目頭・目尻の美容整形・美容外科

美容整形・美容外科 南クリニック > 目元の整形,美容外科 > 目頭・目尻の美容整形・美容外科

目頭・目尻の美容整形・美容外科

目頭切開 Medial canthoplasty
目の整形の中でも、目頭切開は、単に目頭の蒙古ひだを切り取って縫い合わせるだけでは、傷が目立つばかりか、確実に後戻りを起こします。
美容外科・美容整形の南クリニックでは、「後戻りしない」「元に戻しやすい」ことが大切だと考えた結果、蒙古ひだの切除はほとんど行わず、皮膚と中の筋肉を自然な位置に移動させることで、傷に無理な力がかかるのを防ぎつつ、確実に効果を出します。実際の切開線による方法の分類としては、トランスポジション法やZ(ゼット)法など、様々な方法を、患者さんの希望や元の状態によって使い分けます。
また、独自の点眼麻酔薬(目薬タイプの麻酔薬)の調合と、クリーム麻酔により、麻酔時の痛みを、ほとんど感じることがありません。

 

目頭切開修正術 Revision of medial canthoplasty
目頭切開を行った後、元に戻したい場合や形を変えたい場合、さらにもっと目頭を中央に寄せたい場合などにも対応できます。また、傷の修正などもご相談ください。手術による方法だけでなく、中には注射による改善が見込める場合もあります。

 

目尻切開 Lateral canthoplasty
目尻切開で、目を目尻側(外側)に大きくする(長くする)ことや、たれ目やツリ目を作成することも可能です。
また、目の形は周辺の骨格や脂肪などの付き方によっても変化しますので、それらの修正によって、形を変化させることも可能です。ただし、目尻に関しては、その解剖学的特性から、直接、目尻を切開しないほうが良い場合もあり、その周辺の処置によって、形を変化させることを優先することもあります。
具体的には、頬骨(目じりの下)を削ればタレ目に、頬を高くするために脂肪注入したり、頬骨の上(目じりの下)にヒアルロン酸や脂肪などを注入すれば、ツリ目になります。
どの方法が自分に向いているかは、初診時にしっかりとご相談ください。

 

たれ目(垂れ目)形成術 Lateral canthoplasty(down)
美容外科と美容整形の南クリニックの垂れ目(たれ目)形成は、眼元の表面を切らずに行います。
表面を切開しないため、当日から洗顔やメークが可能です。また、腫れや内出血は非常に稀で、しかも自然な涙袋が少し形成されます。

 


目頭・目尻の美容整形・美容外科関連ページ

目の下のくま 経結膜眼窩脂肪除去
目の下のクマの改善法としては、形によるものと、色によるものでは、対処法が異なる。
目頭・目尻の美容整形・美容外科
目頭切開は、単に切り取る方法では、傷や後戻りのリスクが高い。目尻の切開については、傷や後戻りの問題があるため、希望の形によっては、他の方法で目的を達成することを考慮することがある。
二重瞼・上瞼の美容整形
埋没法から、眼瞼下垂修正術・挙筋腱膜短縮術を応用した目の開きを大きくする手術まで、二重瞼の手術と一言で言っても、たくさんのメニューから選択できる。