強力脂肪溶解注射 肩から二の腕

美容整形

強力脂肪溶解注射 肩から二の腕

当院の強力脂肪溶解注射の「強力」たる理由についてですが、これは、皮下脂肪組織を「単なる油の塊」と捉えるのではなく、細胞とそれを支えて形を作っている細胞間物質(細胞間マトリックス)の複合体であると捉えるところから始まっています。
 
2011_1029_170132AA.JPG 2012_0128_173353AA.JPG
 
皮下脂肪組織は、脂肪細胞のみでできているのではなく、脂肪細胞と細胞間マトリックスでできているということです。脂肪溶解注射は、脂肪細胞だけではなく、最初にこの細胞間マトリックスに作用して、それを透過するような薬剤を含んでいないと、効果が低いといえます。それは、脂肪組織の構造として、脂肪細胞が5~8個ずつ、細胞間マトリックスの膜によって包まれて粒として存在するからです。そして実際は、それがまた5~8個ずつ細胞間マトリックスの膜で包まれ、またそれが5~8個ずつ・・・といった具合に、何回もこういった構造が繰り返されて構成されているのが脂肪組織だからです。したがって、脂肪細胞を溶かす薬剤のみを注射しても、その薬剤は細胞間マトリックスの膜に邪魔されてしまい、脂肪細胞に到達するのは、そのほんの一部であるということができるのです。そこで、脂肪を溶解する薬剤であるフォスファチヂル・コリンが、この細胞間マトリックスを通過しやすくするための薬剤を添加する必要があるというわけです。そして、細胞間マトリックスを最大限に通過しやすくする薬剤を含んでいるのが、当院の強力脂肪溶解注射なのです。
 

ところで、「脂肪溶解注射は効果がない」という噂が駆け巡っていた時期があります。今でもそのように考えている方も多いようです。しかし、このことこそ、その効果がない原因が、主に前述の細胞間マトリックスの作用によるものなのです。
 
2011_1029_170148AA.JPG 2012_0128_173418AA.JPG
 
欧米での、フォスファチヂル・コリン製剤単剤を注射する、いわゆるクラシックな脂肪溶解注射の研究では、脂肪溶解注射はきちんと効果がでており、その評価は非常に高いものがあります。しかし、本邦においては、このクラシックな脂肪溶解注射の評価が非常に低いのです。それにはいくつかの原因があります。一つは、脂肪溶解注射の術後の経過です。
脂肪溶解注射の術後には、軽度の腫れや赤みなど、ある程度のダウンタイムを伴います。特に軽度の腫れについては、脂肪組織の体積が増加し、それが消褪するまでの期間が存在するため、脂肪溶解注射の効果が少しでも分かるようになるためには、少なくとも1か月の期間が必要です。しかし、このクラッシックな脂肪溶解注射は、1回目の注射の後、2週間のインターバルで次の注射を行うようになっています。そうすると、1回目の注射による腫れがまだ残っているのに2回目の注射を行うことになり、それがまた腫れを作ってしまうということで、皮下脂肪層が減少したという実感を得るのはまだ先のことになってしまいます。さらに、3回目の注射も、2回目の注射の後、2週間目に注射することになりますので、皮下脂肪層の減少と言う実感は、さらに先です。このようなプロトコールで行われる脂肪溶解注射は、その本当の効果が得られるためには、初回の注射を受ける治療開始時から数えると、約半年もの時間がかかるということになります。このように、約半年もの時間をかけての治療と言うのは、結果を急ぎたがる日本人の患者さんには不向きであるといえます。治療を開始して半年もの月日がたった時には、自分の術前の皮下脂肪の厚みを忘れているということも言えるでしょう。その結果、「脂肪溶解注射は効果がない」という噂がたってしまったのです。当院の強力脂肪溶解注射の場合には、注射処置は1回のみでしかも効果が強力ですので、術後1か月が経過した時点で、ある程度の効果を出すことができます。したがって、「脂肪溶解注射は効果がない」と思っていた方でも、「強力脂肪溶解注射は効果がある」と言う風におっしゃっています。
 
2つめの原因としては、日本人と欧米人の皮下脂肪組織の違いから、日本人の皮下脂肪には、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンの作用が弱いということです。
 
2011_1029_170200AA.JPG 2012_0128_173437AA.JPG
 
欧米人の脂肪吸引をしていると脂肪組織の硬さなどが日本人を含む東洋人と非常に大きな差があることが分かります。実際には、欧米人の脂肪組織のほうが、東洋人の脂肪組織よりも柔らかく、弾力性と粘り気がないということが分かります。そして、脂肪吸引で取り出した脂肪組織を比較してみると、脂肪細胞を集めて粒を構成している膜が、欧米人のほうが東洋人と比較して薄く、しかも少ないということがわかります。つまり、日本人の脂肪組織は、たくさんの膜によって細かく区切られており、それが脂肪吸引で取り出された脂肪組織の弾力性や粘り気を創出しているといえます。つまり、日本人の脂肪組織は細胞間マトリックスが多く、それが脂肪溶解注射の主成分であるフォスファチヂル・コリンの脂肪細胞への接触を妨害しているということが考えられます。このことから、欧米人にはよく効く脂肪溶解注射も、日本人にはその効果が弱く、これが「脂肪溶解注射は効かない」という噂の元になっているといえます。
当院の強力脂肪溶解注射は、この細胞間マトリックスに作用する薬剤をフォスファチヂル・コリンに添加することで、フォスファチヂル・コリンの脂肪細胞への接触を増やし、オリジナルの脂肪溶解注射が欧米人によく効くという効果以上の効果を、日本人の患者さんで得ることができています。
 
現在、日本国内で行われている他院での脂肪溶解注射は、同じ個所に対して、約2週間から1か月おきに、最低でも3回の処置が必要なものです。これは、オリジナルの脂肪溶解注射と変わりありません。
 
2011_1029_170212AA.JPG 2012_0128_173338AA.JPG
 
脂肪溶解注射は、19990年代の後半にヨーロッパにて、フォスファチヂル・コリンが局所の脂肪溶解に行こうなことが発見されてから、ヨーロッパ、その中でも主に地中海諸国に広まり、それが南米諸国へと伝えられました。実際の論文の発表の上では、スペインの美容外科学会誌の2003年8月号に、Dr.ルチアーナ オリヴェーラがスペイン語で世界最初の論文を発表しました。そしてそのあとすぐに、国際美容形成外科学会の公式雑誌である「Aesthetic Plastic Surgery」の2003年11月号にDr.パトリシア リッテス(Patricia Guedes Rittes,M.D)氏が執筆した論文が掲載されたことが、脂肪溶解注射の全世界的な流行を作り出したと言えるでしょう。これらの論文の中でも、脂肪溶解注射は同一部位に対して3回の処置が必要とされています。この後者の論文の内容に従って、日本国内のクリニックでは、順次、脂肪溶解注射の診療への導入が始まったのです。
この「原法」ともいえる脂肪溶解注射は、当院では2003年7月に導入しました。これは、世界で最初の脂肪溶解注射に関する論文が発表される以前のことです。それ以前に、当院では総院長自身が、自分の脇腹にフォスファチヂル・コリンを注射し、自らの体を張って、脂肪溶解注射の有効性を実験してみています。これが日本での最初に行われた脂肪溶解注射と言うことになります。またこのことは、南クリニックが、日本で一番最初に脂肪溶解注射を診療に導入したということでもあり、かつ、総院長自身が日本人での一番最初の患者でもあるということです。

日本国内のクリニックが、順次、脂肪溶解注射を導入し始めてから、既に海外ではこの脂肪溶解注射の改良が行われつつありました。改良の方向性としては、やはり、「いかにたくさんの脂肪を溶かすか」と言うことです。

2011_1029_170330AA.JPG
 
2012_0128_173531AA.JPG
 
皆さんご存知のように、欧米人の肥満者の皮下脂肪の厚みは、日本人の肥満者とは比べ物にならないくらいに分厚いのです。そこで、脂肪溶解注射にも、たくさんの量の脂肪を溶解することが求められてきたのです。そしてその時の脂肪溶解注射における改良の方向性は、フォスファチヂル・コリンの脂肪細胞への溶解作用(破壊作用)とともに、その他の薬剤を添加することによって、脂肪の代謝を亢進させようというものでした。具体的には、L-カルニチン、ヒアルロニダーゼ、β‐ブロッカー、エピネフリン、トライアックスなどの添加です。L-カルニチンは、筋肉において、脂肪から糖を作り出し、それを消費するのを助けます。ヒアルロニダーゼは、脂肪組織内の血行を良くすることで、脂肪の代謝を亢進させます。βブロッカーは脂肪細胞のエネルギーの吸収を少なくします。エピネフリンは脂肪細胞の代謝を亢進させます。トライアックスは甲状腺ホルモンの前駆物質で、やはり細胞の代謝を亢進させます。このように、海外、それも主に欧米諸国における脂肪溶解注射の改良は皆、フォスファチヂル・コリンの脂肪細胞に対する破壊作用を強化するものではなく、脂肪組織やその周辺組織での代謝亢進を以て、脂肪溶解注射の効果を強化しようというものでした。この改良の流れは2005年頃から日本にも上陸し、脂肪溶解注射を行うクリニックが、独自にそれぞれのルートからこれらの改良に関する情報を仕入れ、診療に導入し始めました。その状況は、武道の流派が乱立していくのに似た状況でした。
これらの欧米での脂肪溶解注射の改良は、それぞれに一応の成果を上げ、欧米人の肥満者にとって、脂肪溶解注射は局所の皮下脂肪減少法の大きなオプションとなりました。しかし日本においては、皮下脂肪の溶解量を増加させるということにおいては、大きな成果を得ることができませんでした。これは、肥満の原因に関して、食生活などの習慣を含めて、日本人と欧米人とは大きな違いがあり、それに応じて肥満者における脂肪の代謝も異なっていたためと考えられます。したがって日本では、脂肪溶解注射では「効果を得るためには、同一部分に対して最低でも3回の注射が必要である。」という、オリジナルの脂肪溶解注射と同じ原則は、そのままの状態として残されてしまっていたのです。
 
そこで当院では、日本人にとって大きな効果を期待できる脂肪溶解注射の開発に着手していくことになりました。これは、欧米とは違ったアプローチでの開発となりました。
 
2011_1029_170300AA.JPG
 
2012_0128_173513AA.JPG
 
まず、「日本人には脂肪溶解注射が効きにくい」と言う点に着目することにしました。これは、欧米での論文に掲載されている脂肪溶解注射での皮下脂肪の厚みの減少量と、日本人の皮下脂肪の厚みの減少量に差がみられたことに気付いたからです。このことは、オリジナルのフォスファチヂル・コリン単体を使用した脂肪溶解注射であっても、それに代謝亢進のための薬剤を添加した改良型の脂肪溶解注射であっても、同じことが言えます。そこで、当院では、欧米人の皮下脂肪組織の構造と、日本人の皮下脂肪組織の構造に、違いがあるのではないかと考えました。わたくしたち美容外科医にとって、人間の脂肪組織をじかに見ることは、診療の中で脂肪吸引を行っていれば、そんなに珍しいことではありません。しかし、欧米人の脂肪組織と日本人の脂肪組織の比較となると、欧米人の患者さんがいないと不可能です。当院の総院長は、日本国内よりもむしろ海外でのほうが有名なため、欧米人の患者さんも、他院と比較して多く訪れます。そこで当院では、欧米人の脂肪組織と日本人の脂肪組織の比較が可能だったのです。その結果、やはり欧米人と日本人では、皮下脂肪の構造に差がありました。日本人の皮下脂肪組織は、欧米人と比較して、その中に硬い細胞外マトリックスの膜が多く存在したのです。そこで、この細胞外マトリックスの膜を通して、フォスファチヂル・コリンが脂肪細胞に直接、しっかりと働くように、薬剤を添加しました。そしてこれが、強力脂肪溶解注射の最初のバージョン(Ver.1)として登場したのです。この強力脂肪溶解注射は、日本人ばかりでなく、欧米人の皮下脂肪に対しても大きな効果が観察され、その後の改良がさらに加えられ、現在のバージョンの強力脂肪溶解注射となったのです。


強力脂肪溶解注射 肩から二の腕関連ページ

その他の強力脂肪溶解注射
色々な部分の強力脂肪溶解注射のモニター症例写真集。太ももや腰、膝など。
皮下脂肪の垂れ下がりがある腹部の強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射は、層を変えて注射することと、その成分の配合を変化させることで、たるみの治療も可能。急激な肥満は、皮膚を伸ばしてしまって、たるみの原因になり、それに対して、強力脂肪溶解注射は、皮下組織の脆弱化を修正することで、たるみを減少させるが、たるみの存在する部分だけでなく、その周辺を含めた広い範囲で行うことが大切。
徹底的にお腹回りを強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射が強力である理由は、薬剤の配合に違いがあるため。脂肪溶解注射の効果を考えるとき、局所での薬液の物理的動態を深く考察する必要があり、その効果を高めるには、薬剤へのエピネフリンの添加と、細胞間に脂肪溶解成分が十分に行き渡ることが大切。つまり、脂肪溶解注射の液が、広がった上で、そこの場所に留まっていることが大切。
下腹部に強力脂肪溶解注射
脂肪細胞以外の脂肪組織構成成分である、繊維質の多い脂肪組織でも、強力脂肪溶解注射なら効果的。脂肪由来幹細胞が多い場所は、ダイエットに反応しにくく、妊娠・出産は、ホルモンが下腹部や腰回りの幹細胞に働き、脂肪組織を増加させる。
強力脂肪溶解注射 肩から二の腕
欧米でよく効く脂肪溶解注射が日本人に効かない理由は、脂肪組織が脂肪細胞のみでできているのではなく、細胞外マトリックスが存在し、日本人の脂肪組織には、その細胞外マトリックスが多いため。脂肪組織の構造の違う欧米人向けの改良の方向性を変更し、脂肪溶解注射を日本人のために改良して出来上がったのが、強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 3
腋や背中の脂肪の減量も、二の腕を細くするには効果的。腕が年々太くなる原因の一つは、皮膚のタルミも大きな要素。皮膚の余りに対する対処法*アームリフト*プラズマリポ*イントラセル。いろんな要素で腕が太く見えるようになるのだが、その根幹はやはり、脂肪層の厚さによる。「運動で皮膚が引き締まる」というのは、大きな誤解。引き締まったように見えるだけ。
腕の強力脂肪溶解注射 2
細胞外マトリックスを通りぬけて、脂肪細胞にしっかりと、脂肪組織を破壊する薬剤が到達することが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射の違いと言える。脂肪細胞を小さくするだけの脂肪溶解注射やカーボメッドは、エステのマッサージと何の変りもない。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 2
ブーツを履きはじめる秋と、脚の露出が増えてくる春は、ふくらはぎを細くしたいという需要が増加する。足首に関しては、脂肪溶解注射の効果が出るまでの期間が長い。強力脂肪溶解注射で遊離した脂肪由来幹細胞は、皮膚に対しても修復力を発揮し、フォスファチヂルコリンの肝臓に対する作用と相俟って、美肌効果を出す。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 1
皮下脂肪でふくらはぎが太いのか、筋肉で太いのか、原因に合わせて対処したほうが、より良い治療が可能。むくみは、放置すると脂肪になる。むくみ防止には、圧迫の効いたストッキングや、減塩とカリウム摂取を増加させる食物の摂取が有効。
膝周辺の強力脂肪溶解注射
膝周辺の脂肪の沈着は、年齢とともに増してくるのだが、意外と見落とされがちな美脚ポイントである。脂肪組織は、脂肪細胞だけでなく、細胞外マトリックスも重要な構造物で、それを無視してきたがために、改良がうまく行かなかった。細胞外マトリックスの膜を通過して、脂肪細胞により多くの脂肪溶解成分が到達できるようにしたのが、当院の強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 1
腕の太さは、たるみが関与している場合が多い。腕を横に下した状態では、たるみの治療と腋の脂肪除去を同時に行うことが、よりよい結果を生み出す。普通の脂肪溶解注射の場合には、たるみに対しては無効。腕を細くするための強力脂肪溶解注射で、より大きな効果を得たい場合には、腋や肩の部分まで、広い範囲で注射を行う必要がある。
強力脂肪溶解注射の長期経過(太もも+ヒップ)
当院の強力脂肪溶解注射は、8年の長期効果を確認している。脂肪溶解注射の中でも、脂肪細胞を小さくするだけの注射は、1年もすれば元に戻っている。高周波を使用する機器の場合、逆に脂肪組織の再生を助けてしまうことがある。どんな脂肪溶解・脂肪融解法であっても、細胞外マトリックスである、脂肪細胞を包んでいる膜に対して働かないと、元に戻ってしまうことになる。
強力脂肪溶解注射・太もも30か所
脂肪溶解注射は、メソセラピーから分かれた、皮下脂肪減量に特化した注射。セルライト治療の過程で発見された脂肪溶解成分が、フォスファチヂル・コリン。フォスファチヂル・コリン単体ではなく、デオキシコール酸を混合した脂肪溶解注射の方が、効果が大きい。
強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向
脂肪溶解注射は、その元は慢性疼痛管理を主体とした伝統的なメソセラピーで、始まりはセルライト除去から。主成分はフォスファチヂル・コリンだが、海外での患者自身による自己注射で重大な副作用が多発し、海外の通販サイトは、在庫処分で日本をターゲットにしたため、日本でも副作用が多発した。自己注射の副作用で治療を受ける際には、健康保険での診療はできない。
強力脂肪溶解注射(太もも外側と膝周囲)
強力脂肪溶解注射は、軽い脂肪吸引並みの効果が期待できる。脂肪溶解注射の効果は、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンを、どれだけ効率よく脂肪細胞に届けるかということで差がつく。脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、そのまま尿や便として排泄されるわけではなく、肝臓での代謝産物として排泄される。
太ももの上方をくるりと一周、強力脂肪溶解注射
ジーンズのサイズ合わせで困らないように、太ももの強力脂肪溶解注射。脂肪溶解注射は全身的な肥満ではなく、部分痩せのための注射である。体型のアンバランスは、脂肪細胞の分布のアンバランス。肥満と脂肪細胞の再生、そして脂肪肝に至るまで。強力脂肪溶解注射で脂肪由来幹細胞が全身にばらまかれ、肌や持病の改善もみられることがある。
長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)
燃焼系脂肪溶解注射と、破壊系脂肪溶解注射の違い。強力脂肪溶解注射後の生活制限は、特にない。術後、強烈な反応が出る場合には、時間がかかっても、通常よりも大きな効果が望める。
強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも
強力脂肪溶解注射の、術後の状態。腫れ、痛み、変色(赤みや内出血)などについて。強力脂肪溶解注射は、1か所に付き、注射は1回で、効果が出るのも早い。そして実は、強力脂肪溶解注射は、トータルで考えると、通常の脂肪溶解注射と比べて、非常にお得。本当に痛い時期には、麻酔薬が作用しているので痛くない
強力脂肪溶解注射 太もも1
無理なダイエットは、老化を促進する。南クリニックの強力脂肪溶解注射は、おまけ付き。美肌に対するおまけと、体調改善にも効果として、持病の病状が改善に向かうことも、理論的にはあり得る話。しかし、あくまでも強力脂肪溶解注射のおまけと考えておくべき。
太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース
脂肪溶解注射を受けたら、ダイエットまではしないにしても、体重維持は必要。脂肪溶解注射でバストアップすることも、可能性としてはある。凸凹にならないのが、脂肪溶解注射の利点の一つ。ヒップが垂れ下がらない方法もある。太ももの内側は、意外と他人からは気になっていない。脂肪吸引後の凸凹を、脂肪溶解注射で治療できる。
強力脂肪溶解注射 太もも2
強力脂肪溶解注射は、処置期間が短く効果が出るのも早い。費用的にも、強力脂肪溶解注射は、その効果を考えるとかなりお得。ウルトラアクセント1回分の効果は、強力脂肪溶解注射の半分以下で、効果が大きな順では、強力脂肪溶解注射>>ウルトラアクセント>普通の脂肪溶解注射、となる。
太ももに強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射の効果は、脂肪吸引並み?太ももをより細く見せるための、脂肪溶解注射の処置ポイントは、ヒップと太ももの、微妙な関係に配慮して、ふとももの外側を攻めること。スカートを穿いたときに、太ももを細く見せたいなら、膝周りは特に重要。セルライトは、浅い層を脂肪溶解注射で攻める。