太もも

太もも

20代女性のモニターさんです。太ももの外側と内側をメインに後面までプラズマリポを施行しました。

PLIP_thigh_before.jpg PLIP_thigh_1M_after.jpg

Afterの写真は、術後1ヶ月目ですが、既にやや効果を感じます。また、ヒップアップの効果も出てきています。美容整形歴はありませんが、「安心して治療が受けられました」とのことでした。これからまだ、3か月を経過すると、もっともっと細くなっていきます。このように、プラズマリポの場合に、最終的な結果が出るまでに時間を要するのは、溶けた脂肪が吸収されて局所からなくなるまで時間がかかることと、手術による腫れが細かいところまで完全に引くのにも時間がかかるためです。


太もも関連ページ

太もも上部
太ももでパンツ類を合わせると、ウエストが大きく余ってしまうというのが、太もものプラズマリポを受ける患者さんの大多数を占める。限られた予算の中で、形を重視して、太ももが細く見えるようにする場合には、太ももの中でも脂肪をとる優先順位というものがある。
膝周辺
人間は心理的に、見えるところから、そこから続く見えないところを予想する傾向がある。このような人間の視覚的効果の上で、膝上は意外と見逃されている、太ももの太さを決める重要ポイント。年齢とともに膝の上が太くなるのは、太ももの前面のたるみとともに、それに膝関節の構造上の特徴が加わって、加齢・老化現象として出現するものである。
ひざの内側・ふくらはぎ・足首
年齢とともに、ふくらはぎや足首が太くなってくるのは、「むくみ」によるもの。そして、「むくみ」は、脂肪組織の血行不良を発生させ、脂肪組織内の低酸素状態を起こし、幹細胞の増殖スイッチがONになるため、脂肪組織の増殖が発生し、それがまた、「むくみ」を促進するという、悪循環が発生する。
太もも その3
プラズマリポは、皮膚の引き締め効果で、ドレナージでとれた脂肪の量以上の効果が獲得できる。
太もも その2
プラズマリポはドレナージのほうが効果が大きい。そしてプラズマリポの利点は、何と言っても、従来の脂肪吸引、ベーザーやボディージェットなどよりも、術後の痛みが軽度であるということ。
太もも内側・外側・前面
形の良い太ももを作るには、太ももの中のどの部分の脂肪をとる手術すればよいのかということが、大切なことになる。
太もも 内側・外側・前面・膝周辺
脂肪組織は脂肪細胞だけでできている物ではなく、脂肪細胞を支える構造や、脂肪細胞を再生させる細胞などが存在する。レーザーで破壊できるのは脂肪細胞だけだが、プラズマリポで、これらも同時に破壊することが、元に戻らない脂肪組織の減量につながる。
ヒップと太もも
プラズマリポの広範囲脂肪溶解力と、皮膚を縮める作用は、ヒップや膝の上のタルミの予防になる。溶けた脂肪は、局所から取り去られ、最終的には代謝されてしまう。
太もも
太ももにプラズマリポを行い、皮下脂肪を溶かして約一か月経過したモニターさん。