太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 強力脂肪溶解注射の症例写真 > 太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース

太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース

強力脂肪溶解注射の、ヒップから膝周りにかけてのフルコース、合計20か所を2回に分けて行いました。当然、同じ場所の処置は1回のみです。
強力脂肪溶解注射は、1か所1回の処置で、およそ100gの皮下脂肪が無くなるといった感じです。したがって、10か所なら1kg、20か所なら2kgの皮下脂肪がなくなるわけですから、こちらのモニターさんは、合計2kgの皮下脂肪が無くなった計算です。したがって、術前よりも2kg、体重が減少している状態が、処置を受けていない場所のサイズが術前のままで、処置を受けた場所のサイズがダウンしている状態です。
脂肪溶解注射は、脂肪吸引同様、局所の脂肪を溶かすもので、体重を減少させるものではありませんので、少なくとも、術前の体重の維持は必要です。注射したところが細くなったからと言って、あまりに気を抜いて、体重のコントロールを怠ると、処置を受けていないところが、無残に肉付きがよくなってしまうこともありますので、ご注意ください。
 
2010_0526_032136AA.JPG 2010_0724_025400AA.JPG
 

こちらのモニターさんは、術後の体重管理もしっかりとされていて、強力脂肪溶解注射の効果についても、非常に満足されていました。では、術後に体重が増えてしまった方は、どのような具合なのでしょう?これまで2人ほど、術後に体重を4kg程度増加させてしまった患者さんがいました。二人とも、太ももに強力脂肪溶解注射を受けた患者さんなのですが、太ももは未だ、術前よりもすっきりとしています。しかし、ウエストのサイズがUPして、今度は腹部の脂肪溶解注射を希望していました。当然、私としては、術後の体重コントロールの必要性を、再度説明しました。しかし、一つ、いいこともあったそうです。それは、胸が少し大きくなったとのこと。つまり、下半身についていた皮下脂肪の分が、バストにシフトしたと考えられるのです。
理論的には、バストを除いて、全身の脂肪溶解注射を次々と行うと、当然、バストの脂肪のみが大きくなって、バストのサイズアップにつながります。しかし、強力脂肪溶解注射は、安全性を考慮すると、1日に10か所までしかできないため、この方法のバストアップは、あまり現実的とは言えないと思われます。
 
2010_0526_032223AA.JPG 2010_0724_025519AA.JPG
 
「強力」脂肪溶解注射と言うと、「凸凹になってしまうことはないか?」「えぐれてしまうことはないか?」といった質問を受けることがあります。答えは「絶対にあり得ません」と言えます。
当院の脂肪溶解注射は、他の所でも書きましたが、脂肪組織によくしみ込むため、一か所の注射部位からでも、十分に周囲に拡散します。当然、注射針の先端の部分にたくさんの溶液が存在して、そこが一番、脂肪溶解作用が強いのですが、そこを中心として、その周囲には、同心円状に薬剤濃度が少しづつ低くなっていく円形の区域ができます。脂肪吸引のように、カニューレが通ったところだけ、脂肪が無くなると言うのとは全く違います。
また、脂肪吸引との違いは、神経や血管に対するダメージが、比べ物にならないほど少ないということでしょう。たしかに、針を使用する限りは、ダメージがまったくないと言えば、ウソになります。しかし、脂肪吸引のように、3mmや4mmのカニューレが、脂肪層の中を通過していくのとはわけが違います。したがって、内出血や術後の痛みも少ないのです。
 
2010_0526_032210AA.JPG 2010_0724_025423AA.JPG
 
太ももの後、つまり、ヒップの下の脂肪をつまんで、「ここの脂肪を取ってください」と言ってくる患者さんがいます。その場合、私がいつもアドバイスするのは、「その上の、ヒップの脂肪も取らないと、ヒップが下がりますよ」ということです。理由は、ヒップの下で「支え」になっていた脂肪がなくなることで、その上のヒップが下のほうにシフトするためです。そこで、そのシフトする部分、つまり、ヒップの下の部分の脂肪を同時に取ってやると、ヒップの重みがなくなり、支えがなくなっても下に垂れさがらないのです。したがって、太ももの後の脂肪を取る際には、ヒップの下部の脂肪もいっしょに取りましょうということです。これは、脂肪溶解注射でも、プラズマリポや脂肪吸引でも、全ての脂肪除去の方法について言えることです。
しかしながら、太ももの後と言うのは、あまり脂肪が付かないところでもあります。理由は、起立した姿勢や歩行する際には、その部分の筋肉を常に使用しているためです。逆に、太ももの前面は、走るときに、膝を高く挙げるときの筋肉です。したがって、走ることが少ない現代人にとって、脂肪がつきやすいところです。
 
2010_0526_032234AA.JPG 2010_0724_025448AA.JPG
 
太ももとヒップで、脂肪が付きやすい場所は、ヒップの外側から太ももの外側にかけての部分が、かなりの部分を占めています。この部分は、やはり筋肉が乏しい部分です。強いて言うなら、直立態勢で、足を外向きに挙上すると、この部分の筋肉を使用することができます。しかし、このような動きは、バレエを踊るとき以外は、空手の練習でもしない限り、日常生活上非常に稀な動きと言えます。したがって、筋肉が元々乏しい上に、鍛えられることもなく、その上には皮下脂肪がどんどんと沈着するのです。
同様に、膝の内側や太ももの内側も、同じ理由で皮下脂肪が沈着しやすく、しかも、一度付くと、努力しても、なかなか取れないところでもあります。
このような、努力にもかかわらず取れないところこそ、脂肪溶解注射・プラズマリポ・脂肪吸引などの出番と言えるでしょう。
 
2010_0526_032155AA.JPG 2010_0724_025410AA.JPG
 
脚が全体的に太い場合には、どのように対処するかという問題があります。脚全体と言った場合、二つのタイプに分類されます。
一つは、本当に太もも全体にしっかりと皮下脂肪がたっぷり付いていて、正味、太いタイプです。この場合は、本当に太もも全体にわたって、処置を加える必要があります。脂肪溶解注射なら、前面・両側面・後面・膝上・膝内と、全ての部分に注射をする必要があるでしょう。
二つ目は、太ももを太く見せているところがある場合です。このタイプは、その、太ももを太く見せているところを、集中的に攻めれば、全体として見ると、太ももが細く見えると言えます。その中で、一番多い個所は、やはり、太ももの外側です。この部分は、太もものシルエットを決定する部分でもあります。2番目は、太ももの前面です。太ももの内側は、患者さん自身でつまみやすいところなので、気にする方が多いのですが、水着姿以外では、他人から見るとあまり太ももの美しさには影響しないところと言えます。
 
2010_0526_032244AA.JPG 2010_0724_025436AA.JPG
 
脂肪吸引で凸凹になったところは、脂肪溶解注射で修正できるのか?ということですが、それは可能です。ただし、いかに強力脂肪溶解注射でも、1回では無理です。なぜかというと、脂肪吸引を行った脂肪組織は、その中に多量の繊維を含み、薬液の拡散を妨害します。通常の脂肪溶解注射では、この、繊維による妨害によって、まったくと言っていいほど凹凸の修正効果はありません。強力脂肪溶解注射の場合には、薬液の拡散を改良してありますので、ある程度、繊維を通して薬液が拡散します。しかし、脂肪吸引の後は、通常の脂肪組織とは比べ物にならないほど多量の繊維があるため、1回では効果が出にくいのです。特に、取りすぎによる凹凸は、繊維の形成の不均等が凹凸を作っている原因の一つですので、処置回数は増える傾向にあります。
 
2010_0526_032303AA.JPG 2010_0724_025551AA.JPG
 
「太ももを細く見せる」というのではなく、「太ももの周径を細くしたい」と言う場合の、脂肪溶解注射の優先順位というものも存在します。もちろん、一番太い高さの部分(多分、大多数の方は、太ももの付け根の部分だと思いますが)を、一周すれば、周径は細くなります。しかし、効率よく、つまり、「少ない注射個所で、より効果的に」ということを目標にすると、一周の中でも、より効果的な場所と言うものがあるのです。
 
そもそも、人間の太ももは、正円形ではありません。どの高さで横断面を見ても、楕円形になっています。ここで、円と楕円の性質について、少し考えてみましょう。
円の面積は、円周率X半径X半径
円周は、円周率X半径X2
楕円の面積は、円周率X長半径(a)X短半径(b)
楕円の円周は、円周率X√(2(a2+b2))-(a-b)2/2.2
です。ここで問題なのは、同じ面積の楕円の中で、最もその円周を小さくするには、どうしたらよいかということです。答えは、a=b、つまり、真円に近いほど、同じ面積でも円周が小さくなります。
このことを脂肪溶解注射に当てはめてみればいいでしょう。そうすると、断面の中で最も張り出した部分に処置を受けることが、周径のサイズダウンに最も効率がいいわけです。
 
2010_0526_032310AA.JPG 2010_0724_025533AA.JPG


太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース関連ページ

その他の強力脂肪溶解注射
色々な部分の強力脂肪溶解注射のモニター症例写真集。太ももや腰、膝など。
皮下脂肪の垂れ下がりがある腹部の強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射は、層を変えて注射することと、その成分の配合を変化させることで、たるみの治療も可能。急激な肥満は、皮膚を伸ばしてしまって、たるみの原因になり、それに対して、強力脂肪溶解注射は、皮下組織の脆弱化を修正することで、たるみを減少させるが、たるみの存在する部分だけでなく、その周辺を含めた広い範囲で行うことが大切。
徹底的にお腹回りを強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射が強力である理由は、薬剤の配合に違いがあるため。脂肪溶解注射の効果を考えるとき、局所での薬液の物理的動態を深く考察する必要があり、その効果を高めるには、薬剤へのエピネフリンの添加と、細胞間に脂肪溶解成分が十分に行き渡ることが大切。つまり、脂肪溶解注射の液が、広がった上で、そこの場所に留まっていることが大切。
下腹部に強力脂肪溶解注射
脂肪細胞以外の脂肪組織構成成分である、繊維質の多い脂肪組織でも、強力脂肪溶解注射なら効果的。脂肪由来幹細胞が多い場所は、ダイエットに反応しにくく、妊娠・出産は、ホルモンが下腹部や腰回りの幹細胞に働き、脂肪組織を増加させる。
強力脂肪溶解注射 肩から二の腕
欧米でよく効く脂肪溶解注射が日本人に効かない理由は、脂肪組織が脂肪細胞のみでできているのではなく、細胞外マトリックスが存在し、日本人の脂肪組織には、その細胞外マトリックスが多いため。脂肪組織の構造の違う欧米人向けの改良の方向性を変更し、脂肪溶解注射を日本人のために改良して出来上がったのが、強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 3
腋や背中の脂肪の減量も、二の腕を細くするには効果的。腕が年々太くなる原因の一つは、皮膚のタルミも大きな要素。皮膚の余りに対する対処法*アームリフト*プラズマリポ*イントラセル。いろんな要素で腕が太く見えるようになるのだが、その根幹はやはり、脂肪層の厚さによる。「運動で皮膚が引き締まる」というのは、大きな誤解。引き締まったように見えるだけ。
腕の強力脂肪溶解注射 2
細胞外マトリックスを通りぬけて、脂肪細胞にしっかりと、脂肪組織を破壊する薬剤が到達することが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射の違いと言える。脂肪細胞を小さくするだけの脂肪溶解注射やカーボメッドは、エステのマッサージと何の変りもない。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 2
ブーツを履きはじめる秋と、脚の露出が増えてくる春は、ふくらはぎを細くしたいという需要が増加する。足首に関しては、脂肪溶解注射の効果が出るまでの期間が長い。強力脂肪溶解注射で遊離した脂肪由来幹細胞は、皮膚に対しても修復力を発揮し、フォスファチヂルコリンの肝臓に対する作用と相俟って、美肌効果を出す。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 1
皮下脂肪でふくらはぎが太いのか、筋肉で太いのか、原因に合わせて対処したほうが、より良い治療が可能。むくみは、放置すると脂肪になる。むくみ防止には、圧迫の効いたストッキングや、減塩とカリウム摂取を増加させる食物の摂取が有効。
膝周辺の強力脂肪溶解注射
膝周辺の脂肪の沈着は、年齢とともに増してくるのだが、意外と見落とされがちな美脚ポイントである。脂肪組織は、脂肪細胞だけでなく、細胞外マトリックスも重要な構造物で、それを無視してきたがために、改良がうまく行かなかった。細胞外マトリックスの膜を通過して、脂肪細胞により多くの脂肪溶解成分が到達できるようにしたのが、当院の強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 1
腕の太さは、たるみが関与している場合が多い。腕を横に下した状態では、たるみの治療と腋の脂肪除去を同時に行うことが、よりよい結果を生み出す。普通の脂肪溶解注射の場合には、たるみに対しては無効。腕を細くするための強力脂肪溶解注射で、より大きな効果を得たい場合には、腋や肩の部分まで、広い範囲で注射を行う必要がある。
強力脂肪溶解注射の長期経過(太もも+ヒップ)
当院の強力脂肪溶解注射は、8年の長期効果を確認している。脂肪溶解注射の中でも、脂肪細胞を小さくするだけの注射は、1年もすれば元に戻っている。高周波を使用する機器の場合、逆に脂肪組織の再生を助けてしまうことがある。どんな脂肪溶解・脂肪融解法であっても、細胞外マトリックスである、脂肪細胞を包んでいる膜に対して働かないと、元に戻ってしまうことになる。
強力脂肪溶解注射・太もも30か所
脂肪溶解注射は、メソセラピーから分かれた、皮下脂肪減量に特化した注射。セルライト治療の過程で発見された脂肪溶解成分が、フォスファチヂル・コリン。フォスファチヂル・コリン単体ではなく、デオキシコール酸を混合した脂肪溶解注射の方が、効果が大きい。
強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向
脂肪溶解注射は、その元は慢性疼痛管理を主体とした伝統的なメソセラピーで、始まりはセルライト除去から。主成分はフォスファチヂル・コリンだが、海外での患者自身による自己注射で重大な副作用が多発し、海外の通販サイトは、在庫処分で日本をターゲットにしたため、日本でも副作用が多発した。自己注射の副作用で治療を受ける際には、健康保険での診療はできない。
強力脂肪溶解注射(太もも外側と膝周囲)
強力脂肪溶解注射は、軽い脂肪吸引並みの効果が期待できる。脂肪溶解注射の効果は、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンを、どれだけ効率よく脂肪細胞に届けるかということで差がつく。脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、そのまま尿や便として排泄されるわけではなく、肝臓での代謝産物として排泄される。
太ももの上方をくるりと一周、強力脂肪溶解注射
ジーンズのサイズ合わせで困らないように、太ももの強力脂肪溶解注射。脂肪溶解注射は全身的な肥満ではなく、部分痩せのための注射である。体型のアンバランスは、脂肪細胞の分布のアンバランス。肥満と脂肪細胞の再生、そして脂肪肝に至るまで。強力脂肪溶解注射で脂肪由来幹細胞が全身にばらまかれ、肌や持病の改善もみられることがある。
長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)
燃焼系脂肪溶解注射と、破壊系脂肪溶解注射の違い。強力脂肪溶解注射後の生活制限は、特にない。術後、強烈な反応が出る場合には、時間がかかっても、通常よりも大きな効果が望める。
強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも
強力脂肪溶解注射の、術後の状態。腫れ、痛み、変色(赤みや内出血)などについて。強力脂肪溶解注射は、1か所に付き、注射は1回で、効果が出るのも早い。そして実は、強力脂肪溶解注射は、トータルで考えると、通常の脂肪溶解注射と比べて、非常にお得。本当に痛い時期には、麻酔薬が作用しているので痛くない
強力脂肪溶解注射 太もも1
無理なダイエットは、老化を促進する。南クリニックの強力脂肪溶解注射は、おまけ付き。美肌に対するおまけと、体調改善にも効果として、持病の病状が改善に向かうことも、理論的にはあり得る話。しかし、あくまでも強力脂肪溶解注射のおまけと考えておくべき。
太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース
脂肪溶解注射を受けたら、ダイエットまではしないにしても、体重維持は必要。脂肪溶解注射でバストアップすることも、可能性としてはある。凸凹にならないのが、脂肪溶解注射の利点の一つ。ヒップが垂れ下がらない方法もある。太ももの内側は、意外と他人からは気になっていない。脂肪吸引後の凸凹を、脂肪溶解注射で治療できる。
強力脂肪溶解注射 太もも2
強力脂肪溶解注射は、処置期間が短く効果が出るのも早い。費用的にも、強力脂肪溶解注射は、その効果を考えるとかなりお得。ウルトラアクセント1回分の効果は、強力脂肪溶解注射の半分以下で、効果が大きな順では、強力脂肪溶解注射>>ウルトラアクセント>普通の脂肪溶解注射、となる。
太ももに強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射の効果は、脂肪吸引並み?太ももをより細く見せるための、脂肪溶解注射の処置ポイントは、ヒップと太ももの、微妙な関係に配慮して、ふとももの外側を攻めること。スカートを穿いたときに、太ももを細く見せたいなら、膝周りは特に重要。セルライトは、浅い層を脂肪溶解注射で攻める。