E-リフトについてのQ&A

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > E-リフト > E-リフトについてのQ&A

E-リフトについてのQ&A

Q1)E-リフトで頬のたるみをとりたい場合、どんな状態だと、切らずにできますか?
 
A1)切らずに可能な場合は、皮膚の余りが少ない場合で、比較的高齢でない場合と言えます。そういった場合には、主に若々しい輪郭(正面・側面を含む)の創出で、たるみがとれるということでもあります。つまり、皮下脂肪層の垂れ下がりが改善されることで、たるみがとれるということができます。しかし、切開を加えて皮膚を切除する場合でも、剥離して靭帯(リガメント)や筋膜(SMAS)に到達する必要が無いため、術後の腫れが少なく、血腫などの合併症もほとんどないのが、E-リフトの特徴です。
 
 
Q2)E-リフトで、顔面の左右差を修正できますか?
 
A2)実際には、顔面の左右差は、骨格・皮下脂肪の量・皮下脂肪の下がり方・皮膚の余り方、といった要素が混然一体となっているのが実情です。それらのどの要素が、顔面の左右差に対して一番大きな要素を占めているかを把握する必要があります。顔面の左右差の原因が、たるみの左右差であれば、改善可能です。必要に応じて、エラスティカム(Elasticum®)を挿入する本数を増やす必要はあります。ただし、皮下脂肪量の左右差も左右差の原因である場合には、脂肪注入を行う必要があるでしょう。
 
 
Q3)E-リフトでは、頬のたるみとりの際に、コメカミにエラスティカム(Elasticum®)を固定するようですが、結び目が飛び出してくるようなことはありませんか?
 
A3)エラスティカム(Elasticum®)は弾力性のある糸です。したがって、その結び目は、通常の縫合糸の結び目とは違って、小さなものです。同じ太さの糸で比較すると、結び目の大きさは約3分の一です。結び目が飛び出したり、表面から触れるようなことは、非常に稀なことであると言えます。


E-リフトについてのQ&A関連ページ

E-リフトについてのQ&A
E-リフトに関する質問とその答え。エラスティカム(Elasticum®)の性質と、その適応が主体。
E-リフトの症例写真
E-リフトの代表的なデザインと症例写真。論文より抜粋。
エラスティカム(Elasticum®)の性状
  エラスティカム(Elasticum®)は、これまでの縫合糸とは違って、伸び...
エラスティカム(Elasticum®)とJanoニードル
E-リフトで、皮下組織を引き上げるのに使用する、Janoニードルとエラスティカム(Elasticum®)という特殊な糸と針の解説。
E-リフトの概要
自然の靭帯として作用するエラスティカム(Elasticum®)は、最小の切開線で、これまでの本格的なフェイスリフトの効果を発揮できます。