強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも

美容整形

強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも

強力脂肪溶解注射Ver7の、太ももとヒップのモニターさんです。
強力脂肪溶解注射ですから、勿論、処置は1回しか行っていません。
強力脂肪溶解注射の術後経過ですが、まず、処置を行った局所の腫れが出ます。腫れといっても、太ももやヒップの場合には、服が入らなくなるほどではありません。また、術後の痛みは、帰宅後に、筋肉痛程度のものが出る程度でしょう。この痛みは、3日から、長い人で1週間程度で、ほぼ無くなります。
 
写真の順番としては、術前・術後1カ月・術後3カ月の順です。
 
2010_0831_032854AA.JPG 2010_0927_220250AA.JPG
 
2010_1206_220718AA.JPG
 

強力脂肪溶解注射の手順は、まず、注射をする部分に、しるしをつけます。
その後、細い針で、一か所について一つだけ、皮膚に麻酔を注射します。この際の針は、30Gと言う太さで、当院では顔にヒアルロン酸を注射する際の、針の太さです。因みに当院では、ボトックスは32Gで注射しています。やはり、針の太さが細いほうが、注射の際の痛みが少ないようです。しかし、ボトックスはサラサラの液体ですから、32Gという、非常に細い、女性の髪の毛と同じくらいの太さの針が使用できるのですが、ヒアルロン酸の場合には、長持ちタイプは濃さが濃いため、ドロドロしているので、30Gという、少しだけ太い針を使用します。太いと言っても、男性のヒゲくらいの太さです。顔面と違って、ボディーの場合には、皮膚が厚いところや、皮膚の性質上、弾力性が高いため、30Gを使用しています。
次に、少し太めの針で、皮膚に穴を開けます。この時には、既に麻酔が効いているので、痛みはありません。皮膚の穴は、1か所に付き1つだけです。
その後、先端が丸い、長い針を使用して、強力脂肪溶解注射を、脂肪層に注入します。先端が丸い針を使用するのは、皮膚の中や筋肉に注射しないようにするためというのが一つ。そして、神経や血管に、できるだけダメージを与えないようにするためというのが、二つ目の理由です。特に血管については、尖った針先を引っ掛けると、内出血の頻度が高率になります。
このように、強力脂肪溶解注射は、1か所に付き1回の注射で終了しますので、たくさんの回数で注射の痛みを我慢する必要がありません。
 
2010_0831_032906AA.JPG 2010_0927_220415AA.JPG
 
2010_1206_220754AA.JPG
 
普通の、他院で行われている脂肪溶解注射は、その効果が出るまでに、同じところの注射を、最低3回は繰り返す必要があります。その注射の間隔は、短いところで約2週間、長いところで約3カ月と、非常に幅があります。注射の効果が出てくるまでは、最終の注射から約1カ月かかります。そして、さらに2カ月で完成です。すると、それらの間隔をもって注射を繰り返し、効果が出てくるまで待機すると、早くて2カ月、遅いと半年以上の時間が必要です。完成するまでには、早くて4カ月、遅いと1年近くかかるということです。
当院の強力脂肪溶解注射は、他院の脂肪溶解注射の3回から5回分を、1回の注射で賄えるものです。したがって、効果が出始めるのに術後1カ月、完成までには約3カ月です。
これらのことから言えるのは、当院の強力脂肪溶解注射は、効果が早いということも、利点の一つと言えます。
 
2010_0831_032928AA.JPG 2010_0927_220405AA.JPG
 
2010_1206_220740AA.JPG
 
写真は、左上から順に、術前・術後1カ月・術後3カ月
 
費用に関しても、強力脂肪溶解注射は、通常の何回も行う脂肪溶解注射よりもお得です。
で比較すると、以下のようになります。
他院での、10cmX10cmの範囲の平均的な治療費は、1回あたり、¥21,000です。この脂肪溶解注射を3回受けたとすると、その合計は¥63,000です。これに、通常は初診料や術後のアフターケアと称して、追加のメニューなどがプラスされるケースが多いようです。5回の場合には合計で¥105,000程度になります。 一方、当院の強力脂肪溶解注射Ver.7の場合、初診料など込の費用が¥52,500です。しかも、3から5回分の効果が1回で出せるため、比較すると、¥12,500(他院で3回)から¥55,000(他院で5回)程度、安いわけです。5回の通常の脂肪溶解注射を受けることを考えると、強力脂肪溶解注射は2回受けてもお釣りが来ます。
目先の費用の表示だけに目を向け、トータルでかかる費用を考えずに、何度も処置を受けるのが賢明とは言えません。賢い人なら、少ない回数の処置で、費用もセーブできる方法を 選択すると思います。
 
2010_0831_032938AA.JPG 2010_0927_220227AA.JPG
 
2010_1206_220637AA.JPG
 
当院の脂肪溶解注射は、なぜ、強力なのかという疑問を持っている方も多いでしょう。これは、裏返すと、なぜ、「脂肪溶解注射は効かない」という噂が経ってしまったのか?ということでもあります。
原因としては、いくつか考えられますが、まず一番大きな原因としては、外国人用(白人用)の注射を、そのまま使用していることです。基本的に、白人の脂肪は繊維質が少なく、その物性からすると非常に脆い状態を呈しています。それに対して日本人を含む東洋人の脂肪組織は、繊維質が多く、白人の脂肪と比較すると、非常に弾力性と粘り気がある状態です。このことは、白人の脂肪吸引を何例か経験すれば、日本人よりも脂肪が採りやすいことで、気がつくはずです。しかし、この脂肪溶解注射は、手技が比較的簡単なため、白人の脂肪吸引の経験がないばかりか、脂肪吸引自体、執刀したことのないドクターたちや、脂肪吸引をスポーツのように激しく行うドクターたちのほうに、先に受け入れられてしまったのです。このような状況が続いたため、患者さんの不満足にも耳を傾けることなく、脂肪溶解注射が改良されることも無く、漫然と行われ続けられ、「脂肪溶解注射は効かない」という噂がたってしまったのです。
日本で最初に脂肪溶解注射を行った当院では、このような脂肪組織の構造上の問題を早くから把握し、脂肪溶解注射の改良に取り組んできました。その結果が、強力脂肪溶解注射として、現在に至るわけです。
 
2010_0831_033003AA.JPG 2010_0927_220159AA.JPG
 
2010_1206_220606AA.JPG
 
そもそも、繊維質が多い東洋人の脂肪は、構造的に、脂肪の隔壁と呼ばれる構造が多いわけです。
脂肪組織は、脂肪細胞だけでできているわけではありません。脂肪細胞が、いくつか集まって、膜に囲まれて、粒を作っています。そして、その粒がまたいくつか集まって、膜に囲まれて、一回り大きな粒を作っています。こういったことが何回も繰り返され、脂肪組織を形成しています。これらの膜の構造がなければ、脂肪細胞は体中を自由に動き回れるため、立っていると、ふくらはぎや足の甲に脂肪が集まってきてしまいます。そうならないのは、これらの膜の構造が、脂肪細胞を一定の個所に留めておく働きをしているからです。この膜の構造を、隔壁と呼びます。
東洋人の脂肪は、この隔壁の構造が、単位体積当たりの脂肪組織に、欧米人よりも多く含まれています。したがって、脂肪溶解注射で脂肪を溶かす薬液を注射しても、十分に脂肪細胞まで到達しないのです。当院の強力脂肪溶解注射は、まさに、この、隔壁構造に注目し、そのデメリットを排除できるような薬剤の配合を実現したものでもあります。
 
2010_0831_033009AA1.JPG 2010_0927_220214AA1.JPG
 
2010_1206_220621AA1.JPG
 
皮下脂肪に、脂肪溶解注射の薬液を注射すると、注射したところはどのような変化をしているのかが、気になりませんか?当院の脂肪溶解注射の場合は、理論的に次のようになっていると思われます。
まず、薬液が注入されると、その薬剤は、脂肪層の中を、上下左右にわたって拡がります。そして、拡がるときに、前回の記事にある、脂肪の隔壁に穴を開けて行きます。その間が約1時間。
そうしながら、脂肪を溶かす成分が、脂肪細胞に接触し、脂肪細胞を破壊していきます。脂肪細胞の破壊は、約24時間余り続きます。
それとともに、破壊された脂肪細胞の残骸や、漏れ出した中性脂肪が、吸収されて行きます。吸収される過程は、以前お伝えした通り、リンパ流と白血球による貪食です。吸収過程は約1カ月続きますが、貪食のために集まってきた白血球が放出した、炎症物質によって未だ腫れがありますので、それがほぼ完全に退いてしまうのが、術後3カ月目というわけです。
 
2010_0831_033022AA.JPG 2010_0927_220329AA.JPG
 
2010_1206_220649AA.JPG
 
脂肪溶解注射の術後に痛みについては、いろいろな噂があり、中には処置を受けるのを非常にためらわせるようなものもあります。
脂肪組織自体は、痛みに対しては比較的鈍感な組織です。注射などの際には、針が皮膚を貫通するときには鋭い痛みを感じるものですが、皮下の脂肪層を通るときには、ほとんど痛みを感じないようになっています。特に、脂肪の塊自体は、ほとんど痛みを感じることはありません。しかし、脂肪組織にも神経は通っています。脂肪組織の中で、神経が通っているのは、それらの脂肪の塊の間にある、比較的太い繊維質の部分です。
当院の強力脂肪溶解注射は、この、比較的太い繊維質の部分にも作用しますので、この有効成分をそのまま注射すると、注射した直後は、非常に大きな痛みを感じます。そこで、当院では、強力脂肪溶解注射には、ちょうど1時間くらいの効力を発揮する、麻酔薬を混合しています。これは、有効成分が繊維質に対して作用している時間が、約1時間だからです。その後は、痛みに対しては鈍感な、脂肪細胞の部分が溶けて行くだけですので、筋肉痛くらいの痛みになり、それもやがて消失してしまいます。
 
2010_0831_033036AA.JPG 2010_0927_220312AA.JPG
 
2010_0927_220312AA.JPG 2010_1206_220704AA.JPG


強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも関連ページ

その他の強力脂肪溶解注射
色々な部分の強力脂肪溶解注射のモニター症例写真集。太ももや腰、膝など。
皮下脂肪の垂れ下がりがある腹部の強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射は、層を変えて注射することと、その成分の配合を変化させることで、たるみの治療も可能。急激な肥満は、皮膚を伸ばしてしまって、たるみの原因になり、それに対して、強力脂肪溶解注射は、皮下組織の脆弱化を修正することで、たるみを減少させるが、たるみの存在する部分だけでなく、その周辺を含めた広い範囲で行うことが大切。
徹底的にお腹回りを強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射が強力である理由は、薬剤の配合に違いがあるため。脂肪溶解注射の効果を考えるとき、局所での薬液の物理的動態を深く考察する必要があり、その効果を高めるには、薬剤へのエピネフリンの添加と、細胞間に脂肪溶解成分が十分に行き渡ることが大切。つまり、脂肪溶解注射の液が、広がった上で、そこの場所に留まっていることが大切。
下腹部に強力脂肪溶解注射
脂肪細胞以外の脂肪組織構成成分である、繊維質の多い脂肪組織でも、強力脂肪溶解注射なら効果的。脂肪由来幹細胞が多い場所は、ダイエットに反応しにくく、妊娠・出産は、ホルモンが下腹部や腰回りの幹細胞に働き、脂肪組織を増加させる。
強力脂肪溶解注射 肩から二の腕
欧米でよく効く脂肪溶解注射が日本人に効かない理由は、脂肪組織が脂肪細胞のみでできているのではなく、細胞外マトリックスが存在し、日本人の脂肪組織には、その細胞外マトリックスが多いため。脂肪組織の構造の違う欧米人向けの改良の方向性を変更し、脂肪溶解注射を日本人のために改良して出来上がったのが、強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 3
腋や背中の脂肪の減量も、二の腕を細くするには効果的。腕が年々太くなる原因の一つは、皮膚のタルミも大きな要素。皮膚の余りに対する対処法*アームリフト*プラズマリポ*イントラセル。いろんな要素で腕が太く見えるようになるのだが、その根幹はやはり、脂肪層の厚さによる。「運動で皮膚が引き締まる」というのは、大きな誤解。引き締まったように見えるだけ。
腕の強力脂肪溶解注射 2
細胞外マトリックスを通りぬけて、脂肪細胞にしっかりと、脂肪組織を破壊する薬剤が到達することが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射の違いと言える。脂肪細胞を小さくするだけの脂肪溶解注射やカーボメッドは、エステのマッサージと何の変りもない。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 2
ブーツを履きはじめる秋と、脚の露出が増えてくる春は、ふくらはぎを細くしたいという需要が増加する。足首に関しては、脂肪溶解注射の効果が出るまでの期間が長い。強力脂肪溶解注射で遊離した脂肪由来幹細胞は、皮膚に対しても修復力を発揮し、フォスファチヂルコリンの肝臓に対する作用と相俟って、美肌効果を出す。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 1
皮下脂肪でふくらはぎが太いのか、筋肉で太いのか、原因に合わせて対処したほうが、より良い治療が可能。むくみは、放置すると脂肪になる。むくみ防止には、圧迫の効いたストッキングや、減塩とカリウム摂取を増加させる食物の摂取が有効。
膝周辺の強力脂肪溶解注射
膝周辺の脂肪の沈着は、年齢とともに増してくるのだが、意外と見落とされがちな美脚ポイントである。脂肪組織は、脂肪細胞だけでなく、細胞外マトリックスも重要な構造物で、それを無視してきたがために、改良がうまく行かなかった。細胞外マトリックスの膜を通過して、脂肪細胞により多くの脂肪溶解成分が到達できるようにしたのが、当院の強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 1
腕の太さは、たるみが関与している場合が多い。腕を横に下した状態では、たるみの治療と腋の脂肪除去を同時に行うことが、よりよい結果を生み出す。普通の脂肪溶解注射の場合には、たるみに対しては無効。腕を細くするための強力脂肪溶解注射で、より大きな効果を得たい場合には、腋や肩の部分まで、広い範囲で注射を行う必要がある。
強力脂肪溶解注射の長期経過(太もも+ヒップ)
当院の強力脂肪溶解注射は、8年の長期効果を確認している。脂肪溶解注射の中でも、脂肪細胞を小さくするだけの注射は、1年もすれば元に戻っている。高周波を使用する機器の場合、逆に脂肪組織の再生を助けてしまうことがある。どんな脂肪溶解・脂肪融解法であっても、細胞外マトリックスである、脂肪細胞を包んでいる膜に対して働かないと、元に戻ってしまうことになる。
強力脂肪溶解注射・太もも30か所
脂肪溶解注射は、メソセラピーから分かれた、皮下脂肪減量に特化した注射。セルライト治療の過程で発見された脂肪溶解成分が、フォスファチヂル・コリン。フォスファチヂル・コリン単体ではなく、デオキシコール酸を混合した脂肪溶解注射の方が、効果が大きい。
強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向
脂肪溶解注射は、その元は慢性疼痛管理を主体とした伝統的なメソセラピーで、始まりはセルライト除去から。主成分はフォスファチヂル・コリンだが、海外での患者自身による自己注射で重大な副作用が多発し、海外の通販サイトは、在庫処分で日本をターゲットにしたため、日本でも副作用が多発した。自己注射の副作用で治療を受ける際には、健康保険での診療はできない。
強力脂肪溶解注射(太もも外側と膝周囲)
強力脂肪溶解注射は、軽い脂肪吸引並みの効果が期待できる。脂肪溶解注射の効果は、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンを、どれだけ効率よく脂肪細胞に届けるかということで差がつく。脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、そのまま尿や便として排泄されるわけではなく、肝臓での代謝産物として排泄される。
太ももの上方をくるりと一周、強力脂肪溶解注射
ジーンズのサイズ合わせで困らないように、太ももの強力脂肪溶解注射。脂肪溶解注射は全身的な肥満ではなく、部分痩せのための注射である。体型のアンバランスは、脂肪細胞の分布のアンバランス。肥満と脂肪細胞の再生、そして脂肪肝に至るまで。強力脂肪溶解注射で脂肪由来幹細胞が全身にばらまかれ、肌や持病の改善もみられることがある。
長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)
燃焼系脂肪溶解注射と、破壊系脂肪溶解注射の違い。強力脂肪溶解注射後の生活制限は、特にない。術後、強烈な反応が出る場合には、時間がかかっても、通常よりも大きな効果が望める。
強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも
強力脂肪溶解注射の、術後の状態。腫れ、痛み、変色(赤みや内出血)などについて。強力脂肪溶解注射は、1か所に付き、注射は1回で、効果が出るのも早い。そして実は、強力脂肪溶解注射は、トータルで考えると、通常の脂肪溶解注射と比べて、非常にお得。本当に痛い時期には、麻酔薬が作用しているので痛くない
強力脂肪溶解注射 太もも1
無理なダイエットは、老化を促進する。南クリニックの強力脂肪溶解注射は、おまけ付き。美肌に対するおまけと、体調改善にも効果として、持病の病状が改善に向かうことも、理論的にはあり得る話。しかし、あくまでも強力脂肪溶解注射のおまけと考えておくべき。
太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース
脂肪溶解注射を受けたら、ダイエットまではしないにしても、体重維持は必要。脂肪溶解注射でバストアップすることも、可能性としてはある。凸凹にならないのが、脂肪溶解注射の利点の一つ。ヒップが垂れ下がらない方法もある。太ももの内側は、意外と他人からは気になっていない。脂肪吸引後の凸凹を、脂肪溶解注射で治療できる。
強力脂肪溶解注射 太もも2
強力脂肪溶解注射は、処置期間が短く効果が出るのも早い。費用的にも、強力脂肪溶解注射は、その効果を考えるとかなりお得。ウルトラアクセント1回分の効果は、強力脂肪溶解注射の半分以下で、効果が大きな順では、強力脂肪溶解注射>>ウルトラアクセント>普通の脂肪溶解注射、となる。
太ももに強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射の効果は、脂肪吸引並み?太ももをより細く見せるための、脂肪溶解注射の処置ポイントは、ヒップと太ももの、微妙な関係に配慮して、ふとももの外側を攻めること。スカートを穿いたときに、太ももを細く見せたいなら、膝周りは特に重要。セルライトは、浅い層を脂肪溶解注射で攻める。