第17回国際美容医学会議 6

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 2015年 イタリア > 第17回国際美容医学会議 6

第17回国際美容医学会議 6

さて、学会2日目。1日目に2題とも発表は終了し、あとはお勉強だが、盟友の演題は聴かなければならない。フロアーからの質問が少なければ、質問するという援護射撃も必要かもしれない。
 
DSC_0167.jpg
 
とにかく、身支度はきちんと整えて、朝一から学会場へ。
この日の午前中は、Fillerの演題が目白押し。大きな会場で続けて2つのセッションが連続して行われる。それらは午後にかけて再び連続する。二日目はさながらFillerの日。ただし、Fillerと言っても、こちらの分類上は、脂肪注入も一部Fillerとしているのが特徴。これは、Fillerが皮下組織の増量に使用されることが増えたのと、脂肪注入の手技の発展によって、吸収率を抑え、生着率を向上させることに成功し、安定した効果を出せるようになったことによると思われる。たしかに、アメリカあたりでは10年以上前から、Fillerと脂肪注入の比較といった学会演題や論文が多く発表されている。つまり、ヒアルロン酸やレディエッセなどのFillerとの比較がディスカッションに入る演題の場合、脂肪注入はFillerのセッションに分類されていると言うこと。
 
DSC_0168.jpg
 
上は、Marionette lineの重症度分類と、そのタイプ分類についての演題。このような、美容医学というアートが占める割合の多い分野を、定量化して科学的に分析しようという姿勢は、この国の生み出した天才、レオナルド・ダ・ヴィンチに通じるものを感じる。彼は科学者であり芸術家だったし、彼の芸術作品には、多くの科学的定理が隠されている。この場合まさに、「美を科学する」ということが言える。
 
新しいFillerについて。
 
DSC_0169.jpg DSC_0170.jpg
 
DSC_0171.jpg DSC_0172.jpg
 
最近の動向として、Fillerは、永久に残るものは安全性に問題があるというのが定説になってはいる。しかし、やはり長期に効果を発揮させることは、その開発においては大きな課題でもある。そのため、ヒアルロン酸やCMC+ハイドロキシアパタイト(レディエッセ)以上に効果が長持ちするが、吸収はあるという、所謂、ゆっくりとしか吸収されない長期作用型のFillerの開発も、常に行われている。
 
ヒアルロン酸も、その性質の改良によって、吸収速度を遅くして作用期間を延長したり、その組成や分子量の検討によって、適応範囲の拡大に向かって、研究が進められている。
 
DSC_0174.jpg
 
どうやら、ヒアルロン酸については、高分子と低分子で、その作用が異なることが、定説になりつつあるようだ。その境目としては、200キロダルトン。そして、高分子化の手段としての架橋は、BDDEの他に、多くの方法が開発されつつあり、それらがモノフェーズやバイフェーズなど、製品の特長に合わせて、組合されていく傾向にある。私の理想としては、バイフェーズで粒状層が高分子、キャリア層が200KDaくらいのものなのだが、どこか開発しないだろうか?日本の業者は、ヒアルロン酸の売り込みには来るのだが、このような科学的な情報を届けない。せめて、文献くらいは集めて紹介してくれればいいのだが、そう言うと、自分の製品に都合のいい提灯文献ばかり持ってくる。何とかならないものか。
 
さて、友軍の発表だが、Dr. Ruben Oddeninoは、ヒアルロン酸による塞栓症への救急対処法について。
 
DSC_0178.jpg DSC_0180.jpg
 
概ね、私の提唱していることと同じ。フロアーから、ヒアルロニダーゼの局注について、生物製剤のオフ・ラベル・ユース(適応外使用)が問題ではないかとの質問があった。官僚的指向は、イタリアの医学界でも問題になっていて、その原因は、医療裁判におけるトンでも判決だというのを耳に挟んだことがある。この質問に対して、Dr. Ruben Oddeninoの答えは、「緊急事態において、現場でできることを、できる限り手を尽くして行うまでだ。それで違法行為とされるなら、私は訴追されても構わない。」というもの。イタリアで、サムライの姿を見る思いだった。
 
エジプトの、Dr. Mohamed El Hadidyの発表は、脂肪注入とヒアルロン酸をはじめとしたFillerの比較検討。
 
DSC_0175.jpg
 
最近まで国が不安定で、今もまだその余波がおおきなエジプト。ヒアルロン酸やその他のFillerは、彼らにとってみれば高価なもの。材料費が安価で済む、脂肪注入での再建治療・アンチエイジング治療の可能性を探るものだった。彼とは、その前の夜も、いろいろな意見交換を行った。ただし、ムスリムなので、使用する薬剤も豚を原料としたものを使えないそうで、なかなか難しそうだ。


第17回国際美容医学会議 6関連ページ

第17回国際美容医学会議 12
ミラノ最終日。地下鉄は速いが、景色の見えるトラムがいい。
第17回国際美容医学会議 11
ミラノの夕食一人飯第二弾。旬のポルチーニ茸は、米と同量に入っている。ミラノのタリアータは、ローストビーフのような薄切りで、食べやすい。隣の席の日本人2人組は、最後まで私のことを日本人だと認識していなかった。
第17回国際美容医学会議 10
アルファロメオ博物館には、歴代の美しい名車が勢ぞろい。Dolce and Gabbanaのカフェで、目の保養。Uberはなかなか良かった。
第17回国際美容医学会議 9
博物館の後は中心部に。トラムが便利で、景色も見れるので楽しい。ディナーでは、まさに大盛りの美学を堪能。
第17回国際美容医学会議 8
学会も3日目になると、業者セミナーが主体。演題は、ほとんどが午前中に集中。レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館は、興味深いものがあった。
第17回国際美容医学会議 7
期せずして、金曜日の昼食にカレーが登場。古いものを残しつつ、現代に溶け込ませる欧州の懐の深さ。ちょっといい加減だったりするが、笑って許せばそれはそれで許せる範囲のイタリア人気質。
第17回国際美容医学会議 6
ヒアルロン酸をはじめとするフィラーのセッションは、基礎医学との積極的な協力の下、興味深い知見が数多く発表されていた。そして、ミラノでサムライを発見する思いもした。
第17回国際美容医学会議 5
仲良し3人組で、ディナーに向かう。ここでもイタリア流大盛りの美学は健在。ナポリの料理は、シーフードが美味い。
第17回国際美容医学会議 4
バスト・グロウの発表は大評判。昼食はまるで懇親会。美容医学の巡回診療車の見学。旧友との再会。
第17回国際美容医学会議 3
ホテル着から、初日のディナー。ヨーロッパでは、レストランの一人飯は、何もおかしなことではないので気が楽。
第17回国際美容医学会議 2
パーティー出席後、急いで成田に。そして大満足のカタール航空。機内食は和食中心で。乗り継ぎもスムースに完了。中東の紛争地域も回避。
第17回国際美容医学会議 1
全ての道はローマに通じると言うがごとく、イタリアを含む地中海地方は、実は多くの美容医学・美容外科の発祥の地。