太もも その3

太もも その3

太ももにプラズマリポを行ったモニターさんです。術前の皮下脂肪層があまり厚くないにもかかわらず、効果としてはそれなりのものを獲得できています。

 

2012_0422_010947AA.JPG 2012_0727_042642AA.JPG


その理由は、プラズマリポの皮膚に対する引き締め効果にあります。
プラズマリポは、そのファイバーの先端から、周囲360度方向に拡散するプラズマ光によって、皮下脂肪組織を溶解し、破壊してしまうことで、皮下脂肪層の厚みを減少させます。しかし、この周囲360度の拡散という、プラズマ光の性質が、もう一つの効果として、皮膚の引き締め効果(スキン・タイトニング効果)を出し、皮下脂肪の減少だけでなく、総合的な美容効果を創出することができます。

 

周囲360度に拡散するということは、プラズマ光は上の方向にも照射されるということです。これは、プラズマ光が皮膚にも照射されるということでもあります。

 

2012_0422_011019AA.JPG 2012_0727_042657AA.JPG


従来のレーザー機器の場合には、レーザー光の性質上、どんなにハイパワーのレーザーであっても、ファイバーの先端から前方にしか光が飛びません。これは、どんな波長であっても同じことです。そのため、皮膚にレーザーを照射しようとすると、ファイバーの先端を上に(皮膚の方向)向ける必要があります。しかし、プラズマリポの場合には、ファイバーの先端から360度の方向に向かって拡散するため、皮膚の方向にファイバーの先端を向ける必要がなく、皮膚に対して平行に脂肪層内を移動させて脂肪を融解するのと同時に、皮膚にもプラズマ光を照射することができます。

 

プラズマ光が皮膚に照射されると、皮膚はその面積を減少させ、たるみの改善へと向かいます。

 

2012_0422_011039AA.JPG 2012_0727_042718AA.JPG


皮膚の中の成分として、特に真皮の場合には、コラーゲンがその主体を成していて、約80%以上を占めるとされています。コラーゲンはその中に水分を豊富に含むことのできるタンパク質で、皮膚の保水能力にとって欠かすことのできないものです。このコラーゲンは、年齢とともにそのボリュームが失われ、それに伴って皮膚の保水力は低下し、皮膚自体は弾力性を失って薄くなり、伸びたままになります。これが皮膚のたるみの大きな要素となります。プラズマ光が皮膚に照射されると、このコラーゲンが主にプラズマ光を吸収し、そこに熱を発生させ、古くてボリュームを失ったコラーゲンを変性させ、新しいしっかりとしたコラーゲンを増生させます。このことによって、皮膚のたるみを改善し、プロポーションに対してより大きな効果を及ぼすことができるのです。

 
したがって、皮下脂肪を取るとたるむのではないかという心配をされる方がいますが、それは心配には及ばないということなのです。

 

2012_0422_011104AA.JPG 2012_0727_042755AA.JPG


プラズマリポの場合には、前述のように、レーザーのようにファイバーの先端を皮膚に向けて照射しなくても。皮膚に対して平行なファイバーの移動によって、十分に皮膚にプラズマ光線が照射されます。このことは、脂肪を溶かすことに専念する操作のみで、皮膚の引き締め効果が獲得できるということです。例えて言うなら、風船の中身を取り除くと同時に、その風船自体も小さくするということであり、従来の脂肪吸引とは一線を画した、部分的痩身術であるということができます。

 

プラズマリポの効果は、脂肪吸引の半分くらいの効果と感じるかもしれません。

 

2012_0422_011133AA.JPG 2012_0727_042814AA.JPG


これは、脂肪組織を直接取り除く脂肪吸引とは違い、脂肪組織の破壊の後に、一部の脂肪組織が再生するためと考えられています。人間の体には、否、生物の体には、すべからく再生能力と言うものが備わっております。その再生能力の中で、最も重要な役割を果たしているのが、幹細胞という細胞です。脂肪組織の中には、脂肪細胞だけでなく、細胞間マトリックスとともに、この幹細胞が含まれています。脂肪吸引の場合には、この幹細胞を脂肪細胞や細胞間マトリックスとともに取り除いてしまいます。しかしながら、プラズマリポの場合には、破壊した脂肪組織を全て取り出すのではなく、この幹細胞は一部残存するわけです。プラズマリポ・ドレナージを行っても、幹細胞の残存がみられます。

 

しかし、このような幹細胞の手術部位への残存は、術後の回復過程を早めるのには、非常に良い効果を得られます。

 

2012_0422_011211AA.JPG 2012_0727_042734AA.JPG


前述のように、幹細胞と言うのは、傷害を受けた人体を再生する能力のなかで、非常に重要な役割を果たします。そして、手術と言うものは、基本的には、人体に傷害を与えます。治療的な外科手術であっても、美容外科手術であっても、このことに何ら変わりはありません。そしてその傷害が与えられるからこそ、目的が達成されるわけです。そうすると、その後には、傷害からの回復過程が必要になります。その回復過程こそが、人体にとって必要な機能や形態を再生する過程であり、その重要な位置を担うのが幹細胞です。したがって、手術部位での幹細胞の存在は、回復過程を早めることになります。

 

幹細胞の働きで、回復過程が早いプラズマリポですが、この幹細胞は、他の働きもします。

 

2012_0422_011222AA.JPG 2012_0727_042840AA.JPG


それは、皮膚の引き締め効果です。幹細胞は、プラズマリポによる皮膚の引き締め効果にも、一役買っているのです。幹細胞と言うのは、体中、どこにでも存在します。皮下脂肪層には特に多く存在しています。それは、人類及び脊椎動物の歴史が始まってからずっと、皮下脂肪が、外的な刺激による傷害を受けやすい、体の体表近くに存在して、クッションとして筋肉や骨格、その他の内臓を保護することが、生存に対して合目的的なためだと、思われます。つまり、皮下脂肪層はクッション変わりであるが故に、外力によって傷害を受けやすく、その回復は、比較的早く実現されるべきものであると言えます。したがって、この皮下脂肪層に多くの幹細胞が存在することもまた、合目的的であると言えます。そして皮下脂肪の上にあるのは、皮膚です。幹細胞が皮下脂肪層に豊富なため、その分裂や分化の際に放出される成長因子が、皮膚に働いて、皮膚の引き締め効果にも、影響を与えていると言えます。

 

プラズマリポの皮膚に対する引き締め作用は、基本的にはコラーゲンと繊維芽細胞に対する熱作用と言う形で認識されています。

 

2012_0422_011238AA.JPG 2012_0727_042855AA.JPG


この、コラーゲンや繊維芽細胞に対する熱作用による、皮膚の引き締め効果は、原理的にはサーマクールなどと同様のものです。しかしながら、それらの機器とは違い、プラズマリポの場合には、皮膚の下の脂肪層の中から、皮膚にプラズマ光が照射されます。そこで、より深部の過熱が可能となり、引き締め効果が大きいというのが特徴です。また、繊維芽細胞の元である幹細胞も、皮下に豊富に残っているため、それらから分泌された成長因子によって、繊維芽細胞の働きはさらに活発化し、新しいコラーゲンの生成や、皮膚のターンオーバーを促進し、効果をより強いものにするのです。


太もも その3関連ページ

太もも上部
太ももでパンツ類を合わせると、ウエストが大きく余ってしまうというのが、太もものプラズマリポを受ける患者さんの大多数を占める。限られた予算の中で、形を重視して、太ももが細く見えるようにする場合には、太ももの中でも脂肪をとる優先順位というものがある。
膝周辺
人間は心理的に、見えるところから、そこから続く見えないところを予想する傾向がある。このような人間の視覚的効果の上で、膝上は意外と見逃されている、太ももの太さを決める重要ポイント。年齢とともに膝の上が太くなるのは、太ももの前面のたるみとともに、それに膝関節の構造上の特徴が加わって、加齢・老化現象として出現するものである。
ひざの内側・ふくらはぎ・足首
年齢とともに、ふくらはぎや足首が太くなってくるのは、「むくみ」によるもの。そして、「むくみ」は、脂肪組織の血行不良を発生させ、脂肪組織内の低酸素状態を起こし、幹細胞の増殖スイッチがONになるため、脂肪組織の増殖が発生し、それがまた、「むくみ」を促進するという、悪循環が発生する。
太もも その3
プラズマリポは、皮膚の引き締め効果で、ドレナージでとれた脂肪の量以上の効果が獲得できる。
太もも その2
プラズマリポはドレナージのほうが効果が大きい。そしてプラズマリポの利点は、何と言っても、従来の脂肪吸引、ベーザーやボディージェットなどよりも、術後の痛みが軽度であるということ。
太もも内側・外側・前面
形の良い太ももを作るには、太ももの中のどの部分の脂肪をとる手術すればよいのかということが、大切なことになる。
太もも 内側・外側・前面・膝周辺
脂肪組織は脂肪細胞だけでできている物ではなく、脂肪細胞を支える構造や、脂肪細胞を再生させる細胞などが存在する。レーザーで破壊できるのは脂肪細胞だけだが、プラズマリポで、これらも同時に破壊することが、元に戻らない脂肪組織の減量につながる。
ヒップと太もも
プラズマリポの広範囲脂肪溶解力と、皮膚を縮める作用は、ヒップや膝の上のタルミの予防になる。溶けた脂肪は、局所から取り去られ、最終的には代謝されてしまう。
太もも
太ももにプラズマリポを行い、皮下脂肪を溶かして約一か月経過したモニターさん。