目の下のくま 経結膜眼窩脂肪除去

美容整形・美容外科 南クリニック > 目元の整形,美容外科 > 目の下のくま 経結膜眼窩脂肪除去

目の下のくま 経結膜眼窩脂肪除去

目の下のくま(クマ)の原因は、大きく分けて、

1)下瞼の形
2)色

の2つの要素があります。

 

下瞼の形については、下瞼の脂肪の盛り上がりと、頬の脂肪の下がりの2つの要素があります。
下瞼の脂肪については、表面に全く傷を付けずに、まぶたの裏から脂肪を取り去ることで改善できます。手術直後から、洗顔やメイクも通常どうり可能な、画期的な方法です。また、頬の脂肪については、シルエットリフトで改善できますが、比較的若い年齢の方の場合、まぶたの裏から脂肪を取り去ることで、劇的な改善が望めます。

 
Before




After

どうしても、メスを使うのがイヤな方は、脂肪増殖注射で凹みを埋めてしまうのも一つの方法です。

 

2)下瞼の色については、小じわによる光の乱反射が作る、茶色のものと、目頭から斜めに、ほほに向けて伸びる、赤紫や紫色のものがあります。これらについては、金の糸美容術が非常に有効です。
金の糸 美容 術は、純度99.99%の純金の糸を皮下に挿入し、皮膚を活性化します。純金の糸の周囲には、コラーゲン繊維が大量に増生し、皮膚が若返り、厚みを増すことで、しわやたるみが改善します。個人差はありますが、金の糸で約10歳若い皮膚がよみがえります。
特に、これまで決め手のなかった、赤黒い色によるくまが、約1ヶ月すると、みるみる薄くなっていくのが実感できます。
金とは言っても、どうしても異物の挿入に抵抗のある方は、WPRPF皮膚再生療法をお奨めします。


目の下のくま 経結膜眼窩脂肪除去関連ページ

目の下のくま 経結膜眼窩脂肪除去
目の下のクマの改善法としては、形によるものと、色によるものでは、対処法が異なる。
目頭・目尻の美容整形・美容外科
目頭切開は、単に切り取る方法では、傷や後戻りのリスクが高い。目尻の切開については、傷や後戻りの問題があるため、希望の形によっては、他の方法で目的を達成することを考慮することがある。
二重瞼・上瞼の美容整形
埋没法から、眼瞼下垂修正術・挙筋腱膜短縮術を応用した目の開きを大きくする手術まで、二重瞼の手術と一言で言っても、たくさんのメニューから選択できる。