第17回国際美容医学会議 3

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 2015年 イタリア > 第17回国際美容医学会議 3

第17回国際美容医学会議 3

最初の3泊は、会場のホテルである、ミラノ・マリオット・ホテル。ホテルに到着したのは、もう5時近くの夕刻だった。
 
DSC_0130.jpg
 
窓の外を眺めると、古くからの住宅らしく、古いマンションで、それを改造に改造を重ねたような家がある。まるで東南アジアのような外見だが、色彩と、整然と路上駐車されたコンパクトカーが、欧州を感じさせる。
 
DSC_0129.jpg
 
内装が豪華なホテルで、コンパクトながら、客室も欧州のデコレーションが、アチコチに施されている。ホテル自体は古く、6基あるエレベーターが同期して動かないので、エレベーターの待ち時間がやたら長いのが、ちょっと変な感じ。日本語の表示があった。
 
DSC_0131.jpg
 
非常口を示すものだが、よく見ると、イタリアの国旗のようなデザイン。何かとオシャレなのが、この国流と言うことか。
 
3日分の滞在なので、とりあえず荷解きをして、翌日の学会発表のパワーポイントをチェックしていると、機内食のチーズから、何も食べていなかったので、腹が減ってきた。とは言っても、イタリアのレストランの営業は、早くても19時半から。時間は18時くらい。とにかく、お目当てのレストランに、まずは電話をしてみると、20時ならOKと言う返事。それまでバーでアペリティーヴォと言う手もあったが、一度にたくさん食べたい自分としては、我慢することにした。学会用のスーツを出して、靴とともに手入れを行う。そして、いよいよ初日のディナーに出かけた。ヨーロッパでは、レストランで一人飯というのは、そんなに珍しいことではなく、カジュアルな若者から、身なりのいい紳士淑女まで、レストランでの一人飯を、気軽に楽しんでいる。
 
DSC_0133.jpg
 
出掛けた店は、Osteria la Carbonaiaという、ちょっと庶民的なレストラン。日本語の意味は、「炭焼き食堂」や「焼肉食堂園」とでも言ったところか。因みに、イタリアでは、レストランはその名前で、その雰囲気の大凡の見当がつく。Ristoranteというのは、正式なレストラン。最低限、ジャケパンくらいの服装で出掛けたほうがいい。Torattoriaは、所謂、簡易レストラン。ジーンズでもOK。夏ならポロシャツなどの襟付きシャツでいいだろうし、冬は上着の下は襟付きシャツなら間違いない。Osteriaは、食堂・飯屋。水着じゃなければOKといったところ。料理の値段は、あまり関係なかったりする。このOsteria la Carbonaiaは、肉料理の店。だから、「焼肉食堂園」。
 
店に着いて、予約してあった南ですと、イタリア語で言うと、席に案内され、とにかくメニューを一瞥。いろんなものがあった。珍しいところでは、豚の腎臓グリルや、レバカツなど。とにかく初日なので、正攻法で行くことにして、ドリンクにグラスワインの赤。前菜は生ハム、メインは今や日本では絶滅危惧種となった牛肉のカルパッチョを注文した。プリモのパスタは、初日と言うこともあって、食べ過ぎないようにするために、パスした。
 
まずは、赤ワインとお通し。お通しは、小さなコロッケ。
 
DSC_0134.jpg
 
しばらくすると、前菜の生ハムが出てきた。Procshiuto crudo de Palma。有名なパルマの生ハムである。
 
DSC_0136.jpg
 
まず、日本のせこい盛り付けとは、迫力が違う。大きな皿に、このようにびっしりと並べて一人前。日本ではだいたい2、30gが一人前だが、これは軽く80グラムはある。何グラムあるか訊いてみたが、「わからん、皿がいっぱいになるように入れる」とのこと。良い方向性に、イタリア人のいい加減さが発揮されている。
 
メインのカルパッチョ。ここはモモ肉ではなく、フィレ肉を使用しているとのこと。メニューには200グラムの表示があった。
 
DSC_0137.jpg
 
ルッコラとパルメザンチーズ、それに岩塩と新鮮なオリーヴオイルがマッチして、肉の味が引き立つ。そして、フィレ肉なので、分厚い割には柔らかく、歯切れが良くて食べやすい。初日から大当たりだ。店の雰囲気も活気があり、常連さんの多い店のようで、来店した人の多くが、店員さんと握手したりハグしたりしていた。
 
DSC_0135.jpg


第17回国際美容医学会議 3関連ページ

第17回国際美容医学会議 12
ミラノ最終日。地下鉄は速いが、景色の見えるトラムがいい。
第17回国際美容医学会議 11
ミラノの夕食一人飯第二弾。旬のポルチーニ茸は、米と同量に入っている。ミラノのタリアータは、ローストビーフのような薄切りで、食べやすい。隣の席の日本人2人組は、最後まで私のことを日本人だと認識していなかった。
第17回国際美容医学会議 10
アルファロメオ博物館には、歴代の美しい名車が勢ぞろい。Dolce and Gabbanaのカフェで、目の保養。Uberはなかなか良かった。
第17回国際美容医学会議 9
博物館の後は中心部に。トラムが便利で、景色も見れるので楽しい。ディナーでは、まさに大盛りの美学を堪能。
第17回国際美容医学会議 8
学会も3日目になると、業者セミナーが主体。演題は、ほとんどが午前中に集中。レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館は、興味深いものがあった。
第17回国際美容医学会議 7
期せずして、金曜日の昼食にカレーが登場。古いものを残しつつ、現代に溶け込ませる欧州の懐の深さ。ちょっといい加減だったりするが、笑って許せばそれはそれで許せる範囲のイタリア人気質。
第17回国際美容医学会議 6
ヒアルロン酸をはじめとするフィラーのセッションは、基礎医学との積極的な協力の下、興味深い知見が数多く発表されていた。そして、ミラノでサムライを発見する思いもした。
第17回国際美容医学会議 5
仲良し3人組で、ディナーに向かう。ここでもイタリア流大盛りの美学は健在。ナポリの料理は、シーフードが美味い。
第17回国際美容医学会議 4
バスト・グロウの発表は大評判。昼食はまるで懇親会。美容医学の巡回診療車の見学。旧友との再会。
第17回国際美容医学会議 3
ホテル着から、初日のディナー。ヨーロッパでは、レストランの一人飯は、何もおかしなことではないので気が楽。
第17回国際美容医学会議 2
パーティー出席後、急いで成田に。そして大満足のカタール航空。機内食は和食中心で。乗り継ぎもスムースに完了。中東の紛争地域も回避。
第17回国際美容医学会議 1
全ての道はローマに通じると言うがごとく、イタリアを含む地中海地方は、実は多くの美容医学・美容外科の発祥の地。