第17回国際美容医学会議 5

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 2015年 イタリア > 第17回国際美容医学会議 5

第17回国際美容医学会議 5

そして私の発表は2題とも、初日に終了してしまった。その後、Dr. Ruben Oddeninoと、その友人であるエジプトのDr. Mohamed El Hadidyとともに、ディナーへと向かう。
 
DSC_0158.jpg
 
場所はDr. Ruben Oddeninoが手配してくれていた、会場から歩いて3分ほどのレストラン。Piccolo Napoliと言う、イタリア名物をいろいろと食べることのできる店。特に、その名の通り、ミラノではシーフードが有名。Dr. Mohamed El Hadidyはイスラム教徒なので、シーフードなら問題ない。
 
前菜を3人分、一皿に盛り付けてもらった。
 
DSC_0159.jpg
 
次には、前菜その二。
 
DSC_0161.jpg
 
前菜を2人前もいただいたので、パスタはパスして、メイン。メインは一人ひとり、別々にオーダー。私はクルマエビのグリリア。大きなエビが4尾で一人前。日本だと1,2尾だろう。
 
DSC_0162.jpg
 
香草とスパイスにレモンがマッチして、美味しくいただきました。
 
この季節、日本だと松茸だが、ここイタリアではポルチーニ茸が旬を迎えていた。メインの付け合わせに注文。
 
DSC_0163.jpg
 
これで一人前。とても、付け合わせという感じではない。メインでもおかしくない量が出てきた。
そして〆はグラッパ。これも、国内では、おちょこ一杯分くらいがもったい付けて出てくるが、まるでコップ酒。
 
DSC_0164.jpg
 
エスプレッソとともに、最高の〆で、翌日からの日程に備えるのでした。


第17回国際美容医学会議 5関連ページ

第17回国際美容医学会議 12
ミラノ最終日。地下鉄は速いが、景色の見えるトラムがいい。
第17回国際美容医学会議 11
ミラノの夕食一人飯第二弾。旬のポルチーニ茸は、米と同量に入っている。ミラノのタリアータは、ローストビーフのような薄切りで、食べやすい。隣の席の日本人2人組は、最後まで私のことを日本人だと認識していなかった。
第17回国際美容医学会議 10
アルファロメオ博物館には、歴代の美しい名車が勢ぞろい。Dolce and Gabbanaのカフェで、目の保養。Uberはなかなか良かった。
第17回国際美容医学会議 9
博物館の後は中心部に。トラムが便利で、景色も見れるので楽しい。ディナーでは、まさに大盛りの美学を堪能。
第17回国際美容医学会議 8
学会も3日目になると、業者セミナーが主体。演題は、ほとんどが午前中に集中。レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館は、興味深いものがあった。
第17回国際美容医学会議 7
期せずして、金曜日の昼食にカレーが登場。古いものを残しつつ、現代に溶け込ませる欧州の懐の深さ。ちょっといい加減だったりするが、笑って許せばそれはそれで許せる範囲のイタリア人気質。
第17回国際美容医学会議 6
ヒアルロン酸をはじめとするフィラーのセッションは、基礎医学との積極的な協力の下、興味深い知見が数多く発表されていた。そして、ミラノでサムライを発見する思いもした。
第17回国際美容医学会議 5
仲良し3人組で、ディナーに向かう。ここでもイタリア流大盛りの美学は健在。ナポリの料理は、シーフードが美味い。
第17回国際美容医学会議 4
バスト・グロウの発表は大評判。昼食はまるで懇親会。美容医学の巡回診療車の見学。旧友との再会。
第17回国際美容医学会議 3
ホテル着から、初日のディナー。ヨーロッパでは、レストランの一人飯は、何もおかしなことではないので気が楽。
第17回国際美容医学会議 2
パーティー出席後、急いで成田に。そして大満足のカタール航空。機内食は和食中心で。乗り継ぎもスムースに完了。中東の紛争地域も回避。
第17回国際美容医学会議 1
全ての道はローマに通じると言うがごとく、イタリアを含む地中海地方は、実は多くの美容医学・美容外科の発祥の地。