左右のウエスト・上腹部・下腹部

美容整形・美容外科 南クリニック > お腹の症例写真 > 左右のウエスト・上腹部・下腹部

左右のウエスト・上腹部・下腹部

腹部(左右のウエスト・上腹部・下腹部)の4か所にプラズマリポを施行して、1ヶ月目のモニターさんです。
 
plasma_abdomen_before.jpg plasma_abdomen_after.jpg
 
この場合のように非常に広い範囲の処置では、局所麻酔のみではなく、静脈麻酔下で硬膜外麻酔を使用します。
まだ1ヶ月目ですが、お腹が一回り小さくなっています。お腹のたるみについても、改善がみられます。
さらに3か月目が非常に楽しみなモニターさんです。
 
上腹部・下腹部・左右のウエストの、4か所にプラズマリポを照射したモニターさんです。
 
plasma_abdomen_right_before.jpg plasma_abdomen_right_after.jpg
 

術後約1か月ですが、コンパクトになったお腹に満足しています。

ただし、このあと2か月から半年にわたって、まだまだ効果が出てきます。

プラズマリポを照射するときの傷痕は、ほとんどわかりません。
基本的には、プラズマリポは非常に小さな穴からの手術が可能ですので、傷痕を気にする方はほとんどいないのが現状です。


 
再び、左右のウエストと上・下腹部の4か所にプラズマリポを照射したモニターさんです。
 
plasma_abdomen_left_before.jpg plasma_abdomen_left_after.jpg
 

垂れ下った下腹部も、たるみが改善しつつ、サイズダウンに成功しています。プラズマリポは、皮下脂肪組織を溶解するとともに、皮膚を縮める作用もあるため、脂肪が取れた後がたるまないかという心配も、解決できています。これが通常の脂肪吸引の場合だと、表層脂肪吸引と言う特殊な技術を要し、結果についても安定的なタルミの予防とはなり得ないことがあります。


左右のウエスト・上腹部・下腹部関連ページ

お腹全体をくるりと背中・腰まで
術後経過の参考写真。ただし、処理する脂肪組織の量や術後のケア、さらに手術の箇所による差が存在する。術後経過については、処理される脂肪組織の量に依存する。プラズマリポの術後圧迫は、脂肪吸引よりも軽度のもので可能なのだが、腫れや内出血のことを考えれば、不要というわけではない。適切な術後の圧迫はメリットが多く、積極的に推進するべきものと思われる。
下腹部からその真横と腰
拡散光であるプラズマリポは、色々な波長の光を連続的に含んでいて、これまでのレーザーとは違った種類の光であり、レーザーよりも脂肪組織を溶解するのが早く、それが効果の高さを、理論的にも証明している。プラズマリポがレーザーよりも強力な理由としては、脂肪組織内の脂肪細胞のみをターゲットにしていないことが挙げられる。「脂肪細胞をターゲットにすればいい」という理論の、重大な落とし穴は、脂肪細胞だけを破壊しても、その他の脂肪組織内の構造が残っている限り、脂肪組織は、ほぼ元通りに再生することである。プラズマリポ・ドレナージは、溶けた脂肪組織の残骸を処理することで、再発を極限まで防止できる。
下腹部をぐるりと
普段よく使用する筋肉の上には、皮下脂肪がつきにくい傾向がある。そして、年齢とともに脂肪がつきやすくなってくる個所というものがあり、そこが皮膚のタルミとともに垂れ下がり、体験の老化と言われる状態になる。プラズマリポは、脂肪がつきやすいところから皮下脂肪を取り去り、同時に皮膚のタルミも改善するため、体型のアンチエイジングと言うこともできる。
男性の腹部
腹部の皮下脂肪除去は、男性の間でも人気がある。プラズマリポはダウンタイムの短さから、仕事への影響も少ない。
左右のウエスト・上腹部・下腹部
お腹の皮下脂肪を除去してダウンサイズを図るとともに、タルミを予防する。