バスト・グロウによる豊胸術の手技と手順

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > バストグロウ豊胸術に関するQ&A > バスト・グロウによる豊胸術の手技と手順

バスト・グロウによる豊胸術の手技と手順

どこに注射するんですか?

Q:バストグロウの注射は、乳腺に針を刺して注射するのですか?

A:バストグロウの注射は、乳腺には行いません。バストの皮下組織である、皮下脂肪の層に注射します。皮下脂肪層に注射した注射液は、しだいに皮下脂肪層を拡がっていき、乳腺に接触し、そこから乳腺に到達します。このようにして、皮下脂肪と同時に、乳腺にも成長因子が作用して、豊胸効果が得られます。したがって、注射の際には、乳腺には一切何も注射しません。将来の授乳などで、乳腺が大きくなっても、心配はありません。

 

バストグロウの注射の中身

Q:バスト・グロウは、ヒアルロン酸や脂肪を注射するのではないようですが、何を注射するのですか?

A:乳腺を増殖させる成長因子(細胞増殖因子)や、皮下脂肪を増殖させる成長因子(細胞増殖因子)を、それぞれにより有効な形として配合し、注射液を作成して、バストに注射します。バストを大きくし、豊胸効果を得るために、乳腺と皮下脂肪を成長させることがキーポイントです。そこで、豊胸効果を獲得するために、たくさんの種類がある成長因子(細胞増殖因子)の中から、乳腺及び皮下脂肪を成長させるのに必要な成長因子(細胞増殖因子)を選んで、濃度をお互いに調整しなければなりません。そしてさらに、それらの成長因子(細胞増殖因子)が有効に、効率よく豊胸効果として働かせるためには、成長因子(細胞増殖因子)の濃度を、血液中の濃度を上げずに、より高濃度でバストの組織の中で存在させなければなりません。バスト・グロウはこのように、多くの種類の成長因子(細胞増殖因子)を、バストの成長に適した形で調整して注射液を作成し、バストの皮下に注射して豊胸効果を獲得します。さらに、それらの成長因子(細胞増殖因子)が働くきっかけを作るために、乳腺に働くホルモンの注射を行います。

 

採血はどのくらい?

Q:採血して、自分の血液からも成長因子を集めるということですが、どのくらいの量の血液を採るのですか?

A:採血量は200㏄から300㏄です。採血に際しては、腕にある比較的太い血管から、細い針を使用して行います。針が細い分、採血には通常よりも時間がかかりますが、その分、針を刺す時の痛みが少ないというメリットがあります。また、このくらいの採血量であれば、人体に対して大きな影響はなく、しかも十分な量の成長因子(細胞増殖因子)を、そこから取り出すことができます。身近な例としては、献血の量とほぼ一緒か、それよりも少ないくらいです。

 

安全な方法なのですか?

Q:成長因子(細胞増殖因子)を使うそうですが、安全なのですか?

A:成長因子(細胞増殖因子)は、体の各部分の成長になくてはならないもので、成長期には体の多くの組織で、成人よりも高い濃度で含まれています。また、成人になっても、皮膚や皮下組織に、この成長因子が含まれているからこそ、傷が治ったり、老化を防ぐこともできるのです。作用機序としては、ホルモンが細胞に作用する際には、この成長因子(細胞増殖因子)を介して作用します。逆に言うと、成長因子(細胞増殖因子)がないと、ホルモンも作用できません。このように、成長因子(細胞増殖因子)は体内物質で、人体にとって必要なものでもありますので、安全だと考えられます。
また、これまでの、バッグを使用する豊胸術や、脂肪吸引を伴う脂肪注入と比較すれば、バストグロウは注射のみのため、切開を伴う手術であるこれらの方法とは、処置自体のリスクがまるっきり違い、安全性が高いと言えます。

 

豊胸すると乳がんになるのですか?

Q:豊胸術で乳がんになるというのは、ほんとうですか?

A:豊胸術による発がんが疑われたのは、シリコンオイルの直接注入が行われた時代の患者さんが主体で、シリコンバッグに関しては、2000年代になって、その発がん性は否定されました。また、シリコンオイルの直接注射に関しても、それによって作られたシコリ状の肉芽腫の影像が、乳がんの早期発見の邪魔になったということで、発がん性はありませんでした。また、脂肪注入に関しても、初期の頃の手術法や、稚拙な注入テクニックによって作られた肉芽腫が、乳がん診断の妨げになったに過ぎず、やはり発がん性はありません。バストグロウについては、そもそもしこりを作ることがないため、このようなことは、発生しようがありません。

 

脂肪注入やコンデンスリッチとの違い

Q.自分の脂肪を注射したり、脂肪を加工してコンデンスリッチとかいう注射をする方法とは、何が違うのですか?

A.まず、脂肪注入の場合には、注入する脂肪を取ってくる作業、つまり、脂肪吸引の手術が必要になります。コンデンスリッチと言う方法は、やはり脂肪吸引で加工を施すための脂肪を取ってくるための、脂肪吸引が必要です。脂肪吸引は手術ですので、麻酔が必要なのと、術後の回復過程があります。当院での脂肪吸引の場合、術後24時間は、スポンジを使用したヘビーな圧迫固定を行います。その間、シャワーや入浴はできません。また、術後も、多少なりとも痛みを伴います。しかし、バスト・グロウは、この脂肪を取ってくるという、脂肪吸引が不要ですので、処置当日から入浴も可能で、術後の痛みもありません。

 

次のバスト・グロウが可能な時期

Q: 約1か月前にバストグロウを受けたのですが、もっと大きくしたいと思います。2回目のバストグロウを受けるのは、1回目からどれくらいの間隔が必要ですか?

A:約1カ月の間隔を推奨しています。医学的には、採血を行った時の、血液の減少量が回復するには、約1カ月以上を要します。そこで、バストグロウの間隔は、約1か月と言うところを適切と考え、そのプロトコールに従って行っていきます。

 

類似の豊胸術(献血豊胸)との違い

Q:バスト・グロウとPPP豊胸・献血豊胸は、どう違うのですか?

A:PPP豊胸(プラズマジェル豊胸)は、血液の中の、赤血球を取り除いた血漿を、熱を加えてジェル状にして、バストに注射する方法です。この方法は、ヒアルロン酸の代りに、このプラズマジェル(PPP)を使用するものです。したがって、決して、「何かを入れて膨らませる」という、従来の豊胸術の範疇を超えるものではありません。即効性はありますが、その効果は約3カ月ないしは半年で、完全に元の状態に戻ってしまいます。元に戻る前にMRIやCT、またはマンモグラフィーの撮影によって、何かを注射したことは分かってしまいます。
バストグロウは、脂肪組織と乳腺に働く成長因子を注射します。この成長因子が働くことにより、乳腺と皮下脂肪が次第に成長し、バストが大きくなってきます。つまり、「何かを入れて膨らませる」というものではなく、あくまでも自分のバストが自然に大きくなってきたというものです。即効性はありませんが、術後2~3週間ほどで、効果を感じる方が多い傾向にあります。自分のバストが自然に大きくなるわけですから、その効果は永久で、年齢によっても自然な変化が生じます。注射は完全な液体ですので、直後から、MRIを撮影しても、豊胸の痕跡すら残りません。

 

バスト・グロウで豊胸する場合の、実際の手順

Q:実際に、どんな手順での処置なのですか?

A:バストへの処置は、皮下注射をするだけです。その他としては、成長因子(細胞増殖因子)を得るために、採血をします。
経時的に説明すると、まず、採血をし、バストにクリーム麻酔を塗って、約30分待合室でお待ちいただきます。その間、血液から成長因子(細胞増殖因子)を抽出し、それにさらに乳腺増殖用のバイオ製剤である、成長因子(細胞増殖因子)を添加して、注射液を調剤します。
調剤が終了したら、バストの皮下に、注射液を注射して、終了となります。

 

バスト・グロウと脂肪増殖注射の違い

Q:バストグロウは、脂肪だけが増えるのですか?脂肪増殖注射と同じなんですか?

A:バストグロウと脂肪増殖注射は、どちらも成長因子(細胞増殖因子)を使用するという点では、変わりありません。しかし、バストグロウは、バストに特化した形で成長因子(細胞増殖因子)の量や種類を調整しています。逆に、脂肪増殖注射は、主に顔面の皮下脂肪に特化した形の配合になっています。したがって、脂肪増殖注射をバストに注射しても、ほとんど効果はなく、逆に、バストグロウを顔面に注射しても、よい結果は得られません。バストグロウは、バストの皮下脂肪と乳腺の体積を増加させる注射ですので、脂肪だけが増加するものではありません。


バスト・グロウによる豊胸術の手技と手順関連ページ

バスト・グロウ豊胸術の効果
1カップの豊胸効果が、およそアンダーバストサイズの数値X1mlの増量で可能。したがって、1カップの豊胸効果を希望する場合には、3回のバストグロウで賄えるでしょう。
バスト・グロウ豊胸術の術後経過
スポーツは、バストグロウの後はすぐにでも可能。ダウンタイムはないと言ってもいい。そして、ゆっくりと豊胸効果が出現する。
バスト・グロウによる豊胸術の手技と手順
バストグロウは、乳腺に直接注射するものではないため、乳腺を機械的に破壊することはない。