長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 強力脂肪溶解注射の症例写真 > 長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)

長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)

強力脂肪溶解注射を、ヒップと太ももに注射して、約9カ月経過したモニターさんです。強力脂肪溶解注射は、各箇所に付き、1回のみの注射です。
脂肪溶解注射には、大きく分けて、2つのタイプがあります。一つは文字通り、脂肪のみを溶解して、脂肪細胞を小さくする注射、そしてもう一つが、脂肪細胞の集まりである、脂肪組織ごと破壊してしまい、脂肪細胞は消滅してしまう注射です。
当院の強力脂肪溶解注射は、言うまでもなく、後者の脂肪細胞を消滅させてしまうものです。したがって、脂肪溶解注射と言うよりも、正確には脂肪破壊注射といったほうがいいかも知れません。その場合、一度破壊された脂肪は、再びそこに脂肪細胞をつくることは非常に稀で、体重を維持している限りは、処置を受けたところは、脂肪が少ない状態を永久に保つことができます。
しかし前者の、脂肪細胞を小さくするだけの注射の場合には、効果が一時的なものでしかありません。つまり、体重を維持していても、小さくなっただけの脂肪細胞が、再びその中に中性脂肪を蓄えて、元のサイズへと戻っていきます。
脂肪細胞は、余ったカロリーを中性脂肪という形でその中に貯蔵する、いわゆるカロリーのタンクの役割を担っています。通常の脂肪溶解注射は、タンクの中身を減少させるのが多いのですが、当院の強力脂肪溶解注射は、タンクごと破壊してしまって、貯蔵するところをなくしてしまいます。
 
2010_0419_060605AA.JPG 2011_0104_050032AA.JPG
 

余分な皮下脂肪を取り去る方法としては、当院では、脂肪吸引、プラズマリポ、脂肪溶解注射があります。それぞれ、特徴がありますが、脂肪溶解注射の利点と言えば、術後の生活制限がほとんどないことです。
注射を受けた当日は、どうしても、入浴はシャワーのみにしていただいています。しかし、翌日からは、浴槽に入っていただいても全く構いません。ただし、長湯は腫れを助長しますので、あまりお勧めできません。飲酒についてですが、やはり、長湯と同様に、腫れを助長しますので、できれば術後1週間、控えていただいたほうが得策かと思います。激しいスポーツに関しても同様です。しかし、長湯にしても、飲酒・スポーツにしても、一時的な腫れの問題のみで、それが、最終的な注射の効果を左右するものではありません。その他の生活制限については、特に制限がありませんので、この、強力脂肪溶解注射は、比較的手軽に受けていただけるものと考えています。
 
2010_0419_060628AA.JPG 2011_0104_050041AA.JPG
 
再び、強力脂肪溶解注射の術後の経過についてです。当院の強力脂肪溶解注射を受けた後の、実際の患部の経過ですが、以下のようになります。
まず、注射の処置直後から翌日にかけて、局所にむくみや腫れなどが出現してきます。また、多少の内出血も発生してきます。術後3日目になると、腫れやむくみは次第に退き始めます。しかし、この腫れに退きについては、ゆっくりと退いてきますので、腫れが出ると目立つ部分(顔面など)は、腫れが退いてしまったと感じるまでに、約2週間を要する場合があります。
この腫れが退いてしまってからが、破壊された脂肪細胞の吸収が、本格的に始まるのです。したがって、少し注射の効果を感じ始めるのに、術後約1カ月の期間が必要となります。そこから、約3カ月かけて、破壊された脂肪はゆっくりと吸収され、少しづつ効果が出現してきます。
以上が、当院の強力脂肪溶解注射の、平均的な術後経過となります。しかし、やはり人体の薬物に対する反応は、患者さん全員が一律と言うわけにはいきません。中には、次回の記事のように、強烈な反応を示し、効果の出現までの経過が平均的ではない方もいます。
 
2010_0419_060645AA.JPG 2011_0104_050050AA.JPG
 
注射に対して、強烈な反応を示してしまう方の場合には、やはり、初期の腫れや内出血などの症状が強く出ます。そして、その反応が比較的長く続き、注射した個所が硬く変化します。その間、術後約2週間から4週間。その後、3から6カ月かけて、硬く変化したところも柔らかくなり、本当の効果が表れてきます。
症例数延べ約1000人を超えた当院の強力脂肪溶解注射ですが、このような強烈な反応を起こす方は、確率的には、およそ2%弱と言ったところです。つまり、50人に一人。
このような症状に見舞われた方は、たしかに注射した初期の段階では、腫れが強いし、なかなか退かないといった、不安かつ困難な状況になります。しかし、術後の長期経過を観察すると、通常の経過を辿った方よりも、効果が強力に出現する傾向があります。考えてみればこれは当然のことで、薬剤に対する反応が強烈であるということ、即ち、脂肪が大量に溶けてなくなっているということだからです。このような、注射に対して強烈な反応を示すかどうかと言うことは、残念ながら、術前に知ることができるような検査などが、ありません。したがって、もし、このような強烈な反応に当たってしまった場合には、腫れなどの症状を抑える対症療法を行いつつ、経過を観察します。そして、効果は通常よりも強力に出現するのだということを期待して、体重維持を心がけつつ、時間とともに症状の軽快を待機していただいています。
 
2010_0419_060700AA.JPG 2011_0104_050100AA.JPG
 
脂肪溶解注射には、実は2種類のものがあるのをご存知でしょうか?
一つは、脂肪細胞そのものは破壊せず、脂肪細胞の一つ一つを小さくする注射です。これは、脂肪細胞から脂肪を外に出してしまったり、代謝を亢進させて、脂肪細胞のサイズを小さくします。
もうひとつは、脂肪細胞そのものを破壊し、脂肪組織全体としてサイズを小さくする注射です。脂肪細胞を死滅させて、その残骸が吸収されるのを待ちます。当院の強力脂肪溶解注射は、この、破壊系の脂肪溶解注射の強力版です。
簡単に言うと、前者は燃焼系の脂肪溶解注射、後者は破壊系の脂肪溶解注射ということができます。では、どちらのほうがいいのかということですが、効果の持続の事を考えれば、破壊系の注射のほうがいいということになります。その効果は、ほぼ永久ということができるからです。
それは、脂肪細胞の数は、成人した後には大きく変化することがないからです。一度破壊されて、なくなってしまった脂肪細胞は、それが再生するためには、一般的には体重の25%近くの増加を必要とすると言われています。体重が50kgの人は62kgに、40kgの人は50kgにならないと、再生しないのです。しかし、考えてみれば、10kgの体重増加というのは、女性にとっては悪夢に近いものではないでしょうか?普通は、その前に、ダイエットを開始することでしょう。
 
2010_0419_060723AA.JPG 2011_0104_050106AA.JPG
 
もともとの体重の25%近く肥満した時の脂肪の再生は、当院の強力脂肪溶解注射や脂肪吸引などで脂肪を無くした所だけではありません。全身の脂肪組織に及びます。つまり、おなかの処置を受けて、その部分の脂肪を減らしたとします。そこから体重の25%肥満し、お腹の脂肪組織の中の、脂肪細胞の数が元に戻るほど再生したとします。すると、処置を受けていない太ももや二の腕など、お腹以外のところの脂肪細胞も、増加してしまうのです。
 
2010_0419_060750AA.JPG 2011_0104_050128AA.JPG
 
20年くらい前までは、「脂肪細胞の数は、4歳くらいまでは増加するが、その後は増えない。」と言われてきました。そしてその後、10年くらい前から、「脂肪組織は思春期が終わると増えない。」つまり、「幼児期と思春期に、脂肪細胞の数が増加する。」というのが定説になりました。しかし、近年、再生医療の研究が進歩し、脂肪組織由来の幹細胞の研究が盛んになると、「脂肪細胞は増やそうと思えば一生、増やすことができる」ということが分かったのです。では、「どうすれば脂肪細胞の数を増やすことができるのか?」ということですが、もちろん、脂肪組織の中の幹細胞を使用して、それをある一定の環境下で培養すれば、脂肪細胞に変化して、増殖させることができます。しかし、ここで問題なのは、人体の中で脂肪細胞の数を増やすには、どうすればいいかということです。それは、やはり体重を増加させることです。
 
2010_0419_060808AA.JPG 2011_0104_050137AA.JPG
 
体重を増加させるといっても、ある程度までであれば、脂肪細胞の数は増加することはなく、一つ一つの細胞が、その細胞質に中性脂肪をたくさん貯留させることで大きくなって、脂肪組織の体積を増加させるに過ぎません。しかし、体重の25%といった具合の、大きな体重増加に遭遇すると、脂肪細胞の集まりである脂肪組織の中にある、脂肪組織由来幹細胞が分化と増殖を開始して、脂肪細胞の数を増加させます。脂肪細胞を、中性脂肪を蓄えるためのタンクであると考えると、もともと存在するタンクがすべて満杯になった後に、タンクが増設されるということです。
つまり、「激太り」すると、脂肪細胞の数は、どの年齢であっても、増加してしまうということです。逆に言うと、そのような高度の体重増加がなければ、一度減少させた脂肪細胞の数は、増加することはないのです。
このような、脂肪細胞の数の増加は、強力脂肪溶解注射や脂肪吸引などで脂肪を減少させた箇所だけに起こる現象ではありません。全身に対して、平等に発生します。中性脂肪貯蔵タンクは、全身に平等に配置されるというわけです。したがって、体重を元に戻せば、どんなに肥満した後であっても、脂肪を減少させる処置を受けた後の状態を取り戻すことができます。しかし、貯蔵タンクである脂肪細胞の数が増加していますので、太りやすくなっている可能性は否定できません。脂肪吸引や強力脂肪溶解注射を受けた後でも、安心して体重維持をおろそかにしないほうがいいのは、このためです。
 
2010_0419_060816AA.JPG 2011_0104_050147AA.JPG


長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)関連ページ

その他の強力脂肪溶解注射
色々な部分の強力脂肪溶解注射のモニター症例写真集。太ももや腰、膝など。
皮下脂肪の垂れ下がりがある腹部の強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射は、層を変えて注射することと、その成分の配合を変化させることで、たるみの治療も可能。急激な肥満は、皮膚を伸ばしてしまって、たるみの原因になり、それに対して、強力脂肪溶解注射は、皮下組織の脆弱化を修正することで、たるみを減少させるが、たるみの存在する部分だけでなく、その周辺を含めた広い範囲で行うことが大切。
徹底的にお腹回りを強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射が強力である理由は、薬剤の配合に違いがあるため。脂肪溶解注射の効果を考えるとき、局所での薬液の物理的動態を深く考察する必要があり、その効果を高めるには、薬剤へのエピネフリンの添加と、細胞間に脂肪溶解成分が十分に行き渡ることが大切。つまり、脂肪溶解注射の液が、広がった上で、そこの場所に留まっていることが大切。
下腹部に強力脂肪溶解注射
脂肪細胞以外の脂肪組織構成成分である、繊維質の多い脂肪組織でも、強力脂肪溶解注射なら効果的。脂肪由来幹細胞が多い場所は、ダイエットに反応しにくく、妊娠・出産は、ホルモンが下腹部や腰回りの幹細胞に働き、脂肪組織を増加させる。
強力脂肪溶解注射 肩から二の腕
欧米でよく効く脂肪溶解注射が日本人に効かない理由は、脂肪組織が脂肪細胞のみでできているのではなく、細胞外マトリックスが存在し、日本人の脂肪組織には、その細胞外マトリックスが多いため。脂肪組織の構造の違う欧米人向けの改良の方向性を変更し、脂肪溶解注射を日本人のために改良して出来上がったのが、強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 3
腋や背中の脂肪の減量も、二の腕を細くするには効果的。腕が年々太くなる原因の一つは、皮膚のタルミも大きな要素。皮膚の余りに対する対処法*アームリフト*プラズマリポ*イントラセル。いろんな要素で腕が太く見えるようになるのだが、その根幹はやはり、脂肪層の厚さによる。「運動で皮膚が引き締まる」というのは、大きな誤解。引き締まったように見えるだけ。
腕の強力脂肪溶解注射 2
細胞外マトリックスを通りぬけて、脂肪細胞にしっかりと、脂肪組織を破壊する薬剤が到達することが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射の違いと言える。脂肪細胞を小さくするだけの脂肪溶解注射やカーボメッドは、エステのマッサージと何の変りもない。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 2
ブーツを履きはじめる秋と、脚の露出が増えてくる春は、ふくらはぎを細くしたいという需要が増加する。足首に関しては、脂肪溶解注射の効果が出るまでの期間が長い。強力脂肪溶解注射で遊離した脂肪由来幹細胞は、皮膚に対しても修復力を発揮し、フォスファチヂルコリンの肝臓に対する作用と相俟って、美肌効果を出す。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 1
皮下脂肪でふくらはぎが太いのか、筋肉で太いのか、原因に合わせて対処したほうが、より良い治療が可能。むくみは、放置すると脂肪になる。むくみ防止には、圧迫の効いたストッキングや、減塩とカリウム摂取を増加させる食物の摂取が有効。
膝周辺の強力脂肪溶解注射
膝周辺の脂肪の沈着は、年齢とともに増してくるのだが、意外と見落とされがちな美脚ポイントである。脂肪組織は、脂肪細胞だけでなく、細胞外マトリックスも重要な構造物で、それを無視してきたがために、改良がうまく行かなかった。細胞外マトリックスの膜を通過して、脂肪細胞により多くの脂肪溶解成分が到達できるようにしたのが、当院の強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 1
腕の太さは、たるみが関与している場合が多い。腕を横に下した状態では、たるみの治療と腋の脂肪除去を同時に行うことが、よりよい結果を生み出す。普通の脂肪溶解注射の場合には、たるみに対しては無効。腕を細くするための強力脂肪溶解注射で、より大きな効果を得たい場合には、腋や肩の部分まで、広い範囲で注射を行う必要がある。
強力脂肪溶解注射の長期経過(太もも+ヒップ)
当院の強力脂肪溶解注射は、8年の長期効果を確認している。脂肪溶解注射の中でも、脂肪細胞を小さくするだけの注射は、1年もすれば元に戻っている。高周波を使用する機器の場合、逆に脂肪組織の再生を助けてしまうことがある。どんな脂肪溶解・脂肪融解法であっても、細胞外マトリックスである、脂肪細胞を包んでいる膜に対して働かないと、元に戻ってしまうことになる。
強力脂肪溶解注射・太もも30か所
脂肪溶解注射は、メソセラピーから分かれた、皮下脂肪減量に特化した注射。セルライト治療の過程で発見された脂肪溶解成分が、フォスファチヂル・コリン。フォスファチヂル・コリン単体ではなく、デオキシコール酸を混合した脂肪溶解注射の方が、効果が大きい。
強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向
脂肪溶解注射は、その元は慢性疼痛管理を主体とした伝統的なメソセラピーで、始まりはセルライト除去から。主成分はフォスファチヂル・コリンだが、海外での患者自身による自己注射で重大な副作用が多発し、海外の通販サイトは、在庫処分で日本をターゲットにしたため、日本でも副作用が多発した。自己注射の副作用で治療を受ける際には、健康保険での診療はできない。
強力脂肪溶解注射(太もも外側と膝周囲)
強力脂肪溶解注射は、軽い脂肪吸引並みの効果が期待できる。脂肪溶解注射の効果は、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンを、どれだけ効率よく脂肪細胞に届けるかということで差がつく。脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、そのまま尿や便として排泄されるわけではなく、肝臓での代謝産物として排泄される。
太ももの上方をくるりと一周、強力脂肪溶解注射
ジーンズのサイズ合わせで困らないように、太ももの強力脂肪溶解注射。脂肪溶解注射は全身的な肥満ではなく、部分痩せのための注射である。体型のアンバランスは、脂肪細胞の分布のアンバランス。肥満と脂肪細胞の再生、そして脂肪肝に至るまで。強力脂肪溶解注射で脂肪由来幹細胞が全身にばらまかれ、肌や持病の改善もみられることがある。
長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)
燃焼系脂肪溶解注射と、破壊系脂肪溶解注射の違い。強力脂肪溶解注射後の生活制限は、特にない。術後、強烈な反応が出る場合には、時間がかかっても、通常よりも大きな効果が望める。
強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも
強力脂肪溶解注射の、術後の状態。腫れ、痛み、変色(赤みや内出血)などについて。強力脂肪溶解注射は、1か所に付き、注射は1回で、効果が出るのも早い。そして実は、強力脂肪溶解注射は、トータルで考えると、通常の脂肪溶解注射と比べて、非常にお得。本当に痛い時期には、麻酔薬が作用しているので痛くない
強力脂肪溶解注射 太もも1
無理なダイエットは、老化を促進する。南クリニックの強力脂肪溶解注射は、おまけ付き。美肌に対するおまけと、体調改善にも効果として、持病の病状が改善に向かうことも、理論的にはあり得る話。しかし、あくまでも強力脂肪溶解注射のおまけと考えておくべき。
太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース
脂肪溶解注射を受けたら、ダイエットまではしないにしても、体重維持は必要。脂肪溶解注射でバストアップすることも、可能性としてはある。凸凹にならないのが、脂肪溶解注射の利点の一つ。ヒップが垂れ下がらない方法もある。太ももの内側は、意外と他人からは気になっていない。脂肪吸引後の凸凹を、脂肪溶解注射で治療できる。
強力脂肪溶解注射 太もも2
強力脂肪溶解注射は、処置期間が短く効果が出るのも早い。費用的にも、強力脂肪溶解注射は、その効果を考えるとかなりお得。ウルトラアクセント1回分の効果は、強力脂肪溶解注射の半分以下で、効果が大きな順では、強力脂肪溶解注射>>ウルトラアクセント>普通の脂肪溶解注射、となる。
太ももに強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射の効果は、脂肪吸引並み?太ももをより細く見せるための、脂肪溶解注射の処置ポイントは、ヒップと太ももの、微妙な関係に配慮して、ふとももの外側を攻めること。スカートを穿いたときに、太ももを細く見せたいなら、膝周りは特に重要。セルライトは、浅い層を脂肪溶解注射で攻める。

コメント(3)

太ももの間に隙間ができていますね。
うらやましい!!!

お注射でも結構効果があるんですね。

うらやましい限りの、太ももの隙間です。
つくづくやりたい衝動にかられちゃいます。