強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 強力脂肪溶解注射の症例写真 > 強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向

強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向

強力脂肪溶解注射を太ももに行ったモニターさんです。術後の写真は、術後3か月目(最終効果)のものです。もちろん、同じ部分の処置は1回しか行っていません。

 

2011_1029_165456AA.JPG 2012_0128_173636AA.JPG

 

脂肪溶解注射とは、元々はフランスやスペインなどの地中海沿岸諸国で行われていた、「メソセラピー」という医療技術が元になっています。このメソセラピーですが、皮膚の中の真皮の直下のそうである、「メソダーム」というところに薬液を注射し、慢性的な疼痛を管理するものでした。このメソダームという層は、他の層と違って血流が豊富ではなく、したがって、薬液を注射した際には、その薬剤が長くそこに留まり、ゆっくりと放出されます。このような、ゆっくりと薬剤が放出されるという性質を利用して、薬剤の効果を長く持続させることを、慢性的な疼痛管理に利用すれば、一度の処置で長時間の疼痛緩和が得られるということです。一般的に、疼痛緩和のために局所に注射する薬剤としては、局所麻酔薬があります。しかし、局所麻酔薬の中で、最も効果時間の長い薬剤であるプピバカインであっても、普通に皮下注射すれば、その効果は3時間を超えません。しかし、このメソセラピーという方法を使用すれば、少なくとも1日、長ければ3日間の疼痛緩和作用を得ることができます。このように、メソセラピーという医療技術は、疼痛管理に関しては非常に有用性があります。また、メソセラピー自体の歴史も長く、約100年を超えるものがあるとされています。

 

このように、疼痛管理に長い歴史を持つメソセラピーなのですが、脂肪溶解注射として応用されるようになったのは、1990年代の後期からです。

 

2011_1029_165545AA.JPG 2012_0128_173707AA.JPG

 

それまでは、メソセラピー自体は、美容医療領域では美肌注射として用いられてきました。疼痛管理から始まったメソセラピーですが、その後は薬剤や手技上のいろいろな改良がなされてきました。注射を行う層も、メソダームだけでなく、薬剤に応じて真皮の浅層から中層にするものや、皮下脂肪層に注射することもありました。それらの改良や新しい手技の開発の過程で、セルライトに有効な薬剤の注射がわかってきました。ちなみに、セルライトの原因である皮膚の層は、まさしくメソダームの層です。このメソダームの層は、血行が悪く、代謝が低下した層だからこそ、注射した薬剤がゆっくりと放出され、有効時間が長いのです。そしてそれが、反対に老廃物やむくみの原因になるものの除去を妨げることにもなり、この層にセルライトを発生させてしまうのです。セルライトに有効な注射成分とは、銀杏エキスとヒアルロニダーゼです。どちらも、組織内の細胞と細胞の隙間の通りをよくする薬剤です。これらをメソダームの層に注射することで、セルライトに有効なことがわかってきたのです。しかし、セルライトが解消したからといっても、皮下脂肪そのものが減少したということにはなりません。つまり、皮下脂肪のサイズダウンは、セルライトとは関係がないのです。

 

そこで、皮下脂肪を減少させるための注射の登場が待ち望まれていたわけですが、メソセラピー100年余りの歴史の中で、ついに、1990年代の後半に、皮下脂肪の減量が可能な注射液成分が発見されるにいたったのです。

 

2011_1029_165534AA.JPG 2012_0128_173721AA.JPG

 

その注射液成分とは、フォスファチヂル・コリンです。このフォスファチヂル・コリンという薬剤は、これまた古くから脂肪肝や高脂血症の治療薬として、点滴や静脈注射用の薬剤として用いられてきたものです。それらの作用機序は比較的簡単・単純で、フォスファチヂル・コリンが石鹸のような役割を果たして、肝臓の中や血管の中の血液中の油脂成分を水分に溶かし、肝細胞の中で代謝されやすくするというものです。もっと専門的に言えば、リン脂質であるフォスファチヂル・コリンが油脂と結びつき、ミセルを形成して水溶性とし、肝細胞におけるグルクロン酸抱合を促進させるということです。しかしこのフォスファチヂル・コリンという物質なのですが、物質の分類上、リン脂質となっています。脂質ということは、油ということで、これは水には溶けません。しかし、フォスファチヂル・コリンは、水溶液として販売されています。つまり、水に溶ける形にしているわけです。欧米ではエッセンシャーレやリポスタビル、韓国ではリポビーンなどという商品名で発売されているものが、これのことです。実は、フォスファチヂル・コリンを水に溶ける形にするために、これらの水溶液としてアンプルやバイアルの中に入って供給されている剤型には、添加物としてデオキシコール酸が加えられて、水溶液となっています。デオキシコール酸は、胆石の溶解剤として知られており、これもまた古くからある薬剤です。
フォスファチヂル・コリンは、最初に発見された時には、卵黄の中のレシチンの主成分としてでした。また、医学の研究が進歩するにつれて、人間の肝臓にもこれが存在し、腸から吸収された脂肪分の分解に関与していることが分かったのです。つまり、フォスファチヂル・コリンは、脂肪分を分解する物質の一つとして位置づけられてきたわけであり、メソセラピーを行ってきたヨーロッパの医師たちからも、これが脂肪溶解注射として効力を発揮するということが、容易に受け入れられたのです。

 

ヨーロッパが発祥の地であるメソセラピーですが、それは地中海沿岸地方が主体でした。したがって、これは北米には伝わらず、ラテンアメリカと呼ばれる南米に伝わり、そこで脂肪溶解注射として普及しました。

 

2011_1029_165513AA.JPG 2012_0128_173735AA.JPG

 

しかし、そこで大きな問題が浮上しました。それは、クリニックでこの注射を行わず、自分で注射をした人々によって、起こされた問題です。自分で目の下の脂肪に対してこの注射を行った人が、それが原因で失明してしまったのです。原因としては、眼球に対して針を刺してしまったことが一番考えられるのですが、どちらにしても、この注射が原因で失明してしまったことは事実です。なぜこのようなことが起こるのかと言うと、南米では医療器具や医薬品の規制が非常にあいまいで、日本や欧米諸国では医師によって注射することしか許可されていない医薬品でも、一般人が比較的簡単に入手できるからです。そしてこのことが原因で、ブラジル政府は脂肪溶解注射の施行を、クリニックを含めて全面的に禁止にしてしまいました。このことに関して、事実がきちんと伝わらずに、「ブラジルでは脂肪溶解注射が禁止になった」という噂として一人歩きを始めてしまい、それが世界中で大きな混乱を招くことになりました。ブラジル政府がとった対応自体が、クリニックを含めての脂肪溶解注射禁止命令だったため、このことは嘘ではないのですが、「脂肪溶解注射は危険だから禁止になった」というのは、まったくもって事実ではなく、「脂肪溶解注射の自己注射が危険」なのであって、クリニックで医師の管理のもとで行う分には、その危険性はそれほどではありません。

 

このように、脂肪溶解注射の自己注射によって重大な事故が発生し、それに対してブラジル政府が不適切な対応をとったことは、脂肪溶解注射の普及に対して、大きな障害となりました。そればかりか、日本国内において、もっと大きな問題を作ってしまいました。

 

2011_1029_165614AA.JPG 2012_0128_173833AA.JPG

 

ブラジル政府が脂肪溶解注射を全面禁止した後、フォスファチヂル・コリン製剤が生産過剰となり、取扱業者の在庫が不良在庫化する可能性が出てきました。そこで彼らが目を付けたのが、日本の市場です。当時、日本ではブラジル政府の脂肪溶解注射禁止令のことは全く知られていませんでした。彼らのうちの数社は、日本語のホームページを立ち上げ、フォスファチヂル・コリン製剤(エッセンシャーレ、リポスタビルなど)の通信販売を開始しました。クリニックに対する通信販売なら特に問題はないのですが、実際は一般向けの通信販売で、誰でも購入できるシステムでした。つまり彼らの通販サイトは、ブラジルで失明事故を起こした自己注射を推奨するものだったのです。しかし最初のうちは、彼らの通販サイトもうまく機能しませんでした。それは、日本では注射器及び注射針の入手が、医師・歯科医師・獣医師以外には困難で、事実上入手不可能だからです。そこで彼らは注射器・注射針の併売も始めました。そこからは、日本での自己注射が一部で流行し、皮膚の壊死や感染など、様々な脂肪溶解注射の自己注射による副作用報告がなされるようになりました。

 

脂肪溶解注射の自己注射は、ブラジルでの失明事故の例を見るまでもなく、非常に危険なことは言うまでもありません。
日本においても前述のように、脂肪溶解注射の自己注射によって、皮膚の壊死や感染などの副作用が多発しています。では、どうして日本では脂肪溶解注射の薬剤や注射針などが入手できるのでしょうか?それは、日本の薬事法と薬事行政の抜け穴が存在するためです。

 

2011_1029_165711AA.JPG 2012_0128_173752AA.JPG

 

日本国内においては、厚生労働省の承認なしでは医薬品を輸入・発売することができません。つまり、海外から輸入したり、工場で作って売ることができないわけです。その医薬品にはいくつか分類があり、薬局で処方箋なしで買えるもの、処方箋があれば薬局で買えるもの、医療機関で注射などとして投薬されなければならないもの、などがあります。ちなみに薬局を開設するためには認可が必要で、薬局やクリニックに薬剤を卸売する業者(薬品問屋)は薬種業としての認可が必要です。これらのことから、医薬品と言うものは、国内での製造・販売・処方に関して、行政の管理のもと、きっちりと決められたルールが存在するのです。
ところがフォスファチヂル・コリン製剤は、日本国内では「未承認薬」と言って、厚生労働省が承認した薬剤ではないのです。そのような未承認薬を使用するときにも、ルールが定められています。一つは、医師が患者に対して処方したい場合です。この場合には、医師による個人輸入と言う制度があり、必要な書類を、輸入場所を管轄する厚生局(厚生労働省の地方の出先)に提出し、その許可書を税関に提出します。
もう一つは、患者自身が輸入する場合です。医師の処方箋の写しを税関に提出します。この場合、税関は処方箋に記載された薬剤名とその量が、荷物の中身と合致するかどうかを確認します。また、これらの方法の場合には、1回で輸入できる薬剤の量は、1か月以内の服用分と定められています。脂肪溶解注射の自己注射の場合には、後者の「患者自身による輸入」という方法を利用します。
まず、サイト上で注文を受けた業者は、契約している現地の医師に処方箋を発行してもらい、薬剤の入った荷物に添付し、日本に向けて発送します。代金の決済は、クレジットカードで現地通貨での決済が多いようです。このようにすれば、日本の税関を簡単に通過できるというわけです。この時に添付される医師の処方箋ですが、実際は、現地の医師が発行しているのではなく、業者が作成して医師はサインのみしていたりする場合や、完全な捏造の場合もあるようです。また、処方箋が添付されているのはまだ良心的なほうで、業者の中には、処方箋を添付せず、インボイス(送り状)の内容を「化粧品」だとか「実験用薬剤」と偽って記載し、密輸するといった手口を使う者もいます。また、税関当局の薬剤・医薬品に対する知識の乏しさを利用して、薬剤名をそのままインボイス(送り状)に記載していることもあるようです。

 

このようにして、海外の業者による、日本での脂肪溶解注射自己注射の普及と言うビジネスモデルは、副作用の多発にもかかわらず、成功していったのです。さらに、彼らのだぶついた在庫も、高値で処分することに成功しました。

 

2011_1029_165733AA.JPG 2012_0128_173652AA.JPG

 

しかしながら、自己注射の普及とともに、その副作用のほうも増加していきました。そこで日本の厚生労働省も、この患者自身によるフォスファチヂル・コリンの輸入を厳しく監視するようになりました。具体的には、税関の協力のもと、海外からの荷物については内容確認を強化し、薬剤名に対する知識も税関と共有するようにしたということです。また、一緒に輸入される注射針については、麻薬・覚せい剤の取り締まりと連動して、特に輸入監視が厳しくなりました。
注射針については、クリニックなどの医療機関の場合には、「感染性廃棄物」として、専門の産業廃棄物処理業者引き取り、高熱焼却処分するようになっています。その際の感染性廃棄物をクリニックから運び出すときのコンテナーは、一度蓋をすると、それを破壊しない限りは開かない構造になっています。つまり、使用済みの注射針は確実に再使用不可能な状態としてクリニックから運び出され、完全に処理されるということです。しかし、個人で輸入して使用した注射針は、注射針についているキャップに戻されたまま、不燃物として家庭ごみとして回収されます。これでは再使用することができる状態で、これを麻薬や覚せい剤の注射に使用することもできてしまうのです。こういったことから、注射針の輸入については、税関では特に厳しく内容チェックが行われるようになったのです。

 

このように、脂肪溶解注射の自己注射(フォスファチヂル・コリンの自己注射)に対しての規制は、日本国内でも厳しくなっていっているにもかかわらず、未だ自己注射がはびこっているのが現状です。駐車違反の取り締まり同様、いくら規制をかけたとしても、完全な防止にはつながらないのが、人の世の常です。

 

2011_1029_165633AA.JPG 2012_0128_173843AA.JPG

 

脂肪溶解注射の自己注射で比較的多い副作用は、細菌感染と皮膚の壊死に伴う潰瘍です。細菌感染は、薬剤を注射するときに、皮膚の消毒や注射器・注射針などの器具の取り扱いに不備があり、細菌を薬剤とともに注射してしまったためと思われます。また、皮膚の壊死に関しては、脂肪溶解注射の薬液(フォスファチヂル・コリン)を注射する層が浅すぎたため、皮膚が壊死に陥ったと思われます。これらのような状態を放置しておくと、細菌感染から敗血症(全身に細菌が廻ってしまった状態)になり、生死の境目を彷徨うことにもなりかねません。そこで、早めに治療のためにクリニックや病院を受診することが大切なのですが、診察・治療には原則的には健康保険が適応されません。健康保険は交通事故や犯罪など、人為的行為による怪我や病気に対しては、適応除外なのが原則だからです。つまりこの場合、「脂肪溶解注射の自己注射は自業自得なので、自助と相互扶助を目的とする公的健康保険の趣旨にそぐわない」ということなのです。たしかに世間的にも、自分が支払った健康保険料が、このようなケースに使用されているとしたら、納得がいかないと思うでしょう。また、このようなケースを健康保険で診察・治療をする医療機関があったとしたら、その病院やクリニックは、違法行為を行っていることになるのです。これらのことから、安価な方法を求めて脂肪溶解注射の自己注射に走った結果として、高額な治療費を支払わなければならなくなってしまいます。それでも、クリニックにわざわざ出向かなくてもよく、注射の手技料などを支払わずに済む自己注射は、自己注射を行う人にとっては非常に魅力的なものかもしれません。
また、現在、クリニックで行われている脂肪溶解注射は、脂肪を溶解する薬剤としては、フォスファチヂル・コリンが主成分ではあるのですが、その他にそれぞれのクリニック独自に薬剤を添加している場合がほとんどです。したがって、自己注射の術後経過やその効果などは、クリニックで行う脂肪溶解注射とは異なったものです。たとえば、自己注射と比較して、クリニックでの脂肪溶解注射は腫れが少なくて回復期間が短かかったり、効果が大きかったりします。特に当院の強力脂肪溶解注射の場合は、1回の効果が大きくなるように設計しています。実際、強力脂肪溶解注射は、自己注射ではなく、他のクリニックの脂肪溶解注射の3倍から5倍、つまり3回から5回分の効果を1回の注射で発揮することができます。


強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向関連ページ

その他の強力脂肪溶解注射
色々な部分の強力脂肪溶解注射のモニター症例写真集。太ももや腰、膝など。
皮下脂肪の垂れ下がりがある腹部の強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射は、層を変えて注射することと、その成分の配合を変化させることで、たるみの治療も可能。急激な肥満は、皮膚を伸ばしてしまって、たるみの原因になり、それに対して、強力脂肪溶解注射は、皮下組織の脆弱化を修正することで、たるみを減少させるが、たるみの存在する部分だけでなく、その周辺を含めた広い範囲で行うことが大切。
徹底的にお腹回りを強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射が強力である理由は、薬剤の配合に違いがあるため。脂肪溶解注射の効果を考えるとき、局所での薬液の物理的動態を深く考察する必要があり、その効果を高めるには、薬剤へのエピネフリンの添加と、細胞間に脂肪溶解成分が十分に行き渡ることが大切。つまり、脂肪溶解注射の液が、広がった上で、そこの場所に留まっていることが大切。
下腹部に強力脂肪溶解注射
脂肪細胞以外の脂肪組織構成成分である、繊維質の多い脂肪組織でも、強力脂肪溶解注射なら効果的。脂肪由来幹細胞が多い場所は、ダイエットに反応しにくく、妊娠・出産は、ホルモンが下腹部や腰回りの幹細胞に働き、脂肪組織を増加させる。
強力脂肪溶解注射 肩から二の腕
欧米でよく効く脂肪溶解注射が日本人に効かない理由は、脂肪組織が脂肪細胞のみでできているのではなく、細胞外マトリックスが存在し、日本人の脂肪組織には、その細胞外マトリックスが多いため。脂肪組織の構造の違う欧米人向けの改良の方向性を変更し、脂肪溶解注射を日本人のために改良して出来上がったのが、強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 3
腋や背中の脂肪の減量も、二の腕を細くするには効果的。腕が年々太くなる原因の一つは、皮膚のタルミも大きな要素。皮膚の余りに対する対処法*アームリフト*プラズマリポ*イントラセル。いろんな要素で腕が太く見えるようになるのだが、その根幹はやはり、脂肪層の厚さによる。「運動で皮膚が引き締まる」というのは、大きな誤解。引き締まったように見えるだけ。
腕の強力脂肪溶解注射 2
細胞外マトリックスを通りぬけて、脂肪細胞にしっかりと、脂肪組織を破壊する薬剤が到達することが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射の違いと言える。脂肪細胞を小さくするだけの脂肪溶解注射やカーボメッドは、エステのマッサージと何の変りもない。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 2
ブーツを履きはじめる秋と、脚の露出が増えてくる春は、ふくらはぎを細くしたいという需要が増加する。足首に関しては、脂肪溶解注射の効果が出るまでの期間が長い。強力脂肪溶解注射で遊離した脂肪由来幹細胞は、皮膚に対しても修復力を発揮し、フォスファチヂルコリンの肝臓に対する作用と相俟って、美肌効果を出す。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 1
皮下脂肪でふくらはぎが太いのか、筋肉で太いのか、原因に合わせて対処したほうが、より良い治療が可能。むくみは、放置すると脂肪になる。むくみ防止には、圧迫の効いたストッキングや、減塩とカリウム摂取を増加させる食物の摂取が有効。
膝周辺の強力脂肪溶解注射
膝周辺の脂肪の沈着は、年齢とともに増してくるのだが、意外と見落とされがちな美脚ポイントである。脂肪組織は、脂肪細胞だけでなく、細胞外マトリックスも重要な構造物で、それを無視してきたがために、改良がうまく行かなかった。細胞外マトリックスの膜を通過して、脂肪細胞により多くの脂肪溶解成分が到達できるようにしたのが、当院の強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 1
腕の太さは、たるみが関与している場合が多い。腕を横に下した状態では、たるみの治療と腋の脂肪除去を同時に行うことが、よりよい結果を生み出す。普通の脂肪溶解注射の場合には、たるみに対しては無効。腕を細くするための強力脂肪溶解注射で、より大きな効果を得たい場合には、腋や肩の部分まで、広い範囲で注射を行う必要がある。
強力脂肪溶解注射の長期経過(太もも+ヒップ)
当院の強力脂肪溶解注射は、8年の長期効果を確認している。脂肪溶解注射の中でも、脂肪細胞を小さくするだけの注射は、1年もすれば元に戻っている。高周波を使用する機器の場合、逆に脂肪組織の再生を助けてしまうことがある。どんな脂肪溶解・脂肪融解法であっても、細胞外マトリックスである、脂肪細胞を包んでいる膜に対して働かないと、元に戻ってしまうことになる。
強力脂肪溶解注射・太もも30か所
脂肪溶解注射は、メソセラピーから分かれた、皮下脂肪減量に特化した注射。セルライト治療の過程で発見された脂肪溶解成分が、フォスファチヂル・コリン。フォスファチヂル・コリン単体ではなく、デオキシコール酸を混合した脂肪溶解注射の方が、効果が大きい。
強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向
脂肪溶解注射は、その元は慢性疼痛管理を主体とした伝統的なメソセラピーで、始まりはセルライト除去から。主成分はフォスファチヂル・コリンだが、海外での患者自身による自己注射で重大な副作用が多発し、海外の通販サイトは、在庫処分で日本をターゲットにしたため、日本でも副作用が多発した。自己注射の副作用で治療を受ける際には、健康保険での診療はできない。
強力脂肪溶解注射(太もも外側と膝周囲)
強力脂肪溶解注射は、軽い脂肪吸引並みの効果が期待できる。脂肪溶解注射の効果は、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンを、どれだけ効率よく脂肪細胞に届けるかということで差がつく。脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、そのまま尿や便として排泄されるわけではなく、肝臓での代謝産物として排泄される。
太ももの上方をくるりと一周、強力脂肪溶解注射
ジーンズのサイズ合わせで困らないように、太ももの強力脂肪溶解注射。脂肪溶解注射は全身的な肥満ではなく、部分痩せのための注射である。体型のアンバランスは、脂肪細胞の分布のアンバランス。肥満と脂肪細胞の再生、そして脂肪肝に至るまで。強力脂肪溶解注射で脂肪由来幹細胞が全身にばらまかれ、肌や持病の改善もみられることがある。
長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)
燃焼系脂肪溶解注射と、破壊系脂肪溶解注射の違い。強力脂肪溶解注射後の生活制限は、特にない。術後、強烈な反応が出る場合には、時間がかかっても、通常よりも大きな効果が望める。
強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも
強力脂肪溶解注射の、術後の状態。腫れ、痛み、変色(赤みや内出血)などについて。強力脂肪溶解注射は、1か所に付き、注射は1回で、効果が出るのも早い。そして実は、強力脂肪溶解注射は、トータルで考えると、通常の脂肪溶解注射と比べて、非常にお得。本当に痛い時期には、麻酔薬が作用しているので痛くない
強力脂肪溶解注射 太もも1
無理なダイエットは、老化を促進する。南クリニックの強力脂肪溶解注射は、おまけ付き。美肌に対するおまけと、体調改善にも効果として、持病の病状が改善に向かうことも、理論的にはあり得る話。しかし、あくまでも強力脂肪溶解注射のおまけと考えておくべき。
太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース
脂肪溶解注射を受けたら、ダイエットまではしないにしても、体重維持は必要。脂肪溶解注射でバストアップすることも、可能性としてはある。凸凹にならないのが、脂肪溶解注射の利点の一つ。ヒップが垂れ下がらない方法もある。太ももの内側は、意外と他人からは気になっていない。脂肪吸引後の凸凹を、脂肪溶解注射で治療できる。
強力脂肪溶解注射 太もも2
強力脂肪溶解注射は、処置期間が短く効果が出るのも早い。費用的にも、強力脂肪溶解注射は、その効果を考えるとかなりお得。ウルトラアクセント1回分の効果は、強力脂肪溶解注射の半分以下で、効果が大きな順では、強力脂肪溶解注射>>ウルトラアクセント>普通の脂肪溶解注射、となる。
太ももに強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射の効果は、脂肪吸引並み?太ももをより細く見せるための、脂肪溶解注射の処置ポイントは、ヒップと太ももの、微妙な関係に配慮して、ふとももの外側を攻めること。スカートを穿いたときに、太ももを細く見せたいなら、膝周りは特に重要。セルライトは、浅い層を脂肪溶解注射で攻める。

コメント(1)

メソセラピー自体の歴史はそんなに長いんですね。