E-リフトの概要

美容整形

E-リフトの概要

E-リフトは、美容外科の革命とも言われる、全く新しい形のスレッドリフトです。
E-リフトで使用する、エラスティカム(Elasticum®)と言う糸を使えば、皮下組織を引き上げるのに、広い範囲で剥離を行う必要がありません。このエラスティカム(Elasticum®)と言う糸は、皮下組織を切ってその中に入っていくことがなく、自然な靭帯(リガメント)として作用するようになっていきます。

3d.gif

エラスティカム(Elasticum®)に付いている、両端針のJanoニードルは、無切開または皮膚最小切開で、皮下組織を引っ張ったり支えたりすることができます。顎の下のたるみなどは、耳朶の後ろに1㎝以内切の切開を置くのみで改善できます。首のリフト(ネック・リフト)も、5㎜程度の切開(穴)で可能です。
従来のフェイスリフトへの応用としては、切開と剥離が少なく、もみあげ周辺から耳朶の前の切開で、十分な効果が得られます。剥離範囲は、頬骨弓の範囲をほんの少し超える範囲です。
エラスティカム(Elasticum®)とそれに付属しているJanoニードルは、これらの他にも、バストやヒップなどにも応用できます。

BA1.jpg


E-リフトの概要関連ページ

E-リフトについてのQ&A
E-リフトに関する質問とその答え。エラスティカム(Elasticum®)の性質と、その適応が主体。
E-リフトの症例写真
E-リフトの代表的なデザインと症例写真。論文より抜粋。
エラスティカム(Elasticum®)の性状
  エラスティカム(Elasticum®)は、これまでの縫合糸とは違って、伸び...
エラスティカム(Elasticum®)とJanoニードル
E-リフトで、皮下組織を引き上げるのに使用する、Janoニードルとエラスティカム(Elasticum®)という特殊な糸と針の解説。
E-リフトの概要
自然の靭帯として作用するエラスティカム(Elasticum®)は、最小の切開線で、これまでの本格的なフェイスリフトの効果を発揮できます。