第17回国際美容医学会議 9

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 2015年 イタリア > 第17回国際美容医学会議 9

第17回国際美容医学会議 9

さて、レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館を後にしたものの、まだ、夕食までは十分に時間がある。そこで、トラムを乗り継いで、ちょっとベタだが、ここに来た。
 
DSC_0293.jpg DSC_0295-1.jpg
 
そう、ミラノの象徴ともいうべき、ドゥォモ。
 
DSC_0295.jpg
 
土曜日の夕刻だけあって、前の広場は人が多い。催し事などもあり、観光客・地元住民、入り乱れている。
 
DSC_0296.jpg DSC_0297.jpg
 
ちょっとすいているところで、自撮り棒で撮影。自撮り棒売りの行商人も、うじゃうじゃいた。
 
そこからは、ヴィットーリオ・エマニュエレ2世・ガレリアを抜けて、スカラ座の前まで、ちんたらちんたらと歩いて行った。
 
DSC_0298.jpg DSC_0303.jpg
 
DSC_0302.jpg
 
途中、ガレリアの中の歴史ある名店、リストランテSavini(サヴィーニ)のカフェで、エスプレッソ。
 
DSC_0300.jpg DSC_0301.jpg
 
スカラ座の前から、再びトラムに乗って、ゆるりゆるりと、わざと遠回りしながら、予約しておいたレストランに。なぜか日本の国旗も架かっていて、好感触。
 
DSC_0306.jpg
 
店に入ると、数組の先客が食事中。ちょっと無愛想な店員のお兄ちゃんが、席に案内してくれた。とりあえずは、ハウスワインを注文し、前菜からメニューを眺める。お兄ちゃんがワインを持ってきたときに、「前菜のお勧めは何だ?」と、英語・イタリア語交じりで訊いてみた。すると、「やっぱり今日の前菜セットで、ミラノ風ミートボールと野菜・ブルスケッタの盛り合わせだ」と言う返事。「Salumi(生ハムやサラミの盛り合わせ)を期待してたんだが」と言うと、「OK、OK」という、調子のいい返事。まぁいいやと思って、パスタやメインを選ぶ。「メインのお勧めは何だ?」と尋ねると、「うーん、一人だからなぁ」と、ちょっと困った表情。そこで、「この店はT-boneステーキ(Bistecca alla Fiorenzina)が有名らしいじゃないか」と言うと、「あれは2人前からだ」という答え。そこで、「じゃあ、パスタなしで、メインをT-bone2人前にしてくれ」と言うと、それまでの無愛想が一転して、ニコニコし始めた。「Controni(付け合わせ)はポテチでいい?」と言ってたので、「それでいい」と答える。そしてこのお兄ちゃん、ちょっとウキウキで厨房に注文を通しに行った。ワインをチビチビやりながら、少し待っていると、前菜が出てきた。
 
DSC_0307.jpg
 
1人前の前菜の量ではない。近所のテーブルをチラリと見ると、どうやら本日の前菜は、奥に写っている皿にあるもので、それにプラスしてSalumi(生ハムやサラミの盛り合わせ)を持ってきたではないか。てっきり、それぞれ量を減らして盛り合わせてくると思っていたので、一瞬、びっくり。食べれない量ではないので、まぁいいかと思いつつ、食べる。
 
そしていよいよ、メインのT-boneステーキ(Bistecca alla Fiorenzina)が、ノリノリのお兄ちゃんによって運ばれてくる。
 
DSC_0308.jpg
 
「ブオナペティート!」と、ニコニコしながら景気よく言うお兄ちゃん。私が店に入ってきたときの無愛想は、何だったんだ?肉は軽く500から600グラムはある。とにかくモリモリ食べる。美味い。さすが、この店のウリだけのことはある。だが、肉は難なく完食したものの、付け合わせのポテチが、最後のほうには罰ゲームと化していた。
 
ポテチも完食し、ちょっとホッとしていると、お兄ちゃんがノリノリでデザートの注文を取りに来た。さっそく別腹を準備して、お兄ちゃんお勧めのティラミスと、エスプレッソを注文した。
 
DSC_0309.jpg
 
でっかいティラミスが出てきた。サイズは、名古屋のハーブスのケーキと同じくらい。完食すると、別腹もいっぱいになった。
 
DSC_0310.jpg
 
エスプレッソはRistorettoと言って、最小のサイズにしてもらった。サイズが小さいからと言って、量が少ないだけではない。その分、濃い。
 
とにかく、味的にも量的にも大満足で、無愛想だったお兄ちゃんが、どんどんノリノリで愛想がよくなるのが、また面白いディナーだった。勘定では、前菜は一人前しかついてなかった。メニューの値段からすると、100ユーロ近く覚悟してたのだが、〆て70ユーロ。絶対に、ノリに任せて、お兄ちゃんがいい加減な勘定を出してきたのだ。
 
帰りは、再びトラムを使う。
 
DSC_0311.jpg
 
ちょっとレトロな車両がやってきた。ガラガラだったので、幽霊トラムのような感じだったが、乗って帰った。
 
DSC_0312.jpg
 
中もレトロ。後で知ったのだが、ミラノはトラムも観光資源として位置付けていて、このようなレトロな車両も、一定数走らせているらしい。ホテルはトラムの停留所の目の前なので、便利でもあった。


第17回国際美容医学会議 9関連ページ

第17回国際美容医学会議 12
ミラノ最終日。地下鉄は速いが、景色の見えるトラムがいい。
第17回国際美容医学会議 11
ミラノの夕食一人飯第二弾。旬のポルチーニ茸は、米と同量に入っている。ミラノのタリアータは、ローストビーフのような薄切りで、食べやすい。隣の席の日本人2人組は、最後まで私のことを日本人だと認識していなかった。
第17回国際美容医学会議 10
アルファロメオ博物館には、歴代の美しい名車が勢ぞろい。Dolce and Gabbanaのカフェで、目の保養。Uberはなかなか良かった。
第17回国際美容医学会議 9
博物館の後は中心部に。トラムが便利で、景色も見れるので楽しい。ディナーでは、まさに大盛りの美学を堪能。
第17回国際美容医学会議 8
学会も3日目になると、業者セミナーが主体。演題は、ほとんどが午前中に集中。レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館は、興味深いものがあった。
第17回国際美容医学会議 7
期せずして、金曜日の昼食にカレーが登場。古いものを残しつつ、現代に溶け込ませる欧州の懐の深さ。ちょっといい加減だったりするが、笑って許せばそれはそれで許せる範囲のイタリア人気質。
第17回国際美容医学会議 6
ヒアルロン酸をはじめとするフィラーのセッションは、基礎医学との積極的な協力の下、興味深い知見が数多く発表されていた。そして、ミラノでサムライを発見する思いもした。
第17回国際美容医学会議 5
仲良し3人組で、ディナーに向かう。ここでもイタリア流大盛りの美学は健在。ナポリの料理は、シーフードが美味い。
第17回国際美容医学会議 4
バスト・グロウの発表は大評判。昼食はまるで懇親会。美容医学の巡回診療車の見学。旧友との再会。
第17回国際美容医学会議 3
ホテル着から、初日のディナー。ヨーロッパでは、レストランの一人飯は、何もおかしなことではないので気が楽。
第17回国際美容医学会議 2
パーティー出席後、急いで成田に。そして大満足のカタール航空。機内食は和食中心で。乗り継ぎもスムースに完了。中東の紛争地域も回避。
第17回国際美容医学会議 1
全ての道はローマに通じると言うがごとく、イタリアを含む地中海地方は、実は多くの美容医学・美容外科の発祥の地。