吸引式パンチ

吸引式パンチ

スマート・グラフトのパンチは回転機能と吸引機能が付いています。この吸引機能がグラフト採取時に、パンチの深さを最小限に止め、同時にグラフトへのダメージを防ぎます。さらに、吸引機能が付いていることにより、採取されたグラフトは瞬時に保存用キャニスターに送られ、そこで摂氏4度・湿度100%に冷却・加湿されます。これらのことで、植毛に適したグラフトの採取と植毛までの保存、さらに、採取(ドナー)部位へのダメージを最小に止め、術後の回復を早くすることができます。

 

punch1.jpgグラフトの採取時に、吸引機能の付いていないパンチを使用した場合、パンチを深く頭皮に押し込む形となます。すると、この図のようにパンチの方向が毛根の方向に沿っていないと、毛根を切断することになり、植毛の生着率を低下させる原因になります。

 

punch2.jpgそれに対して、吸引機能が付いているパンチの場合、グラフト採取に際しては、パンチを軽く頭皮に接触させるだけで、毛根が吸い取られます。パンチを深く押し込む必要がありませんので、毛根の切断を防止でき、植毛成績の向上に役立っています。また、パンチという刃物の挿入深度が浅いため、ドナー部位の頭皮に対するダメージが少なく、回復も早くなりました。

 

follicle_2.jpgまた、パンチの吸引機能は、天然パーマの湾曲した毛根も、その吸引力でまっすぐにしながら採取します。それによって、グラフト内の毛根の切断を防止できます。したがって、縮れた毛髪に対しても、これまでよりも、より細いパンチの使用が可能になっています。

 


吸引式パンチ関連ページ

即時冷却・加湿
冷却と加湿によって、採取したグラフトの毛根のダメージを防止し、細菌の繁殖を防止する。
吸引式パンチ
吸引式パンチによる、パンチ挿入深度の浅さは、植毛生着率を向上させ、回復を促進する。
ロボットでないことのメリット
グラフト採取にロボットを使用しないメリットは、ドナー部位への白髪の集積を防ぎ、部位を選ばずグラフトを採取できること。さらに、刈込の範囲を小さくできる。
世界最小・最軽量のハンドピース
スマート・グラフトの特徴としては、まず、その小型で軽量化されたハンドピースを挙...
スマート・グラフト
患者さんにとって、多くのメリットがあるスマートグラフトによる自毛植毛。