腕の強力脂肪溶解注射 3

美容整形

腕の強力脂肪溶解注射 3

二の腕および、背中から腋にかけで、強力脂肪溶解注射を他の症例同様1回のみ、注射を受けたモニターさんです。夏に「ノースリーブを着た時に、腕が出せるように」との希望で、処置を受けました。年齢的には30歳を過ぎているのですが、その場合、腕だけではなく、腋や背中にも脂肪が沈着している場合を多く見かけます。その場合、腕を水平に挙げたり、手を腰に当てて腋を開いた場合には、そんなに太い腕との感じはなくても、腕を下した途端、腕の幅が大きく膨れて、横から見ると太い腕に変わってしまいます。特に腕の肩に近い部分が太く膨れてしまい、長袖のブラウスを着用すれば目立たないが、長袖のスリムフィットのT-シャツや、半袖・ノースリーブを着用すると、途端にたくましく変身してしまう状態になります。これは、腋や背中の脂肪が、腕の脂肪を横向きに押し出してしまうからです。したがって、その場合には、より大きな効果を狙うとすれば、腕の脂肪と同時に、わきの下と背中の脂肪を減少させる必要があります。
 
2011_0115_230753AA.JPG 2011_0417_021104AA.JPG
 

また、このような現象(手を腰に当てて、腋を開いた状態では細いが、気を付けをすると、途端に太い腕になる現象)は、年齢とともに大きくなってきます。若いころにはもっと体重があった、あるいは若いころと体重は変わらないというのに、最近腕が太くなってきた気がするというのは、まさにこの理由によるものです。では、どうして加齢とともに、このような現象が強く出るようになってくるのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。その中で主なものは、次の3つになります。一つ目は皮膚のたるみ。2つ目は脂肪の下方向への移動(下垂)。3つ目は脂肪の質の変化です。
 
2011_0115_230801AA.JPG 2011_0417_021113AA.JPG
 
1つ目の皮膚のたるみについてですが、これは、ジャケットやコートの袖を思い出していただくと分かりやすいでしょう。袖周りのゆったりしたジャケットやコートは、横から見ると腕の部分が太く見えます。逆に、袖周りがタイトなものは、横から見ても腕は細いままです。これらと同じことが人体にも言えます。皮膚のたるみがある状態は、袖周りのゆったりとしたジャケットやコートと同じ状態なのです。そうすると、腕を気を付けの姿勢におろしたときには、容易に脂肪が腕の前後に押し出され、腕を太く見せます。逆に、皮膚のたるみがない状態だと、脂肪が押し出される余裕があまりないため、腕の前後幅はあまり変化せず、腕を体の両側に下しても、腕は細いままなのです。当然、脂肪溶解注射では皮膚のたるみを大きく改善させることはできません。しかし、押し出される脂肪を減少させることができますので、腕の太さの改善に役立つのです。
 
2011_0115_230809AA.JPG 2011_0417_021134AA.JPG
 
次に2つめの脂肪の移動についてです。人間の脂肪は皮膚とともに、加齢によって下に下がってきます。これは、筋肉の上にある筋膜から真皮にかけて、脂肪組織内を網目状につながっている繊維状の組織が、年齢とともにゆるんでくるからです。この組織がゆるむと、脂肪は支えを失うのと同じ状況になり、皮膚とともに体の上から下方向へと移動してしまいます。この移動が腋や背中に発生すると、ちょうど腕の脂肪と体幹の間に入ってしまう形となり、腕の脂肪を前後に押し出してしまうのです。特に、後方へ押し出すことが多いようです。つまり、腋の脂肪は元々腋の奥深くに格納されていたのですが、それを支える繊維が緩んで伸びてしまうことによって、下の方にはみ出してきて、それが、ちょうど腋の間に挟まるような形となり、腕の脂肪を前後に押し出してしまうというわけです。
 
2011_0115_230819AA.JPG 2011_0417_021143AA.JPG
 
脂肪の質の変化と言うのが、第3の原因です。この「質の変化」ですが、具体的には硬さを失うということです。脂肪組織は年齢とともに柔らかくなります。柔らかくなるとは、粘凋性を増す~粘り気が多くなるということです。脂肪吸引の手術をたくさん手がけると分かるのですが、若い年代の方ほど、脂肪が「サクサク」と吸引できます。このサクサク感は、粘凋性が少なくてしっかりと脂肪が詰まっていて、ある程度の硬さがないと感じることができません。このような脂肪の状態を皮膚の表面から見ると、「プルプル」といった表現がぴったりです。それに反して年配の方の脂肪は、脂肪吸引の際には「ねっとり」といった感覚で脂肪吸引できます。これは、吸引管の先端に吸い付いた脂肪組織が、吸引管に引っ張られて伸ばされる感覚を伴っています。つまり、粘凋性があり、硬さは減少している状態です。皮膚の表面からの感覚としては、「ペタペタ」という表現でしょう。これらの脂肪組織の質の変化は、前述の「脂肪組織内を網目状につながっている繊維状の組織」が、脂肪組織が成長してから長い年月をかけて増殖した結果、もしくは、それらが肥満によって伸ばされた状態で成熟した結果なのかもしれません。どちらにしても、粘凋性を増して柔らかくなった脂肪組織は、言うまでもなく、腋に挟まれた、下垂してきた脂肪によって容易に押し出され、二の腕を太く見える形に変形させてしまうようになるのです。
 
2011_0115_230845AA.JPG 2011_0417_021218AA.JPG
 
当然のことながら、脂肪組織は脂肪細胞のみで構成されているわけではありません。したがって、3番目の腕が太くなってくる原因の脂肪の質の変化と言うのは、前述のように、2番目の原因である脂肪の下垂の元となる、脂肪組織内を網目状につながっている繊維状の組織が、年齢とともにゆるんでくることとは、密接に関係しています。そして、1番目の原因である皮膚のたるみが、脂肪が押し出されて移動するスペースを提供することで、より腕の太さが強調されてしまうのです。また、若い頃から皮下脂肪を多く貯めこんでおくことによって、その圧力によって皮膚が伸ばされ、年齢とともに出現する皮膚のたるみを作りやすくしてしまうといった側面もあります。つまり、これらの3つの原因は、一つ一つ独立した要素ではなく、お互いに影響し合って相乗的に働き、複雑に絡み合って腕を太くしていくのです。したがって、「私の場合はどれが原因ですか?」と言う質問に対しては、「すべてです。」とお答えするしかありません。
 
2011_0115_230854AA.JPG 2011_0417_021244AA.JPG
 
しかしながら診察をすれば、「私の場合には、どの要素が一番の原因ですか?」という質問にはお答えすることができます。これまでの記述から凡そお分かりかと思いますが、一般的に年齢が若いほど3番目の原因要素が強く働き、年齢が高いほど1番目の原因要素が強く働きます。強力脂肪溶解注射の場合には、1番目の原因要素の皮膚のたるみには無効ですが、2番目の原因である下垂した腋の脂肪と、それによって押し出される腕の脂肪を減少させることができます。また、一般的に脂肪溶解注射が効きにくいとされている繊維が多い脂肪組織にも十分な効果を発揮しますので、3番目の原因についても問題なくクリアできます。このように、当院の強力脂肪溶解注射は皮膚のたるみ以外の原因要素について十分な効果を発揮することで、年齢とともに太くなってきた二の腕に対しても改善が可能になったのです。
 
2011_0115_230903AA.JPG 2011_0417_021234AA.JPG
 
では、皮膚のたるみに対してはどのような治療を行えるのでしょうか?これについても様々な治療法があります。いくつか治療法を列挙すると、アームリフト、表層脂肪吸引、プラズマリポ、イントラセルなどがあります。
これらの中で一番強い効果があるのは、アームリフトです。アームリフトとは、簡単に言うとフェイスリフトの腕版です。余った皮膚を取り除くことが、この手術の本体です。当然ですが、切開します。
次に効果が高いのが表層脂肪吸引とプラズマリポです。しかし表層脂肪吸引は、非常にテクニック的に難しいものがあり、世界的にもこれを行う医師は南米に数名いるだけです。表層脂肪吸引に関しては、1990年代にイタリアのガスパロッチ氏が提唱した脂肪吸引の一つの方法ですが、アメリカに伝わり2000年代にたくさんのトラブルが発生しました。具体的には、皮膚の壊死(皮下血管網の障害が主原因)、修正不能な凹凸(カニューレの選択と手技が主原因)、皮膚のしわ(不均等吸引と術後の管理の不手際が主原因)などです。そして、ついにこの表層脂肪吸引を行う医師は、アメリカ本土にはほとんどいなくなり、絶滅危惧種並みに南米に少数が残るのみとなりました。そこで、当院では表層脂肪吸引よりも安全で効果が高い方法として、プラズマリポを採用しています。プラズマリポの場合には、そのプラズマ光の性質から、皮膚の直下にファイバーを進めても皮膚や皮下血管網へのダメージがなく、しかも強力に皮膚のタイトニング効果を獲得できます。
そして最後にイントラセルなのですが、これは真皮に直接高周波電流を送り込むものです。サーマクールやその他の高周波(RF)機器とは違い、真皮に直接高周波電流を送り込むため、その効果は他の機器よりも相当大きなものとなっています。顔に使用すると、半年かけてニキビ跡やしわ・たるみなどを劇的に改善してくれます。これを腕に使用した場合も、同様に皮膚を引き締める作用を強く発揮し、まったくの無切開で皮膚の余りを改善できます。
 
2011_0115_230937AA.JPG 2011_0417_021314AA.JPG
 
以上のように「腕を細くしたい」と言うとき、何が主原因で腕が太くなっているかを診断することが、より大きな効果を発揮させるためには重要なこととなります。しかし、どれが主原因であっても、根幹をなすところはやはり皮下脂肪の厚みですから、どうしても手術はしたくないという場合には、まず強力脂肪溶解注射を受けることは、理にかなっているわけです。その場合、30歳を超えたら腋の脂肪のことも担当医によく相談した方がいいでしょう。この腋の脂肪は運動やダイエットでは、なかなか効果が得られません。なぜなら前述のように、太ったためについた脂肪ではなく、腋の中に格納されていた脂肪が、下がってきた(移動してきた)脂肪だからです。またこの部分は、運動をするときに使用する筋肉がありません、前方には大胸筋、後方には僧帽筋がありますが、わきの下そのものの位置には筋肉がないのです。したがって、運動によってこの部分の脂肪をなくすということは、体重を維持したままであればほぼ不可能と言うことになります。一昔前までは、この部分の脂肪をとるには脂肪吸引しか方法がなく、普通の脂肪溶解注射も、ご存じのとおり効果が期待できませんでした。しかし、当院の強力脂肪溶解注射なら、しっかりと効果を出すことができます。
 
2011_0115_230953AA.JPG 2011_0417_021325AA.JPG
 
腕に限らず、ボディーの皮膚のたるみを運動して引き締めるといった、間違った知識が蔓延しています。はっきり言って、運動や筋トレでは皮膚は引き締まりません。これはあくまでも、「皮膚が引き締まったかのように見える」ということです。運動や筋トレをすると筋肉が太くなります。また、筋肉の近くの脂肪が燃焼して、脂肪組織のサイズが小さくなります。筋肉は脂肪組織よりも硬いので、筋肉が太くなり脂肪層が薄くなると、触った感じとしては腕が硬くなり、ぽちゃぽちゃした感じが少なくなります。これが皮膚が引き締まったように見える原因です。しかし、腕の太さそのものは変化せず、場合によっては筋肉がついた分、計測上は腕が太くなります。また、皮膚は全く縮んではいませんので、腕が太くならなかった場合には、皮膚のたるみはそのままで、まったく効果がありません。このような無駄な努力をするのではなく、腕を細くしたいという場合には、脂肪吸引やアームリフトなどの手術的な方法をとるか、強力脂肪溶解注射を受ける方が、早く確実な解決法となります。
 
2011_0115_231155AA.JPG


腕の強力脂肪溶解注射 3関連ページ

その他の強力脂肪溶解注射
色々な部分の強力脂肪溶解注射のモニター症例写真集。太ももや腰、膝など。
皮下脂肪の垂れ下がりがある腹部の強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射は、層を変えて注射することと、その成分の配合を変化させることで、たるみの治療も可能。急激な肥満は、皮膚を伸ばしてしまって、たるみの原因になり、それに対して、強力脂肪溶解注射は、皮下組織の脆弱化を修正することで、たるみを減少させるが、たるみの存在する部分だけでなく、その周辺を含めた広い範囲で行うことが大切。
徹底的にお腹回りを強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射が強力である理由は、薬剤の配合に違いがあるため。脂肪溶解注射の効果を考えるとき、局所での薬液の物理的動態を深く考察する必要があり、その効果を高めるには、薬剤へのエピネフリンの添加と、細胞間に脂肪溶解成分が十分に行き渡ることが大切。つまり、脂肪溶解注射の液が、広がった上で、そこの場所に留まっていることが大切。
下腹部に強力脂肪溶解注射
脂肪細胞以外の脂肪組織構成成分である、繊維質の多い脂肪組織でも、強力脂肪溶解注射なら効果的。脂肪由来幹細胞が多い場所は、ダイエットに反応しにくく、妊娠・出産は、ホルモンが下腹部や腰回りの幹細胞に働き、脂肪組織を増加させる。
強力脂肪溶解注射 肩から二の腕
欧米でよく効く脂肪溶解注射が日本人に効かない理由は、脂肪組織が脂肪細胞のみでできているのではなく、細胞外マトリックスが存在し、日本人の脂肪組織には、その細胞外マトリックスが多いため。脂肪組織の構造の違う欧米人向けの改良の方向性を変更し、脂肪溶解注射を日本人のために改良して出来上がったのが、強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 3
腋や背中の脂肪の減量も、二の腕を細くするには効果的。腕が年々太くなる原因の一つは、皮膚のタルミも大きな要素。皮膚の余りに対する対処法*アームリフト*プラズマリポ*イントラセル。いろんな要素で腕が太く見えるようになるのだが、その根幹はやはり、脂肪層の厚さによる。「運動で皮膚が引き締まる」というのは、大きな誤解。引き締まったように見えるだけ。
腕の強力脂肪溶解注射 2
細胞外マトリックスを通りぬけて、脂肪細胞にしっかりと、脂肪組織を破壊する薬剤が到達することが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射の違いと言える。脂肪細胞を小さくするだけの脂肪溶解注射やカーボメッドは、エステのマッサージと何の変りもない。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 2
ブーツを履きはじめる秋と、脚の露出が増えてくる春は、ふくらはぎを細くしたいという需要が増加する。足首に関しては、脂肪溶解注射の効果が出るまでの期間が長い。強力脂肪溶解注射で遊離した脂肪由来幹細胞は、皮膚に対しても修復力を発揮し、フォスファチヂルコリンの肝臓に対する作用と相俟って、美肌効果を出す。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 1
皮下脂肪でふくらはぎが太いのか、筋肉で太いのか、原因に合わせて対処したほうが、より良い治療が可能。むくみは、放置すると脂肪になる。むくみ防止には、圧迫の効いたストッキングや、減塩とカリウム摂取を増加させる食物の摂取が有効。
膝周辺の強力脂肪溶解注射
膝周辺の脂肪の沈着は、年齢とともに増してくるのだが、意外と見落とされがちな美脚ポイントである。脂肪組織は、脂肪細胞だけでなく、細胞外マトリックスも重要な構造物で、それを無視してきたがために、改良がうまく行かなかった。細胞外マトリックスの膜を通過して、脂肪細胞により多くの脂肪溶解成分が到達できるようにしたのが、当院の強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 1
腕の太さは、たるみが関与している場合が多い。腕を横に下した状態では、たるみの治療と腋の脂肪除去を同時に行うことが、よりよい結果を生み出す。普通の脂肪溶解注射の場合には、たるみに対しては無効。腕を細くするための強力脂肪溶解注射で、より大きな効果を得たい場合には、腋や肩の部分まで、広い範囲で注射を行う必要がある。
強力脂肪溶解注射の長期経過(太もも+ヒップ)
当院の強力脂肪溶解注射は、8年の長期効果を確認している。脂肪溶解注射の中でも、脂肪細胞を小さくするだけの注射は、1年もすれば元に戻っている。高周波を使用する機器の場合、逆に脂肪組織の再生を助けてしまうことがある。どんな脂肪溶解・脂肪融解法であっても、細胞外マトリックスである、脂肪細胞を包んでいる膜に対して働かないと、元に戻ってしまうことになる。
強力脂肪溶解注射・太もも30か所
脂肪溶解注射は、メソセラピーから分かれた、皮下脂肪減量に特化した注射。セルライト治療の過程で発見された脂肪溶解成分が、フォスファチヂル・コリン。フォスファチヂル・コリン単体ではなく、デオキシコール酸を混合した脂肪溶解注射の方が、効果が大きい。
強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向
脂肪溶解注射は、その元は慢性疼痛管理を主体とした伝統的なメソセラピーで、始まりはセルライト除去から。主成分はフォスファチヂル・コリンだが、海外での患者自身による自己注射で重大な副作用が多発し、海外の通販サイトは、在庫処分で日本をターゲットにしたため、日本でも副作用が多発した。自己注射の副作用で治療を受ける際には、健康保険での診療はできない。
強力脂肪溶解注射(太もも外側と膝周囲)
強力脂肪溶解注射は、軽い脂肪吸引並みの効果が期待できる。脂肪溶解注射の効果は、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンを、どれだけ効率よく脂肪細胞に届けるかということで差がつく。脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、そのまま尿や便として排泄されるわけではなく、肝臓での代謝産物として排泄される。
太ももの上方をくるりと一周、強力脂肪溶解注射
ジーンズのサイズ合わせで困らないように、太ももの強力脂肪溶解注射。脂肪溶解注射は全身的な肥満ではなく、部分痩せのための注射である。体型のアンバランスは、脂肪細胞の分布のアンバランス。肥満と脂肪細胞の再生、そして脂肪肝に至るまで。強力脂肪溶解注射で脂肪由来幹細胞が全身にばらまかれ、肌や持病の改善もみられることがある。
長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)
燃焼系脂肪溶解注射と、破壊系脂肪溶解注射の違い。強力脂肪溶解注射後の生活制限は、特にない。術後、強烈な反応が出る場合には、時間がかかっても、通常よりも大きな効果が望める。
強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも
強力脂肪溶解注射の、術後の状態。腫れ、痛み、変色(赤みや内出血)などについて。強力脂肪溶解注射は、1か所に付き、注射は1回で、効果が出るのも早い。そして実は、強力脂肪溶解注射は、トータルで考えると、通常の脂肪溶解注射と比べて、非常にお得。本当に痛い時期には、麻酔薬が作用しているので痛くない
強力脂肪溶解注射 太もも1
無理なダイエットは、老化を促進する。南クリニックの強力脂肪溶解注射は、おまけ付き。美肌に対するおまけと、体調改善にも効果として、持病の病状が改善に向かうことも、理論的にはあり得る話。しかし、あくまでも強力脂肪溶解注射のおまけと考えておくべき。
太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース
脂肪溶解注射を受けたら、ダイエットまではしないにしても、体重維持は必要。脂肪溶解注射でバストアップすることも、可能性としてはある。凸凹にならないのが、脂肪溶解注射の利点の一つ。ヒップが垂れ下がらない方法もある。太ももの内側は、意外と他人からは気になっていない。脂肪吸引後の凸凹を、脂肪溶解注射で治療できる。
強力脂肪溶解注射 太もも2
強力脂肪溶解注射は、処置期間が短く効果が出るのも早い。費用的にも、強力脂肪溶解注射は、その効果を考えるとかなりお得。ウルトラアクセント1回分の効果は、強力脂肪溶解注射の半分以下で、効果が大きな順では、強力脂肪溶解注射>>ウルトラアクセント>普通の脂肪溶解注射、となる。
太ももに強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射の効果は、脂肪吸引並み?太ももをより細く見せるための、脂肪溶解注射の処置ポイントは、ヒップと太ももの、微妙な関係に配慮して、ふとももの外側を攻めること。スカートを穿いたときに、太ももを細く見せたいなら、膝周りは特に重要。セルライトは、浅い層を脂肪溶解注射で攻める。