第17回国際美容医学会議 12

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 2015年 イタリア > 第17回国際美容医学会議 12

第17回国際美容医学会議 12

 フリータイム3日目。再び、ミラノの街中を、トラムを乗り回しつつ、歩きまわる。夕刻には空港に向かわなければならないので、荷物はホテルのクロークに預け、しっかりと腹ごしらえしてから出発。
早朝に、ホテル前からIsola地区のアーティスティックなビルを望む。このビルは、確かエコ建築の何かの世界大会か何かで、優勝した物件らしい。

 

DSC_0444.jpg

 

ホテルの目の前が、トラムのターミナルの一つなので、便利。この日は、いわゆる乗り鉄。一日乗車券は便利。

 

  

 

主要なところでは、トラムを降りて散策。

ミラノ中央駅近辺をウロウロ。この辺は、結構庶民的。売ってるものも、若者向けか?

 

DSC_0457.jpg

 

イタリア海軍オフィシャル・ファッションブランドだそうな。たぶんOBが創業して、名前の使用料を隊友会みたいなところに寄付してるのか?

 

DSC_0456.jpg

 

全く別の店なのだが、オシャレなスーツ。しかし流石にこの柄は、日本では着る機会がなさそう。

ちょこっと、東のほうへ再び乗り鉄。路面電車も、少し中心部を外れると、このように植栽の中を、専用の軌道で走るようになっている。

 

DSC_0461.jpg

 

昼食は、中央駅の近く、Buenos Aires通りに戻ってきて、摂ることにした。

ネット上でも評価の高い、Non solo lessoという店に、12時過ぎに予約なしで突撃。お客は、私の他には、まだ2組だけだったので、すんなり着席。テーブルには、ちらほらとPrenotato(Reserved=予約席) というのが置いてあった。

 

DSC_0449.jpg

 

ランチには何がお勧めか、尋ねてみると、「うちの店はディナーもランチもLessoがおすすめさ」との事。したがって、Lessoのランチセットを注文した。因みにLessoとは、肉主体のポトフのようなもの。「豚肉は大丈夫か?」と、店主に尋ねられた。どうやら、私はイスラム圏の人間に思われていたようだ。ランチのセットは、野菜主体の前菜がビュッフェ。つまり、食べ放題。

 

DSC_0451.jpg

 

ミラノに来て、野菜不足だった私には、嬉しい前菜だった。

 

DSC_0450.jpg

 

グラスワインと共に前菜を食べていると、メインのLesso(レッソ)が運ばれてきた。期待通り、何ともボリューミー。深い器に、山盛りの肉、肉、肉。日本盛の3人前はある。

 

DSC_0452.jpg

 

モリモリと頂いていると、店主が、「日本人か?」と、尋ねてきた。ミラノに来て、私が日本人であるということがわかった人は、この人が初めてだった。「そうだ。どうして分った?」と尋ねると、食事が静かで、食べ方がきれいだとのこと。前に訪れた日本人たちに、感謝である。店主は、日本の友達から貰ったと言って、店に並べてあるボトルを見せてくれた。

 

DSC_0448.jpg

 

ランチタイムの後は、再び乗り鉄と散策。

 

DSC_0455.jpg

 

再びDuomoやGaleriaのある中心部まで来てから、ブレラ地区・ブレラ絵画館に来た。

 

DSC_0463.jpg

 

中では、名画の修復を行っていて、見学できる。観光客に混じって、たくさんの画学生の出入りがあったのが印象的で、通常の美術館とは、やや趣を異にしていた。

 

ブレラ地区のカフェで一服。

DSC_0466.jpg DSC_0465.jpg

 

次に、ポルタ・ガリバルディ方面に向かって歩く。観光用の電動自転車レンタルを発見。トラムを乗り回すのでは無ければ、これはお勧めかもしれない。

 

DSC_0446.jpg

 

ホテルでトランクをピックアップした後は、Milano Cadorna駅からMalpensa expressに乗って、Malpensa空港まで。
 

DSC_0468.jpg

 

帰りは、ドーハ乗り継ぎで、羽田までB787。偶然、機長は知り合いのキャプテン船野。ファーストクラス並みの快適なシートで、ぐっすり休めました。

 

DSC_0478.jpg

 
DSC_0482.jpg


第17回国際美容医学会議 12関連ページ

第17回国際美容医学会議 12
ミラノ最終日。地下鉄は速いが、景色の見えるトラムがいい。
第17回国際美容医学会議 11
ミラノの夕食一人飯第二弾。旬のポルチーニ茸は、米と同量に入っている。ミラノのタリアータは、ローストビーフのような薄切りで、食べやすい。隣の席の日本人2人組は、最後まで私のことを日本人だと認識していなかった。
第17回国際美容医学会議 10
アルファロメオ博物館には、歴代の美しい名車が勢ぞろい。Dolce and Gabbanaのカフェで、目の保養。Uberはなかなか良かった。
第17回国際美容医学会議 9
博物館の後は中心部に。トラムが便利で、景色も見れるので楽しい。ディナーでは、まさに大盛りの美学を堪能。
第17回国際美容医学会議 8
学会も3日目になると、業者セミナーが主体。演題は、ほとんどが午前中に集中。レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館は、興味深いものがあった。
第17回国際美容医学会議 7
期せずして、金曜日の昼食にカレーが登場。古いものを残しつつ、現代に溶け込ませる欧州の懐の深さ。ちょっといい加減だったりするが、笑って許せばそれはそれで許せる範囲のイタリア人気質。
第17回国際美容医学会議 6
ヒアルロン酸をはじめとするフィラーのセッションは、基礎医学との積極的な協力の下、興味深い知見が数多く発表されていた。そして、ミラノでサムライを発見する思いもした。
第17回国際美容医学会議 5
仲良し3人組で、ディナーに向かう。ここでもイタリア流大盛りの美学は健在。ナポリの料理は、シーフードが美味い。
第17回国際美容医学会議 4
バスト・グロウの発表は大評判。昼食はまるで懇親会。美容医学の巡回診療車の見学。旧友との再会。
第17回国際美容医学会議 3
ホテル着から、初日のディナー。ヨーロッパでは、レストランの一人飯は、何もおかしなことではないので気が楽。
第17回国際美容医学会議 2
パーティー出席後、急いで成田に。そして大満足のカタール航空。機内食は和食中心で。乗り継ぎもスムースに完了。中東の紛争地域も回避。
第17回国際美容医学会議 1
全ての道はローマに通じると言うがごとく、イタリアを含む地中海地方は、実は多くの美容医学・美容外科の発祥の地。