バストグロウW 1回のみ

美容整形

バストグロウW 1回のみ

通常の豊胸術を行う代わりに、バストグロウWを1回だけ施行したモニターさんの症例写真です。
 
2014_0627_031806AA.JPG 2014_0904_071136AA.JPG
 
バストグロウWは、通常のバストグロウの成長因子を2倍に増強した処方で、バストグロウの効果をより強く発揮できるようにした豊胸術です。その方法や経過は、これまでのバストグロウと同じですが、効果についてはそれ以上のものがあります。これまでのバストグロウが、およそワンカッブの豊胸効果を獲得するのに、最低一か月の間隔をおきつつ、3から4回の処置を必要としていましたが、バストグロウWの場合には、それが2から3回で実現可能となりました。そのため、効果の強さの割に処置回数が少なくて済み、その分、目的を達成することができる時期も早いということができます。ホルモンと成長因子のバランスや、その量を工夫することで、これまで1回ごとの豊胸効果の弱かったバストグロウが、バストグロウWとすることで、強い効果を発揮できるようになったということです。
 

これまでのバストグロウは、モニターさんの写真を撮影しても、1回の処置の後の効果は限定的で、注意深くみないとその効果が分かりにくいものでした。
 
2014_0627_031832AA.JPG 2014_0904_071215AA.JPG
 
しかし、バストグロウWの場合には、1回目から、写真に写った時のバストの変化を観察できることが多いということになります。これはやはり、成長因子の量を2倍にしたため、その分、効果がよく出現したということになります。つまり、成長因子の働きを受け取るだけのポテンシャルが、まだ十分にバストには存在し、女性ホルモンに関しても、成長因子によってバストを成長させる力には、まだまだ余力があるということです。
 
バストグロウによる豊胸術の、豊胸効果に関する作用原理と言うのは、やや複雑なものとなっています。
 
2014_0627_031838AA.JPG 2014_0904_071247AA.JPG
 
それは、何かを注射したり手術で何かを挿入したりすることでバストの体積を増加させて豊胸効果を獲得するというものではないからです。バストグロウは、あくまでも、自分のバストをもう一度成長させることによって、豊胸効果を獲得する豊胸術だからです。したがって、何かものを入れたから、その分だけ体積が増加して豊胸効果が出ているというものではなく、バストが思春期のように成長して、その結果、豊胸効果が獲得できるということです。つまり、きっちりと何㏄の豊胸を希望するという場合には、不向きなのですが、あくまでも自分の組織である乳腺と皮下脂肪による豊胸術ですので、自然さと言うことでは、他のどの豊胸術でも敵わないものがあります。
 
バストグロウの豊胸作用原理については、このように、その自然さとは引き換えに、原理そのものは複雑になっています。
 
2014_0627_031847AA.JPG 2014_0904_071336AA.JPG
 
バストグロウで豊胸効果を獲得できるのは、女性の思春期における身体的変化を、豊胸と言う目的で、バストにもう一度発生させることによります。その際、思春期と同様の、女性ホルモンの急激な血液中の濃度上昇が必要になります。しかし、それだけでは十分な豊胸効果が獲得できません。ホルモンと言うのは、それが働く目的の箇所で、サイトカインと呼ばれる物質の橋渡しによって、細胞にその信号を伝えなければいけないからです。このサイトカインのうち、ホルモンから細胞の数を増やす、つまり細胞の分裂を促進する信号を受け取り、それを細胞に伝える役割を担っているのが、成長因子と呼ばれるものです。そしてホルモンの信号を成長因子によって受け取った細胞は、分裂が促進されてその数を増やし、さらに未熟な細胞が成熟した細胞へと分化を開始します。つまりバストの中に存在する幹細胞が、分裂してその数を増加させると同時に、前脂肪細胞や前乳腺細胞になり、それらがまた分裂して数を増加させ、最終的に脂肪細胞や乳腺細胞へと変化するのです。そしてまた、これらの細胞を集めてバストの形を保っている、いわば乳腺や皮下脂肪組織を支えている組織や細胞外マトリックスに対しても、同じように分裂と分化を促進することになり、細胞外マトリックスの量を増やし、相乗的に皮下脂肪や乳腺細胞の分裂と分化に対して、最適な周辺環境を提供することになります。このように、女性ホルモンの働きがバストに対して豊胸と言う目的で働くためには、そこに成長因子の存在が必要であり、それをバストに供給してやることが、バストグロウの豊胸効果獲得のためのキーポイントでもあるのです。
 
このようなバストグロウの利点は、さらに、どんな検査を受けても豊胸術を受けたことが解らないという点が挙げられます。

2014_0627_031854AA.JPG 2014_0904_071355AA.JPG

これは当然と言えば当然のことで、「何かを入れて、その体積を以て、豊胸効果を獲得する」という、従来の豊胸術ではなく、「自分のバストの組織を成長させる」という、全く新しいコンセプトの豊胸術だからです。つまり、他のものは何も入れず、あくまでも自分のバストというものにこだわるということです。このバストグロウの前段階としての方法に、脂肪注入による豊胸術があります。この方法では、脂肪吸引にて体の他の部分から脂肪を採取し、それをバストに注入するというものです。このカテゴリーに属する方法として、幹細胞を使用したものや、コンデンスリッチと言って、採取した細胞を濃縮加工する方法などがあります。しかし、この脂肪注入による豊胸術でも、注入するモノは自家組織であっても、あくまでもバストではなく、体の他の部分の皮下脂肪です。したがって、注入手技によっては、バストの皮下脂肪組織と同化が起こらず、いわゆるシコリやかたまりとして認識されることがあります。特にMRIなどの精度の高い画像検査では、その違いが描出されることがあり、豊胸手術の痕跡として認識されることがあります。このような脂肪注入による豊胸術と比較しても、バストグロウの場合には、あくまでも自分のバストが成長すると言うことで、どのような検査をしても、自分の正常なバストの中身が描出されるにすぎません。


バストグロウW 1回のみ関連ページ

バスト・グロウWを2回施行
一回の処置ではどうしても、大きな効果が望めないバスト・グロウを、一回の処置ごとの効果を増強させるため、添加する成長因子の量を2倍に増量したのが、バストグロウW。
バストグロウW 1回のみ
通常のバスト・グロウに対して、2倍量の成長因子を使用したバスト・グロウWを、1回のみ施行したモニターさんの症例写真。
ダイエットで張りを失ったバスト
無理なダイエットは、バストが小さくなるばかりか、その形や「張り」にも影響が出る。生活習慣の改善とともに、バスト・グロウによる豊胸術は有効。無理なダイエットは、体脂肪の減少だけでなく、蛋白質不足からコラーゲンの減少にもつながってしまい、乳腺を支えるクーパー靭帯が傷め、下垂が目立つようになる。放置すれば、症状は進行する。
バストグロウ7回で、AAカップからCカップへ
バスト・グロウ豊胸術は、他の豊胸術とは違って、どんな検査を受けても、豊胸術の痕跡さえ発見できない。バスト・グロウによる豊胸術の効果は、回数を重ねれば重ねるほど、1回ごとの効果が大きくなる。バスト・グロウ豊胸術の最終結果が出るのは、術後約2か月必要だが、術後1か月で次の処置を受けることができる。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術にバスト・グロウを併用
バスト・グロウは、他の豊胸術を受けた後の豊胸効果を補完できる。特に、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術とバスト・グロウは相性がいい。痩せ型の患者さんでも、バストグロウを併用すれば、ほぼ満足できる豊胸効果を獲得できる。
他の方法で豊胸術を受けた後、さらにバストグロウ
豊胸手術後に、さらにバストアップを希望する場合には、原則的にはもう一度手術を行う必要がある。しかし、バスト・グロウ豊胸は、手術とは違って、日常生活の制限がなく、あと少しという望みを、手軽にかなえることができる。
バスト・グロウ13回で巨乳化
ダウンタイムがほとんどない、画期的な豊胸術~バスト・グロウで巨乳化成功。バスト・グロウ豊胸術は、バスト自身に張りを持たせる効果もあり、どんな検査を受けても、豊胸処置の痕跡さえ発見できない
授乳後のバストにバストグロウを2回施行
バストグロウは、何かを入れて膨らますというコンセプトではなく、正常組織で、自然にバストを成長させる豊胸術。バスト・グロウは、基本的には、麻酔、採血、注射の、3つのプロセス。施術後、約2か月かけて、徐々にバストが成長して豊胸効果を発揮する。
バストグロウを1回だけ行ったモニターさん 2
バストグロウの長所は、自分の組織の成長で豊胸効果を出すため、治療の痕跡すら残らない。バストグロウ豊胸の欠点は、1回の処置では大きな豊胸効果が望めないこと。一部、血液内の成長因子を使用することで、治療費用を抑えることができた。成長因子は、その種類と量によって、豊胸以外にもさまざまな作用を発現させることができる可能性がある。
バッグを除去して、バストグロウで再建
乳がん検診で異物の発見がないようにしたいことと、リップリングが主訴。リップリングは、術後すぐには発生せず、年月が経ってから発生してくることが多い。治療法もいろいろあるが、どの方法が一番適しているかと言うことは、個人差が大きいのが現実。脂肪吸引が困難な場合には、脂肪注入での再建が不可能なので、バストグロウを使用すると、いい結果が得られる。
バストに張りを持たせるために、バスト・グロウを1回だけ
バストグロウ豊胸術で、バストに張りを出す交とができ、しかも豊胸の痕跡すら残らない。バストグロウ豊胸術では、2回目の処置を希望する場合には、1回目から1カ月の間隔が必要で、バストグロウ豊胸術は、豊胸効果に個人差が生じる
バスト・グロウ豊胸注射 1回のみ
バスト・グロウの途中経過症例写真。バストグロウ豊胸術の完成形は、平均的に術後2か月。即効性のなさが、逆に大きなメリットともなる。バスト・グロウは、どんな検査をしても、豊胸の痕跡すら残らない豊胸術で、術後についての注意事項は、普通の注射処置と同じで、特別なものはない。