けが・傷跡への自毛植毛

美容整形・美容外科 南クリニック > 診療内容 > けが・傷跡への自毛植毛

けが・傷跡への自毛植毛

けが・傷跡は、その部分の毛髪が失われるため、周辺に対して目立つ形として残ってしまいます。また、それらの周囲の縫合跡は、縫合糸の締め付けによって、毛根が死滅して無毛化しているケースもあります。けが・傷跡に対して自毛植毛を行うことによって、それらを目立たなくすることができます。過去のフェイスリフトの傷跡や、小耳症の手術跡など、けが・傷跡に対する自毛植毛は、美容外科における自毛植毛の最も得意とするところであると言えます。


けが・傷跡への自毛植毛関連ページ

けが・傷跡への自毛植毛
自毛植毛によって、傷跡が目立たなくなる。
スマート・グラフト自毛植毛について
スマートグラフトは、どの色の髪にも対応でき、さらに、グラフトの採取部位を選ばない。