリングは、術後すぐには発生せず、年月が経ってから発生してくることが多い。治療法もいろいろあるが、どの方法が一番適しているかと言うことは、個人差が大きいのが現実。脂肪吸引が困難な場合には、脂肪注入での再建が不可能なので、バストグロウを使用すると、いい結果が得られる。
バストに張りを持たせるために、バスト・グロウを1回だけ
バストグロウ豊胸術で、バストに張りを出す交とができ、しかも豊胸の痕跡すら残らない。バストグロウ豊胸術では、2回目の処置を希望する場合には、1回目から1カ月の間隔が必要で、バストグロウ豊胸術は、豊胸効果に個人差が生じる
バスト・グロウ豊胸注射 1回のみ
バスト・グロウの途中経過症例写真。バストグロウ豊胸術の完成形は、平均的に術後2か月。即効性のなさが、逆に大きなメリットともなる。バスト・グロウは、どんな検査をしても、豊胸の痕跡すら残らない豊胸術で、術後についての注意事項は、普通の注射処置と同じで、特別なものはない。