第17回国際美容医学会議 1

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 2015年 イタリア > 第17回国際美容医学会議 1

第17回国際美容医学会議 1

去る2015年10月15日から17日まで、欧州美容外科連盟会長で、10年来のイタリアの盟友、Dr. Ruben Oddeninoの推薦で、今回の学会長でミラノ大学教授の、Prof. ALBERTO MASSIRONE会長の招聘により、第17回国際美容医学会議に参加し、発表を行ってきました。正式には、17°Congresso Internazionale di Medicina Estetica dI agorà-aMIEst sociEtà itaLiana di mEdicina ad indirizzo EstEtico と、言います。ここで、Agoraと言うのが出てきますが、これは、古代ローマの賢人会議、今で言う、有識者懇談会みたいな意味です。
この学会は、手術やレーザー・注射などの外科的なものだけでなく、化粧品からダイエット、点滴・栄養療法までを含んだ、オールアバウトな学会。出席者や発表者はイタリア人医師が主体なのですが、フランス・スペイン・エジプトなどの地中海諸国と南米からの出席者が多く、所謂、ラテン語系の学会と言ってもいいでしょう。勿論、日本からの出席は私だけ。アジア諸国を入れても、出席は私一人だけでした。今回は、ミラノでの開催で、ミラノ大学が主幹事です。
 
12043205_499807340193973_3520448370756242156_n.jpg
 
この地中海地方というのは、豊かな自然に囲まれて四季が存在し、比較的温暖な気候から、美容医学に関しては世界でも先進的な地方の一つで、英米や韓国などとは違ったアプローチで知られています。実際に、イタリアからは多くの美容機器・商材メーカーが誕生し、世界のマーケットに商品を出荷しています。DEKAというレーザー・メーカーや、BioAlcamidの製造元はイタリアの会社ですし、一世を風靡したカーボメッドもイタリアのメーカーです。また、地中海地方と言うことなら、キャンデラ・シネロンというレーザー・メーカーは、元々イスラエルの会社です。今はアラガンが販売しているジュビダームは、元々はフランスの会社のものです。脂肪吸引と脂肪注入は、フランスのDr. Pier FournierとイタリアのDr. Giorgio Fisherが世界で最初に始めました。そして水光注射の元になったメソセラピーも、発祥の地はフランス。そのメソセラピーから脂肪溶解注射を造り出したのは、スペインのドクターです。つまり、今現在、流行している、手術法を含めたいろいろな美容医学の技術は、地中海を中心にその起源を持ち、それが大西洋を渡って、南米で大胆な整形手術へと進化し、アメリカ合衆国で製品開発や改良がなされたと言うことが言えます。
そして最近の傾向として、イタリアでは形成外科医が主体となった学会は、それほど大きいモノは開催されず、このような総合的な美容医学会議が、地中海諸国の各大学での持ち回りで開催されることが多くなっているようです。そして、手術主体の学会も、国境や専門を跨いで開催されます。


第17回国際美容医学会議 1関連ページ

第17回国際美容医学会議 12
ミラノ最終日。地下鉄は速いが、景色の見えるトラムがいい。
第17回国際美容医学会議 11
ミラノの夕食一人飯第二弾。旬のポルチーニ茸は、米と同量に入っている。ミラノのタリアータは、ローストビーフのような薄切りで、食べやすい。隣の席の日本人2人組は、最後まで私のことを日本人だと認識していなかった。
第17回国際美容医学会議 10
アルファロメオ博物館には、歴代の美しい名車が勢ぞろい。Dolce and Gabbanaのカフェで、目の保養。Uberはなかなか良かった。
第17回国際美容医学会議 9
博物館の後は中心部に。トラムが便利で、景色も見れるので楽しい。ディナーでは、まさに大盛りの美学を堪能。
第17回国際美容医学会議 8
学会も3日目になると、業者セミナーが主体。演題は、ほとんどが午前中に集中。レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館は、興味深いものがあった。
第17回国際美容医学会議 7
期せずして、金曜日の昼食にカレーが登場。古いものを残しつつ、現代に溶け込ませる欧州の懐の深さ。ちょっといい加減だったりするが、笑って許せばそれはそれで許せる範囲のイタリア人気質。
第17回国際美容医学会議 6
ヒアルロン酸をはじめとするフィラーのセッションは、基礎医学との積極的な協力の下、興味深い知見が数多く発表されていた。そして、ミラノでサムライを発見する思いもした。
第17回国際美容医学会議 5
仲良し3人組で、ディナーに向かう。ここでもイタリア流大盛りの美学は健在。ナポリの料理は、シーフードが美味い。
第17回国際美容医学会議 4
バスト・グロウの発表は大評判。昼食はまるで懇親会。美容医学の巡回診療車の見学。旧友との再会。
第17回国際美容医学会議 3
ホテル着から、初日のディナー。ヨーロッパでは、レストランの一人飯は、何もおかしなことではないので気が楽。
第17回国際美容医学会議 2
パーティー出席後、急いで成田に。そして大満足のカタール航空。機内食は和食中心で。乗り継ぎもスムースに完了。中東の紛争地域も回避。
第17回国際美容医学会議 1
全ての道はローマに通じると言うがごとく、イタリアを含む地中海地方は、実は多くの美容医学・美容外科の発祥の地。