ヒップと太もも

ヒップと太もも

脂肪吸引よりも、回復期間が短く、手軽に部分痩せが可能な、プラズマリポの経過写真です。術前・術後1ヶ月半・術後3カ月の順になっています。
脂肪吸引と違って、術後1週間の時点で、内出血がほとんどありません。このような経過でも、術後の圧迫固定は一晩だけといった短期間です。短期間の圧迫固定で、しかも内出血が少ない(ほとんどないと言ってもよいくらい)の結果が必要な場合、プラズマリポは非常に心強い味方と言うことができます。
また、当院で開発したプラズマリポ・ドレナージ(ドレナージュ)は、プラズマで溶解した脂肪を体外に排出していくため、従来のプラズマリポとは違って、その効果の出現が早いという特徴があります。

2010_0603_120128AA.JPG 2010_0714_172557AA.JPG

2010_0831_155011AA.JPG

プラズマリポに、ドレナージ(ドレナージュ)機能を追加することによって、プラズマによって溶けた脂肪が排出され、吸収を待たなくてもいいため、効果の出現が早いことは、先回の記事の通りです。さらに、このドレナージ(ドレナージュ)機能は、既に溶けた脂肪が、ファイバーの先端からすぐに取り去られるため、次の脂肪を溶かすのを妨害しないという特徴があります。このことは、プラズマのエネルギーを無駄にせず、高い効率で次々と脂肪を溶かすことになり、同じトータルエネルギー量で、より多くの脂肪を溶かすことができるということです。
また、プラズマリポには、皮膚のタイトニング効果(タルミ防止効果)もあります。脂肪を溶かすプラズマが、皮膚の裏側から皮膚に照射されることによって、真皮のコラーゲンが再配列されます。さらに「リモデリング」という、古くなって緩んでしまい、タルミの原因になっていたコラーゲン分子を、新しい新鮮なコラーゲンに入れ替える作用も同時に発揮されます。これは、イントラセルやサーマクール、ウルトラアクセント、ポラリスなどの、高周波(RF)機器や、ウルセラなどの超音波機器と同じ原理の、皮膚の引き締め効果です。そして、この効果については、イントラセルを除く他の機器が、皮膚の上からRF(高周波)を照射するのに対して、プラズマリポの場合には、皮膚の裏側からエネルギーが照射されるため、皮膚を火傷させずに、高いエネルギーを真皮に照射できます。このことで、顔面にプラズマリポを使用すると、まるでフェイスリフトのような効果を得ることも可能です。

2010_0603_120157AA.JPG 2010_0714_172711AA.JPG

2010_0831_155036AA.JPG

プラズマリポは、脂肪の溶解力もさることながら、皮膚の引き締め効果も、レーザー光線を使用したどの機器よりも強力です。それは、プラズマ光とレーザーの性質の違いにあります。
プラズマ光は、ファイバーの先端から、周囲360度にわたって一様に拡散します。つまり、側面にも光が拡散するわけです。すると、皮膚と平行にファイバーを挿入した場合でも、皮膚の下面からプラズマ光が照射されることになります。これは、皮膚にプラズマ光を照射するときに、ファイバーの先端を皮膚の方向に向ける必要がないということです。
それに対して、レーザーの場合は、ファイバーの先端から、前方だけに直線的に発振されます。レーザー光線は、このように、拡散しない光線です。すると、皮膚の表面に対して平行にファイバーを挿入した場合、皮膚には一切、レーザーが照射されません。また、不用意にファイバーを皮膚に向けると、レーザーのエネルギーで皮膚を穿孔してしまいます。皮膚を突きぬけてしまうのです。そうすると、そこは傷になり、その傷はレーザーの熱作用によって火傷の状態ですので、非常に治りが悪く、非常に醜い跡を残すことになるのです。
もし、プラスマリポのファイバーの先端を、皮膚の方向に向けてしまった場合には、レーザーと同じように火傷をするのかと言うと、それはあり得ないことです。プラズマ光は、前述のように、360度の方向に拡散する光です。すると、プラズマ光のエネルギーは、ファイバーの先端からの距離の2乗に反比例して、自然に減衰します。したがって、ファイバーの先端を押し付けない限り、皮膚の火傷は発生しようがありません。

2010_0603_120801AA.JPG 2010_0714_172639AA.JPG

2010_0831_155054AA.JPG

このような、360度の方向にわたって拡散するというプラズマ光の特性は、プラスマリポの強力な脂肪溶解力の秘密の一つでもあります。レーザーのように、前方だけに照射される光線の場合、ファイバーの前方の脂肪のみしか溶けません。しかし、プラズマ光の場合には、ファイバーの先端から360度の方向にわたって光が拡散するため、ファイバーの前方は勿論、側面の脂肪も溶かすことができます。したがって、同じ出力で手術を行っても、脂肪が溶ける範囲はプラズマのほうがレーザーよりも、計算上は16倍の範囲に及ぶと言うことができます。
しかも、ドレナージ(ドレナージュ)を使用すれば、ファイバーの先端からは、溶かされた脂肪が次々と取り去られるため、常に溶けていない脂肪組織が接触し、その脂肪がさらに溶かされて行きます。そうすることで、短時間に多くの脂肪が溶解でき、しかも、溶かされた脂肪が排出されることで、その吸収を待つことがなく、効果を早期に実感しやすいことになります。

2010_0603_120829AA.JPG 2010_0714_172702AA.JPG

2010_0831_155123AA.JPG

脂肪を取ると、たるむのではないか?という心配があると思います。たしかに、40歳以降には、タルミが出ます。それは、若い頃には皮膚がゴムのような状態なのですが、年齢とともに弾力性を失い、しかも薄くなってくるため、酷い言い方をすると、新聞紙のようになっていくためです。弾力性のある皮膚の場合、皮下から少々たくさんの脂肪を取っても、弾力性のために、タルミは出ません。しかし、弾力性を失った皮膚の下から、多くの脂肪をなくすと、皮膚が余り、タルミが出ます。ぶあついゴム風船の中から、多少の空気を抜いても、表面はシワになりませんが、紙風船の中から空気を抜くと、皺くちゃになるのと同じことです。
しかし、プラズマリポには、前回までの説明の通り、強力に皮膚を引き締める作用があります。したがって、通常の脂肪吸引などと違い、かなり高齢の方でも、たるみを出すことがありません。また、むしろ、ヒップの垂れ下がりや膝上のカブリなど、タルミが原因の、年齢によるボディーの変形を修正することも可能です。

2010_0603_120841AA.JPG 2010_0714_172649AA.JPG

2010_0831_155104AA.JPG

脂肪を除去した後のたるみについてですが、ヒップや膝上などの場合には、非常に目立ってしまうことが多く、他院での術後に、それを気にして、当院を受診される方が後を絶ちません。しかし、もうひとつ、術後のたるみが、結果に大きく影響するところがあります。
それは、二の腕(上腕)です。二の腕の場合、年齢とともに太くなる傾向があります。一般的に、加齢とともに、上半身は痩せやすく、下半身は太りやすい傾向にあるのですが、二の腕に関しては、上半身にあるにもかかわらず、太くなる傾向にあります。それは決して、脂肪がたくさん付きやすくなるためではありません。皮膚と皮下組織が弾力性を失ってきて、元々存在した脂肪が、はみ出して垂れ下がるためです。そうなると、気をつけをした姿勢では、二の腕の脂肪は背中の方向に押し出され、腕を太く見せてしまいます。また、腕を横に伸ばした時には、下の方向に脂肪が垂れ下がり、やはり腕を太く見せてしまうわけです。
したがって、二の腕に関しては、太くなるのは決して脂肪が増えるからだけではなく、皮膚のタルミが大きく影響しているということができます。二の腕は、脂肪を取るだけではなく、皮膚の引き締めを同時に行わないと、よい結果が得られないということです。

2010_0603_120849AA.JPG 2010_0714_172629AA.JPG

2010_0831_155047AA.JPG

プラズマリポで溶けた脂肪は、どこに行くのでしょう?溶かされた脂肪は、ドレナージの場合には大部分が、溶かされると同時に吸い出されてしまいます。残った脂肪は、しばらくはその場所に留まります。
溶かされた脂肪が血管の中に入って行って、高脂血症になることはありません。それは、血管の中のほうが、圧力が高いからです。動脈は血圧が反映され、内圧が高いことは容易に想像できると思います。静脈は、一般的に圧力が低く、末梢組織から心臓に向かって血液が流れているため、脂肪が中に入り込んで、血液内の脂肪分の値が上昇すると思われがちです。しかし、静脈にも、静脈圧という圧力がかかっていて、空中よりも圧力が高い状態になっています。けがをしても、そこから空気が入っていかないのは、そのためです。したがって、溶かされた脂肪がそのまま血液中を流れて行くことはなく、高脂血症にはなりません。もちろん、脂肪塞栓などと言うことも、発生しません。

2010_0603_121633AA.JPG 2010_0714_173018AA.JPG

2010_0831_154927AA.JPG

では、溶かされた脂肪は、どのようにして吸収されて行くのでしょうか?それには、二つの経路があります。
一つは、リンパ系という経路です。人体には、リンパ管と言う管が、血管と同様、縦横無尽に張り巡らされています。その主な働きは、人体の組織の中で、細胞と細胞の間にある水分の調節を毛細血管とともにおこなうことと、脂肪分の輸送です。溶かされて細胞と細胞の間に溜まった脂肪は、このリンパ管に入って行って、乳化された状態(油が水に溶けるようになった状態)で、静脈内に運ばれます。乳化された状態ですから、血管に詰まることもありません。また、これが徐々に進行しますので、急激に高脂血症となることもないのです。そして、その乳化された脂肪は、肝臓で代謝され、エネルギーとなって消費されます。
二つ目の経路は、白血球による、貪食と言う過程です。貪食とは、白血球が、体に入ってきた異物を体内に取り込むことで、局所から取り去って、無毒化する過程のうち、一番最初の過程です。溶かされて細胞外に出た脂肪は、本来あるべきところから逸脱しているため、白血球からは異物と認識されます。すると、白血球は、脂肪を貪食し、リンパ節(リンパ管の交差点・インターチェンジのようなもの)や脾臓・肝臓へと運び、そこで無毒化し、代謝してエネルギーとしてしまいます。
このように、溶けた脂肪は、直接血管内に入ることなく、乳化や無毒化の過程を経て、最終的にはエネルギーとして代謝・消費される運命を辿ります。

2010_0603_121711AA.JPG 2010_0714_173001AA.JPG

2010_0831_154918AA.JPG


ヒップと太もも関連ページ

太もも上部
太ももでパンツ類を合わせると、ウエストが大きく余ってしまうというのが、太もものプラズマリポを受ける患者さんの大多数を占める。限られた予算の中で、形を重視して、太ももが細く見えるようにする場合には、太ももの中でも脂肪をとる優先順位というものがある。
膝周辺
人間は心理的に、見えるところから、そこから続く見えないところを予想する傾向がある。このような人間の視覚的効果の上で、膝上は意外と見逃されている、太ももの太さを決める重要ポイント。年齢とともに膝の上が太くなるのは、太ももの前面のたるみとともに、それに膝関節の構造上の特徴が加わって、加齢・老化現象として出現するものである。
ひざの内側・ふくらはぎ・足首
年齢とともに、ふくらはぎや足首が太くなってくるのは、「むくみ」によるもの。そして、「むくみ」は、脂肪組織の血行不良を発生させ、脂肪組織内の低酸素状態を起こし、幹細胞の増殖スイッチがONになるため、脂肪組織の増殖が発生し、それがまた、「むくみ」を促進するという、悪循環が発生する。
太もも その3
プラズマリポは、皮膚の引き締め効果で、ドレナージでとれた脂肪の量以上の効果が獲得できる。
太もも その2
プラズマリポはドレナージのほうが効果が大きい。そしてプラズマリポの利点は、何と言っても、従来の脂肪吸引、ベーザーやボディージェットなどよりも、術後の痛みが軽度であるということ。
太もも内側・外側・前面
形の良い太ももを作るには、太ももの中のどの部分の脂肪をとる手術すればよいのかということが、大切なことになる。
太もも 内側・外側・前面・膝周辺
脂肪組織は脂肪細胞だけでできている物ではなく、脂肪細胞を支える構造や、脂肪細胞を再生させる細胞などが存在する。レーザーで破壊できるのは脂肪細胞だけだが、プラズマリポで、これらも同時に破壊することが、元に戻らない脂肪組織の減量につながる。
ヒップと太もも
プラズマリポの広範囲脂肪溶解力と、皮膚を縮める作用は、ヒップや膝の上のタルミの予防になる。溶けた脂肪は、局所から取り去られ、最終的には代謝されてしまう。
太もも
太ももにプラズマリポを行い、皮下脂肪を溶かして約一か月経過したモニターさん。