目の下のシワとクマへのファンデーションの溜まり

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > WPRPF > 目の下のシワとクマへのファンデーションの溜まり

目の下のシワとクマへのファンデーションの溜まり

Q:目の下のクマとシワで悩んでいます。化粧をしても数時間後にはファンデーションがシワに入りこんでひび割れてしまいます。PRP治療は目の下に注入する事は可能なんでしょうか?

A:目の下への注入も可能です。
W-PRP-Fは、ご自身の血液を利用した最先端の若返り治療法となります。

こちらは、施術部位に注入することで、皮膚が若返り、しわ、たるみ、ニキビ跡の凸凹などが改善します。これまでの治療では難しかった目の下のちりめんじわにも効果があります。

WPRPFは、もともと自然治癒力と組織再構築力を増強する働きを持つ血小板に、体内にある組織とまったく同じコラーゲンやコラーゲンを作る細胞を増やす成長因子を加えることで、効果を飛躍的に高め、効き始めも、これまで約2ヶ月かかっていたのを10日程度に短縮することが可能になりました。個人差はございますが、効果の持続はおよそ1年半~3年になります。

治療は、まず、採血をし、2回遠心分離器にかけます。これにより、血小板の濃縮率を従来の約5倍(元の血小板濃度の10倍)に高め、術後早期から効果を実感いただけます。採血から注入まで、所要時間は40~50分程度になります。


目の下のシワとクマへのファンデーションの溜まり関連ページ

目の下のシワとクマへのファンデーションの溜まり
目の下のクマや小じわには、WPRPFは有効な治療法で、術後の比較的早期から効果がある。
脂肪除去後の目の下のたるみ
目の下のたるみに対しても、WPRPFは有効な作用がある。
PRPの治療に必要な回数
通常のPRP治療とは違い、WPRPFは1回の治療で大きな効果が期待できる。
目の下の脂肪を取られすぎて、たるんだ場合
下瞼(目の下)のしわに関してはWPRPF、取られすぎた脂肪に関しては脂肪増殖注射で、それぞれ治療が可能。
ホウレイ線に対するWPRPF
ホウレイ線のWPRPFの場合、一か所として処置が可能。
目のクマに対するWPRPFの効果
WPRPFは注射のみの簡単な方法。目の下のクマに対して良い効果を発揮するが、状態に応じて方法を選択する必要がある。
WPRPFの効果持続期間
WPRPFの効果そのものは5年間。しかし自然の老化による、しわの発生があるため、1年半から3年くらいで再処置を受ける方が多い。
WPRPFの非適応
抗凝固薬の服用や、悪性腫瘍、妊娠中には、WPRPFは受けないほうがいい。
PRPの麻酔
静脈麻酔は可能だが、別途費用が必要。完全な全身麻酔はお勧めしない。
PRPによるトラブル
PRPによるトラブルは、注入手技上のモノが大半である。
首の横シワに対してWPRPFで治療できるか
WPRPFは、首の横じわにも高い有効性を示す。
こけた頬と凹んだ上瞼
WPRPFは、上瞼の凹みや頬のコケにも有効。