腕の強力脂肪溶解注射 2

美容整形

腕の強力脂肪溶解注射 2

二の腕の強力脂肪溶解注射を受けたモニターさんです。二の腕に合計4か所(上腕上部・中部の各左右)を注射して約3か月目の記録(症例写真)になります。腋の部分には注射していませんので、腕を下ろしたときには大きな効果を見ることはできませんが、腕の太さそのものはかなりの減量となっています。以前にも記事に書きましたが、年齢とともに下がってくる脇の下の脂肪は、腕を下ろして横に持ってきたときに、腕の脂肪を押し出す働きをするため、腕を太く見せてしまう大きな要素です。また、腕には脂肪があまりないのに、腕を下ろしたときに太くなる原因でもあります。しかし、こちらのモニターさんは、術前の状態では、腕自体にかなりの脂肪がありますので、腕の強力脂肪溶解注射で、かなりの効果を獲得できた状態です。
 
2010_0705_235002AA.JPG 2010_1009_220758AA.JPG
 

最近、よく尋ねられるのですが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射はどう違うのでしょう?普通の脂肪溶解注射の場合には、効果を出すためには、同じ箇所に最低でも3回の注射が必要です。通常は、クリニック側からは5回セットだとか、6回セットでのオファーになっていると思います。しかし、当院の強力脂肪溶解注射の場合には、普通の脂肪溶解注射の3回から5回の効果が、1回の注射で獲得できるという違いがあります。これは、私の腹部の脂肪に対して注射を行って実証済みです。では、強力脂肪溶解注射は、どうしてこのような強力な効果があるのかということになります。これは、偏に薬剤の種類とその配合の違いです。このことに関しては、企業秘密的なことになりますので、何をどれくらいの量で配合しているなどということは申し上げられません。しかし、メインになる薬剤に加えて、その薬剤がしっかりと脂肪細胞に到達するように、補助的な薬剤を混ぜているということは言うことができます。この補助的な薬剤によって、強力脂肪溶解注射は、メインになる薬剤が脂肪細胞に到達して脂肪細胞を効率よく破壊することになり、その効果を強力に発揮するのです。
 
2010_0705_235012AA.JPG 2010_1009_220739AA.JPG
 
一般論なのですが、脂肪溶解注射には2つのメインになるストリームがあります。それは効果による分類なのですが、一つは脂肪細胞を小さくして皮下脂肪層の厚みを薄くする脂肪溶解注射、もう一つは脂肪細胞を破壊して脂肪細胞の数を少なくすることで皮下脂肪層を薄くする脂肪溶解注射です。
脂肪細胞を小さくする脂肪溶解注射には、脂肪の代謝を助ける薬剤が入っています。具体的にはアミノフィリン、アーティチョークエキス、L-カルニチンなどです。これにアドレナリンを混合して、脂肪細胞の代謝を高め、脂肪細胞の中の中性脂肪の消費を増やし、脂肪細胞を小さくするというものです。カーボメッドという器械を使用する方法も、脂肪細胞を小さくする方法です。このカーボメッドという器械は、二酸化炭素(炭酸ガス)を皮下脂肪層に送り込む器械です。これで、なぜ脂肪細胞が小さくなるのかというと、人間の体の仕組みの上で、局所の二酸化炭素濃度が高くなると、毛細血管に血液を流し込む、細動脈という細い動脈が開き、局所の血行がよくなる(血流が多くなる)ため、水分や余分な物質を洗い流すと同時に、細胞の代謝に必要な酸素やアドレナリンなどの物質の、脂肪細胞への供給が増加するからです。つまりカーボメッドは、脂肪細胞の代謝を助けてやることで脂肪細胞を小さくし、細胞と細胞の間にある余分なものを取り去ることで、脂肪層を薄くするのです。つまり、エステで「揉み出し」などともっともらしく宣伝されている方法と、なんら変わりないのです。
 
2010_0705_235024AA.JPG 2010_1009_220706AA.JPG
 
このように、脂肪細胞を小さくすることで皮下脂肪層の厚みを薄くする方法は、一見、理にかなった方法であるという風に感じることでしょう。しかし、この方法の場合、その効果の持続性に大きな問題があります。脂肪細胞の数が減少しているわけではありませんから、一度太ってしまえば、元の体重に戻ったとしても、術前の状態と同じ状態に戻ってしまうのです。また、その部分の皮下脂肪層が分厚くなってしまった原因は放置されているのですから、術後に一時的に脂肪層の厚みが減少し、その後に太らなかったとしても、早晩、元の状態に戻ってしまうのは時間の問題です。このようなことから、医療機関で行う脂肪溶解注射は、脂肪細胞を小さくするという脂肪溶解注射ではなく、脂肪細胞を破壊して脂肪細胞の数を減少させるものであるべきと考えます。
 
2010_0705_235037AA.JPG 2010_1009_220716AA.JPG
 
脂肪細胞を破壊することで皮下脂肪層の厚みを薄くする脂肪溶解注射ですが、これにも大きく分けて2つの種類があります。一つは薬剤の細胞に対する作用そのものを利用する方法、もう一つは、浸透圧を利用して細胞を破壊する方法です。これらの2つの脂肪溶解注射は、ほぼ同時に発表されています。したがって、「どちらの歴史が古い」だとか、「どちらが最新である」と言うことはありません。薬剤の作用そのものを利用する方法は、国際美容形成外科学会の公式雑誌である、Aesthetic Plastic Surgeryの2003年11月号に掲載された、Dr.パトリシア リッテス(Patricia Guedes Rittes,M.D)氏の論文が有名です。そして、浸透圧を利用する方法は、アメリカ美容形成外科学科の公式雑誌、Aesthetic Surgery Journalの2002年11月号に掲載された、Dr. スティーヴンMホフリン( Steven M Hoefflin,M.D.)氏の論文がおそらく最初でしょう。これらの論文の発表時期には約1年のずれがありますが、新しい論文が発表されるまでには、発表症例の術後経過観察期間が必要ですので、最初に脂肪溶解注射が行われた時期は、ほぼ同じだろうと考えられます。
 
2010_0705_235057AA.JPG 2010_1009_220728AA.JPG
 
薬剤の作用そのものを利用する方法は、今や有名になったフォスファチヂル・コリンを皮下脂層に注射します。最初にこの方法が発表された後、各国のAesthetic Medicine(美容医学)の学会の中で、いろいろな形で改良が進められました。そして現在では、フスファチヂル・コリン単体ではなく、それに脂肪を燃焼させるための薬剤として、L-カルニチンやアミノフィリンなどを混合して使用する方法が、一般的となりました。燃焼させる薬剤を混合することで、フォスファチヂル・コリンで破壊する脂肪細胞の分だけでなく、残った細胞もその中の中性脂肪を燃焼させ、外見上の効果を大きくしようという発想です。悪い言葉で言うと、脂肪細胞を破壊した以上の効果を、外見上は短期間の間水増ししようとしているものです。現在、普通の脂肪溶解注射と言われているものは、この注射のことです。
 
2010_0705_235110AA.JPG 2010_1009_220906AA.JPG
 
これに対して浸透圧を利用する脂肪溶解注射とは、体液の浸透圧よりも、浸透圧が低い溶液を皮下脂肪に注射する方法です。浸透圧が低い溶液を皮下脂肪層に注射すると、脂肪細胞の中に水分が流入し、細胞の大きさがどんどん大きくなります。そして、最終的には細胞膜の弾力性が細胞の膨張に追いつかなくなり、細胞膜が破裂して脂肪細胞が死滅するという原理です。ちょうど、風船の中に空気を大量に送り込むと、そのうち限界を超えて破裂するというのと同じです。しかし細胞には、すぐには破裂しないように、入ってきた水分を細胞の外に排出する機能が備わっています。細胞膜に存在する、H2Oポンプと呼ばれるものです。このポンプは、カルシウムイオンの存在下でなければ働きません。そこで、この注射にはカルシウム・ブロッカーと言う薬剤が入っています。つまり、水を外に出さないようにして、細胞の中にできるだけたくさんの水を貯めていくのです。その他の細胞膜に存在するポンプには、ナトリウムポンプ(細胞内に入ってきたナトリウムを外に出す)・カリウムポンプ(細胞の中にカリウムを入れる)などがあります。細胞の中に水分を出来るだけたくさん取り込んで、細胞を膨張させることがこの方法の趣旨ですから、細胞内にたくさん含まれているカリウムも成分中に含まれています。さらに、脂肪細胞が壊れてそこから流出した中性脂肪を水溶化し、早く局所から取り去るために、アルコールが添加されています。原法では、この低浸透圧溶液を注射した後に、超音波でキャビテーションを起こさせることになっています。しかし、この方法では効果が弱いため、最近では、前述のフスファチヂル・コリンを添加するクリニックが増えています。
 
2010_0705_235118AA.JPG 2010_1009_220850AA.JPG
 
このように、現在の脂肪溶解注射では、フォスファチヂル・コリンという薬が大活躍しています。では、フォスファチヂル・コリンとは、いったいどんな薬なんでしょうか?
分子構造的には、リン脂質というものに分類されます。リンの元素を持った脂肪の一種です。脂肪溶解注射なのに脂肪を注射するとは、何だか変な感じがするかもしれません。しかし、このリン脂質と言うのは、普通の脂肪とは違い、脂肪を水に溶けやすくする働きがあります。通常、脂肪細胞の中にある中性脂肪は油の一種ですので、水には溶けません。しかし、このフォスファチヂル・コリンを加えると、水に溶けるようになるのです。身近なものに例えれば、石鹸のようなものです。また、脂肪細胞に限らず、細胞の外側の膜である細胞膜は、分子量が比較的大きな脂肪の分子が縦に並んだ構造をしています。フォスファチヂル・コリンは、この細胞膜の脂肪にも作用し、水に溶けやすくすることで脂肪細胞を壊れやすくする働きもあります。つまり、脂肪細胞の膜を弱くして壊れやすくし、脂肪細胞の中に入り込んでそこにある中性脂肪を水溶化し、さらに脂肪細胞が壊れて漏れてきた中性脂肪も水溶化することで、リンパ流や血流に乗ってそこから除去されやすくするのです。
 
2010_0705_235502AA.JPG 2010_1009_221001AA.JPG
 
このように、脂肪溶解注射には非常に便利なフォスファチヂル・コリンですが、薬剤、特に注射液として一つの欠点があります。それは、純粋な状態では水に溶けない、つまり水溶液にならないことです。水に溶けないフォスファチヂル・コリンを無理に水に溶かそうとすると(水溶液にしようとすると)、白く濁った状態になって、コロイドと言う状態になります。コロイドとは、水に溶けずに、分子が水などの溶媒の中に浮遊している状態のことです。溶けずに浮遊しているだけですので、それを放置しておくとビンの底面に沈殿するか、液面に層状になって集まってしまいます。このようなフォスファチヂル・コリンを、濃度を一定にして注射するためには、しっかりとかき混ぜればいいのですが、注射器の中でも沈殿を始めてしまいますので、最初のほうに注射した注射液と、最後の方に注射した注射液とでは濃度が違ってきてしまいます。そこで、フォスファチヂル・コリンの製剤は、フォスファチヂル・コリンを水に溶けやすくするために、ある物質を加えているのです。それが、デオキシ・コール酸です。デオキシコール酸は、フォスファチヂル・コリンの分子にくっついて、水に溶けやすくする性質を持っています。実はこのデオキシ・コール酸は、胆汁の中に含まれている物質です。胆汁の中に含まれているのは、食物の中の油脂成分を水に溶けやすくするためです。当然、リン脂質の一種であるフォスファチヂル・コリンも水に溶けやすくするのです。
 
2010_0705_235511AA.JPG 2010_1009_220940AA.JPG
 


腕の強力脂肪溶解注射 2関連ページ

その他の強力脂肪溶解注射
色々な部分の強力脂肪溶解注射のモニター症例写真集。太ももや腰、膝など。
皮下脂肪の垂れ下がりがある腹部の強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射は、層を変えて注射することと、その成分の配合を変化させることで、たるみの治療も可能。急激な肥満は、皮膚を伸ばしてしまって、たるみの原因になり、それに対して、強力脂肪溶解注射は、皮下組織の脆弱化を修正することで、たるみを減少させるが、たるみの存在する部分だけでなく、その周辺を含めた広い範囲で行うことが大切。
徹底的にお腹回りを強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射が強力である理由は、薬剤の配合に違いがあるため。脂肪溶解注射の効果を考えるとき、局所での薬液の物理的動態を深く考察する必要があり、その効果を高めるには、薬剤へのエピネフリンの添加と、細胞間に脂肪溶解成分が十分に行き渡ることが大切。つまり、脂肪溶解注射の液が、広がった上で、そこの場所に留まっていることが大切。
下腹部に強力脂肪溶解注射
脂肪細胞以外の脂肪組織構成成分である、繊維質の多い脂肪組織でも、強力脂肪溶解注射なら効果的。脂肪由来幹細胞が多い場所は、ダイエットに反応しにくく、妊娠・出産は、ホルモンが下腹部や腰回りの幹細胞に働き、脂肪組織を増加させる。
強力脂肪溶解注射 肩から二の腕
欧米でよく効く脂肪溶解注射が日本人に効かない理由は、脂肪組織が脂肪細胞のみでできているのではなく、細胞外マトリックスが存在し、日本人の脂肪組織には、その細胞外マトリックスが多いため。脂肪組織の構造の違う欧米人向けの改良の方向性を変更し、脂肪溶解注射を日本人のために改良して出来上がったのが、強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 3
腋や背中の脂肪の減量も、二の腕を細くするには効果的。腕が年々太くなる原因の一つは、皮膚のタルミも大きな要素。皮膚の余りに対する対処法*アームリフト*プラズマリポ*イントラセル。いろんな要素で腕が太く見えるようになるのだが、その根幹はやはり、脂肪層の厚さによる。「運動で皮膚が引き締まる」というのは、大きな誤解。引き締まったように見えるだけ。
腕の強力脂肪溶解注射 2
細胞外マトリックスを通りぬけて、脂肪細胞にしっかりと、脂肪組織を破壊する薬剤が到達することが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射の違いと言える。脂肪細胞を小さくするだけの脂肪溶解注射やカーボメッドは、エステのマッサージと何の変りもない。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 2
ブーツを履きはじめる秋と、脚の露出が増えてくる春は、ふくらはぎを細くしたいという需要が増加する。足首に関しては、脂肪溶解注射の効果が出るまでの期間が長い。強力脂肪溶解注射で遊離した脂肪由来幹細胞は、皮膚に対しても修復力を発揮し、フォスファチヂルコリンの肝臓に対する作用と相俟って、美肌効果を出す。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 1
皮下脂肪でふくらはぎが太いのか、筋肉で太いのか、原因に合わせて対処したほうが、より良い治療が可能。むくみは、放置すると脂肪になる。むくみ防止には、圧迫の効いたストッキングや、減塩とカリウム摂取を増加させる食物の摂取が有効。
膝周辺の強力脂肪溶解注射
膝周辺の脂肪の沈着は、年齢とともに増してくるのだが、意外と見落とされがちな美脚ポイントである。脂肪組織は、脂肪細胞だけでなく、細胞外マトリックスも重要な構造物で、それを無視してきたがために、改良がうまく行かなかった。細胞外マトリックスの膜を通過して、脂肪細胞により多くの脂肪溶解成分が到達できるようにしたのが、当院の強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 1
腕の太さは、たるみが関与している場合が多い。腕を横に下した状態では、たるみの治療と腋の脂肪除去を同時に行うことが、よりよい結果を生み出す。普通の脂肪溶解注射の場合には、たるみに対しては無効。腕を細くするための強力脂肪溶解注射で、より大きな効果を得たい場合には、腋や肩の部分まで、広い範囲で注射を行う必要がある。
強力脂肪溶解注射の長期経過(太もも+ヒップ)
当院の強力脂肪溶解注射は、8年の長期効果を確認している。脂肪溶解注射の中でも、脂肪細胞を小さくするだけの注射は、1年もすれば元に戻っている。高周波を使用する機器の場合、逆に脂肪組織の再生を助けてしまうことがある。どんな脂肪溶解・脂肪融解法であっても、細胞外マトリックスである、脂肪細胞を包んでいる膜に対して働かないと、元に戻ってしまうことになる。
強力脂肪溶解注射・太もも30か所
脂肪溶解注射は、メソセラピーから分かれた、皮下脂肪減量に特化した注射。セルライト治療の過程で発見された脂肪溶解成分が、フォスファチヂル・コリン。フォスファチヂル・コリン単体ではなく、デオキシコール酸を混合した脂肪溶解注射の方が、効果が大きい。
強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向
脂肪溶解注射は、その元は慢性疼痛管理を主体とした伝統的なメソセラピーで、始まりはセルライト除去から。主成分はフォスファチヂル・コリンだが、海外での患者自身による自己注射で重大な副作用が多発し、海外の通販サイトは、在庫処分で日本をターゲットにしたため、日本でも副作用が多発した。自己注射の副作用で治療を受ける際には、健康保険での診療はできない。
強力脂肪溶解注射(太もも外側と膝周囲)
強力脂肪溶解注射は、軽い脂肪吸引並みの効果が期待できる。脂肪溶解注射の効果は、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンを、どれだけ効率よく脂肪細胞に届けるかということで差がつく。脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、そのまま尿や便として排泄されるわけではなく、肝臓での代謝産物として排泄される。
太ももの上方をくるりと一周、強力脂肪溶解注射
ジーンズのサイズ合わせで困らないように、太ももの強力脂肪溶解注射。脂肪溶解注射は全身的な肥満ではなく、部分痩せのための注射である。体型のアンバランスは、脂肪細胞の分布のアンバランス。肥満と脂肪細胞の再生、そして脂肪肝に至るまで。強力脂肪溶解注射で脂肪由来幹細胞が全身にばらまかれ、肌や持病の改善もみられることがある。
長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)
燃焼系脂肪溶解注射と、破壊系脂肪溶解注射の違い。強力脂肪溶解注射後の生活制限は、特にない。術後、強烈な反応が出る場合には、時間がかかっても、通常よりも大きな効果が望める。
強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも
強力脂肪溶解注射の、術後の状態。腫れ、痛み、変色(赤みや内出血)などについて。強力脂肪溶解注射は、1か所に付き、注射は1回で、効果が出るのも早い。そして実は、強力脂肪溶解注射は、トータルで考えると、通常の脂肪溶解注射と比べて、非常にお得。本当に痛い時期には、麻酔薬が作用しているので痛くない
強力脂肪溶解注射 太もも1
無理なダイエットは、老化を促進する。南クリニックの強力脂肪溶解注射は、おまけ付き。美肌に対するおまけと、体調改善にも効果として、持病の病状が改善に向かうことも、理論的にはあり得る話。しかし、あくまでも強力脂肪溶解注射のおまけと考えておくべき。
太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース
脂肪溶解注射を受けたら、ダイエットまではしないにしても、体重維持は必要。脂肪溶解注射でバストアップすることも、可能性としてはある。凸凹にならないのが、脂肪溶解注射の利点の一つ。ヒップが垂れ下がらない方法もある。太ももの内側は、意外と他人からは気になっていない。脂肪吸引後の凸凹を、脂肪溶解注射で治療できる。
強力脂肪溶解注射 太もも2
強力脂肪溶解注射は、処置期間が短く効果が出るのも早い。費用的にも、強力脂肪溶解注射は、その効果を考えるとかなりお得。ウルトラアクセント1回分の効果は、強力脂肪溶解注射の半分以下で、効果が大きな順では、強力脂肪溶解注射>>ウルトラアクセント>普通の脂肪溶解注射、となる。
太ももに強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射の効果は、脂肪吸引並み?太ももをより細く見せるための、脂肪溶解注射の処置ポイントは、ヒップと太ももの、微妙な関係に配慮して、ふとももの外側を攻めること。スカートを穿いたときに、太ももを細く見せたいなら、膝周りは特に重要。セルライトは、浅い層を脂肪溶解注射で攻める。