その他の強力脂肪溶解注射

美容整形

その他の強力脂肪溶解注射

強力脂肪溶解注射 太ももの内側に1回のみ

強力脂肪溶解注射は、「通常の脂肪溶解注射の3回分の効果を、1回で」をコンセプトに、改良を重ねて導入した、脂肪溶解注射です。

LIPC_thigh_before.jpg LIPC_thigh_after.jpg

ぴったりとくっついた太ももの内側。
これから夏に向かう季節には、非常に気になるところです。
強力脂肪溶解注射を1回だけ、太ももの内側に注射しました。
術後1か月で、気になっていた太ももの内側は、すっきりと隙間ができました。

強力脂肪溶解注射 ウエストから腰

ウエストに脂肪溶解注射をしたモニターさんです。

LIPCwaistbefore.jpg LIPCwaistafter.jpg

「くびれがほしい」「ベルトの上に乗っかる肉が・・・」といった具合で、注射を受ける方が多い部分です。
ローライズのジーンズが流行した時には、特に腰の部分の脂肪溶解注射の需要が増えました。
今年は、ジーンズのライズも、少し上がったようですが、こうなると今度は、ウエストや太ももの需要が増えると予想されます。

強力脂肪溶解注射 太もも 外側と内側

太ももの内側と外側に同時に強力脂肪溶解注射をして、3か月が経過しているモニターさんです。

03_befor.jpg 03_after.jpg

ジーンズを合わせるときに、太ももで合わせていましたが、ワンサイズダウンできたそうです。太ももの外側の注射が良く効果が出ているのですが、その影響もあって、ヒップが引き締まって見えるおまけ付きでした。

強力脂肪溶解注射  腹部

腹部4か所(両ウエスト・上腹部・下腹部)に強力脂肪溶解注射を注射して、3か月経過しています。

04_befor.jpg 04_after.jpg

下腹部に少し腹筋が透けているのと、ウエストのくびれが観察されます。
あとは、内臓脂肪の部分ですので、生活指導をして終了しました。
内臓脂肪は、運動や食事制限などのライフスタイルによって、容易に減少させることができますが、皮下脂肪は、脂肪吸引・プラズマリポ・強力脂肪溶解注射などの手段を用いない限り、簡単には減少しません。

強力脂肪溶解注射 (太もも)

強力脂肪溶解注射を、太もものほぼ全体に注射して、まだ1か月です。

LIPCthighbefore2.jpg LIPCthighafter2.jpg

見事に太ももの間に隙間ができてきました。このように、太ももの内側は、強力脂肪溶解注射に関しては、比較的効果が出てくるのが早い個所になります。春先は、次第に女性のスカートが短くなってくる季節です。太ももの脂肪溶解注射に関しては、需要が勢いが付いてきて、毎年かなりの患者さんが詰めかける季節です。あと2ヶ月間は、徐々に効果が増強します。

強力脂肪溶解注射 太もも内側・外側

太ももの内側と外側の脂肪溶解注射のモニターさんです。

LIPCbeforefront1.jpg LIPCafterfront1.jpg

強力脂肪溶解注射を行った太ももの内側と外側は、たしかにすっきりしましたが、まだ1か月しかたっていませんので、大きな効果は出ていない状態です。これから、3か月目にかけて、もっと効果が出てきます。

強力脂肪溶解注射 太もも内側・後面

太ももの内側と後面の強力脂肪溶解注射です。

LIPCbeforeback1.jpg LIPCafterback1.jpg

術後約1か月。太ももが全体的に細く見えます。
内側の隙間も、広くなっているのが分かると思います。これから3か月目にかけて、もっと効果が出ます。冬から春の時期に脂肪溶解注射をおこなっておけば、薄着や水着の季節には十分に間に合います。

膝周りを強力脂肪溶解注射

膝周りの強力脂肪溶解注射のモニターさんです。

2009_0323_222319AA.JPG 2009_0424_020000AA.JPG

膝周りは、スカートをはいたときに隠れないところであるため、ポイントが高い部分です。

強力脂肪溶解注射 ひざの内側 1

強力脂肪溶解注射を、ひざの内側に施行したモニターさんです。

LIPC_MK_front_before.jpg LIPC_MK_front_after.jpg

この、膝の内側という部分ですが、以外に見逃されがちでいて、ポイントの高い部分です。と、いうのは、スカートをはいたときに見える部分だからです。ひざ丈のスカート姿の場合、太ももは隠されているため、一見して太ももが太いか細いかはわかりません。そこで、人間の習性として、見えている部分から見えない部分を予測するわけです。この部分は太ももから一続きの場所ですから、ここの太さやカーブの状態をもって、脚が太いか細いかを予測して、脚の太さを判断します。つまり、この、膝の内側と言うのは、脚を細く見せるため重要要素ということができます。

強力脂肪溶解注射 ひざの内側 2

強力脂肪溶解注射を、ひざの内側に施行したモニターさんの、後ろからの症例写真です。

LIPC_MK_back_before.jpg LIPC_MK_back_after.jpg

ひざ丈のスカートをはいたときの重要ポイントとしての、膝の内側なのですが、普段は前からジロジロと人の脚を見ることはめったにありません(ジロジロと前から見る人って、ちょっと気持ち悪い人ですね)。 通常は、後ろからちらりと見る(見える)ものです。前からの見え方は、自分でこの脂肪溶解注射の効果を確認するときのためで、本当は他人からの視線は、後ろからの角度の、この症例写真の状態です。膝の内側の、「ピョコ」っと飛び出したカーブは、脚を太く感じさせる大きな要素です。強力脂肪溶解注射は、この症例写真のように1回でカーブの改善を期待できます。

強力脂肪溶解注射 おなかに注射して1カ月

表題のとおり、強力脂肪溶解注射を腹部に注射して1カ月です。

LIP7_abdomen_front_before.jpg LIP7_abdomen_front_after.jpg

だいぶ、皮下脂肪が減少しました。写真より、つまんでみたほうが、効果がよくわかるようです。プールの季節に間に合ったことが、こちらの患者さんが最も喜んでいたことでした。彼女の話によると、内出血はほとんどなく、旦那さんにもバレないほどだったとか。強力脂肪溶解注射は、Ver.7になって、このように広い範囲にも一度に注射できるようになったことと、内出血が少なくなったことが、大きな進歩だと自画自賛しております。

強力脂肪溶解注射  腹部 2

前回の、おなかの強力脂肪溶解注射のモニターさんの、斜めからの写真です。

LIP7_abdomen_left_front_before.jpg LIP7_abdomen_left_front_after.jpg

こちらのほうがよく分かるかもしれませんね。術後は、うっすらと腹筋の影が見えていました。術後1ヶ月目としては、平均的な効果の出方なのですが、最終結果は3ヶ月目ですので、もう少し効果が出てくるでしょう。もしかしたら、仮面ライダーのようなムキムキに割れたお腹になるかも?

強力脂肪溶解注射 太もも 膝上 膝内側

太ももと膝上に、強力脂肪溶解注射を受けたモニターさんです。

LIP7_thigh_kee_front_before.jpg LIP7_thigh_knee_front_1M_after.JPG

20代の女性なのですが、ダイエットをいくら頑張っても、太もものだけは 細くならないことが悩みだったようです。特に、膝周りについては、スカートから出るところなので、脚を細く見せるためには重要な要素です。
術後は、膝が上に来ていますが、これは、膝上の脂肪がなくなって、いわゆる「カブリ」がなくなったため、いままで脂肪に隠されていた膝小僧が、きちんと見えるようになったためです。これによって、全体的には、膝下が長くなった印象があります。

二の腕の強力脂肪溶解注射 1

今回のモニターさんは、経過の途中で当院までご足労いただいて、術後4日目の写真を頂きました。
まずは、術前と術後3カ月の比較写真

LIP7_L_arm_before.jpg LIP7_L_arm_3M_after.jpg

強力脂肪溶解注射ということで、腫れや内出血も強力なのではないか、とご心配の方が多く、実際、そういった問い合わせのメールが多いからです。そこで、特別にお願いして、術後早期の状態の写真を頂きました。実際に、「強力」な脂肪溶解注射であるにもかかわらず、内出血はほとんどなく、腫れも非常に軽度なのが、当院の強力脂肪溶解注射であることがわかります。
こちらが、術後4日目です。内出血や腫れは、ほとんど見当たらないです。

LIP7_L_arm_1W_after.jpg

二の腕の強力脂肪溶解注射 2

前回の記事の、同じモニターさんの、右腕のBefore-Afterと、術後早期(4日目)の写真です。
まずは、術前と3カ月目の比較写真

LIP7_R_arm_before.jpg LIP7_R_arm_3M_after.jpg

そして、こちらが4日目。

LIP7_R_arm_1W_after.jpg

たまたま左腕だけが、強力脂肪溶解注射で非常に良い経過を辿ったわけではなかったことが分かりますね?
実際は、実物の診察上では、ほんの少しだけ、腫れが察知されています。

強力脂肪溶解注射 ほほ

頬の強力脂肪溶解注射を受けたモニターさんです。

LIP7_cheek_before.jpg LIP7_cheek_1M_after.jpg

「太るとすぐに顔に出る 」と言っていた方なのですが、術後はすっきりと頬の下のほうの脂肪が少なくなり、体重の変動による顔の大きさの変化も少なくなりました。術後の写真は、少し顎を突きだし気味なので、実物よりも顎の幅が大きく写っていますが、それでも術前の状態よりも顔が細いのがわかります。

強力脂肪溶解注射 ヒップ 臀部

洋服を購入するときに、ウエストサイズはぴったりでも、ヒップが入らずに、せっかく気に入ったデザインのものを諦めていることはないでしょうか?

LIP7_hip_before.jpg LIP7_hip_1M_after.jpg

または、店員さんに手伝ってもらって、試着できたので購入したものの、家ではヒップがうまくフィットでず、クローゼットに眠っている洋服があるようなことはないでしょうか?
今回のモニターさんは、まさしくこういった悩みで、治療を決断しました。ただし、脂肪吸引はダウンタイムの関係上、どうしても無理があったので、強力脂肪溶解注射ということになりました。ヒップの幅や大きさが小さくなり、脚が長く見えるようになりました。勿論、1回の注射の効果です。

強力脂肪溶解注射 二の腕

やっぱり、半袖やノースリーブの季節ですね。腕の脂肪溶解注射の需要がウナギ登りです。

LIP7_left_arm_before.jpg LIP7_left_arm_1M_after.jpg

やはり、効果の出現が早いのと、普通の脂肪溶解注射の3から5回分の効果が1度に出るので、本当にお得な脂肪溶解注射なのです。1か所が1回12000円 (調査の結果、脂肪溶解注射の最安値と思われます)だとしても、5回すれば60,000円です。この効果が、うちの強力脂肪溶解注射なら、1回(5万円)で出るのですから、ほんとうにお得です。また、瀕回の通院の手間と、効果出現までの待機期間を考えると、お得感はますます上昇します。
右側の写真は、二の腕の強力脂肪溶解注射1カ月弱の状態です。まだまだ、これからが楽しみです。

強力脂肪溶解注射 ふくらはぎ

ふくらはぎに強力脂肪溶解注射を注射して3か月です。

050202_0004-1.jpg DSCF0073-1.jpg

ふくらはぎは、筋肉性のものと皮下脂肪によるものとがあり、筋肉性のものはボトックス、皮下脂肪性のものは強力脂肪溶解注射・プラズマリポ・脂肪吸引などで対応する必要があります。また、細さを追求するなら、筋肉と脂肪の両方を考慮する必要があります。


その他の強力脂肪溶解注射関連ページ

その他の強力脂肪溶解注射
色々な部分の強力脂肪溶解注射のモニター症例写真集。太ももや腰、膝など。
皮下脂肪の垂れ下がりがある腹部の強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射は、層を変えて注射することと、その成分の配合を変化させることで、たるみの治療も可能。急激な肥満は、皮膚を伸ばしてしまって、たるみの原因になり、それに対して、強力脂肪溶解注射は、皮下組織の脆弱化を修正することで、たるみを減少させるが、たるみの存在する部分だけでなく、その周辺を含めた広い範囲で行うことが大切。
徹底的にお腹回りを強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射が強力である理由は、薬剤の配合に違いがあるため。脂肪溶解注射の効果を考えるとき、局所での薬液の物理的動態を深く考察する必要があり、その効果を高めるには、薬剤へのエピネフリンの添加と、細胞間に脂肪溶解成分が十分に行き渡ることが大切。つまり、脂肪溶解注射の液が、広がった上で、そこの場所に留まっていることが大切。
下腹部に強力脂肪溶解注射
脂肪細胞以外の脂肪組織構成成分である、繊維質の多い脂肪組織でも、強力脂肪溶解注射なら効果的。脂肪由来幹細胞が多い場所は、ダイエットに反応しにくく、妊娠・出産は、ホルモンが下腹部や腰回りの幹細胞に働き、脂肪組織を増加させる。
強力脂肪溶解注射 肩から二の腕
欧米でよく効く脂肪溶解注射が日本人に効かない理由は、脂肪組織が脂肪細胞のみでできているのではなく、細胞外マトリックスが存在し、日本人の脂肪組織には、その細胞外マトリックスが多いため。脂肪組織の構造の違う欧米人向けの改良の方向性を変更し、脂肪溶解注射を日本人のために改良して出来上がったのが、強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 3
腋や背中の脂肪の減量も、二の腕を細くするには効果的。腕が年々太くなる原因の一つは、皮膚のタルミも大きな要素。皮膚の余りに対する対処法*アームリフト*プラズマリポ*イントラセル。いろんな要素で腕が太く見えるようになるのだが、その根幹はやはり、脂肪層の厚さによる。「運動で皮膚が引き締まる」というのは、大きな誤解。引き締まったように見えるだけ。
腕の強力脂肪溶解注射 2
細胞外マトリックスを通りぬけて、脂肪細胞にしっかりと、脂肪組織を破壊する薬剤が到達することが、強力脂肪溶解注射と普通の脂肪溶解注射の違いと言える。脂肪細胞を小さくするだけの脂肪溶解注射やカーボメッドは、エステのマッサージと何の変りもない。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 2
ブーツを履きはじめる秋と、脚の露出が増えてくる春は、ふくらはぎを細くしたいという需要が増加する。足首に関しては、脂肪溶解注射の効果が出るまでの期間が長い。強力脂肪溶解注射で遊離した脂肪由来幹細胞は、皮膚に対しても修復力を発揮し、フォスファチヂルコリンの肝臓に対する作用と相俟って、美肌効果を出す。
ふくらはぎ+足首の強力脂肪溶解注射 1
皮下脂肪でふくらはぎが太いのか、筋肉で太いのか、原因に合わせて対処したほうが、より良い治療が可能。むくみは、放置すると脂肪になる。むくみ防止には、圧迫の効いたストッキングや、減塩とカリウム摂取を増加させる食物の摂取が有効。
膝周辺の強力脂肪溶解注射
膝周辺の脂肪の沈着は、年齢とともに増してくるのだが、意外と見落とされがちな美脚ポイントである。脂肪組織は、脂肪細胞だけでなく、細胞外マトリックスも重要な構造物で、それを無視してきたがために、改良がうまく行かなかった。細胞外マトリックスの膜を通過して、脂肪細胞により多くの脂肪溶解成分が到達できるようにしたのが、当院の強力脂肪溶解注射。
腕の強力脂肪溶解注射 1
腕の太さは、たるみが関与している場合が多い。腕を横に下した状態では、たるみの治療と腋の脂肪除去を同時に行うことが、よりよい結果を生み出す。普通の脂肪溶解注射の場合には、たるみに対しては無効。腕を細くするための強力脂肪溶解注射で、より大きな効果を得たい場合には、腋や肩の部分まで、広い範囲で注射を行う必要がある。
強力脂肪溶解注射の長期経過(太もも+ヒップ)
当院の強力脂肪溶解注射は、8年の長期効果を確認している。脂肪溶解注射の中でも、脂肪細胞を小さくするだけの注射は、1年もすれば元に戻っている。高周波を使用する機器の場合、逆に脂肪組織の再生を助けてしまうことがある。どんな脂肪溶解・脂肪融解法であっても、細胞外マトリックスである、脂肪細胞を包んでいる膜に対して働かないと、元に戻ってしまうことになる。
強力脂肪溶解注射・太もも30か所
脂肪溶解注射は、メソセラピーから分かれた、皮下脂肪減量に特化した注射。セルライト治療の過程で発見された脂肪溶解成分が、フォスファチヂル・コリン。フォスファチヂル・コリン単体ではなく、デオキシコール酸を混合した脂肪溶解注射の方が、効果が大きい。
強力脂肪溶解注射 太もも 3番8方向
脂肪溶解注射は、その元は慢性疼痛管理を主体とした伝統的なメソセラピーで、始まりはセルライト除去から。主成分はフォスファチヂル・コリンだが、海外での患者自身による自己注射で重大な副作用が多発し、海外の通販サイトは、在庫処分で日本をターゲットにしたため、日本でも副作用が多発した。自己注射の副作用で治療を受ける際には、健康保険での診療はできない。
強力脂肪溶解注射(太もも外側と膝周囲)
強力脂肪溶解注射は、軽い脂肪吸引並みの効果が期待できる。脂肪溶解注射の効果は、脂肪溶解作用のあるフォスファチヂル・コリンを、どれだけ効率よく脂肪細胞に届けるかということで差がつく。脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、そのまま尿や便として排泄されるわけではなく、肝臓での代謝産物として排泄される。
太ももの上方をくるりと一周、強力脂肪溶解注射
ジーンズのサイズ合わせで困らないように、太ももの強力脂肪溶解注射。脂肪溶解注射は全身的な肥満ではなく、部分痩せのための注射である。体型のアンバランスは、脂肪細胞の分布のアンバランス。肥満と脂肪細胞の再生、そして脂肪肝に至るまで。強力脂肪溶解注射で脂肪由来幹細胞が全身にばらまかれ、肌や持病の改善もみられることがある。
長期経過(9か月)観察(ヒップ+太もも)
燃焼系脂肪溶解注射と、破壊系脂肪溶解注射の違い。強力脂肪溶解注射後の生活制限は、特にない。術後、強烈な反応が出る場合には、時間がかかっても、通常よりも大きな効果が望める。
強力脂肪溶解注射 ヒップ+太もも
強力脂肪溶解注射の、術後の状態。腫れ、痛み、変色(赤みや内出血)などについて。強力脂肪溶解注射は、1か所に付き、注射は1回で、効果が出るのも早い。そして実は、強力脂肪溶解注射は、トータルで考えると、通常の脂肪溶解注射と比べて、非常にお得。本当に痛い時期には、麻酔薬が作用しているので痛くない
強力脂肪溶解注射 太もも1
無理なダイエットは、老化を促進する。南クリニックの強力脂肪溶解注射は、おまけ付き。美肌に対するおまけと、体調改善にも効果として、持病の病状が改善に向かうことも、理論的にはあり得る話。しかし、あくまでも強力脂肪溶解注射のおまけと考えておくべき。
太もも・ヒップ・膝周り 強力脂肪溶解注射フルコース
脂肪溶解注射を受けたら、ダイエットまではしないにしても、体重維持は必要。脂肪溶解注射でバストアップすることも、可能性としてはある。凸凹にならないのが、脂肪溶解注射の利点の一つ。ヒップが垂れ下がらない方法もある。太ももの内側は、意外と他人からは気になっていない。脂肪吸引後の凸凹を、脂肪溶解注射で治療できる。
強力脂肪溶解注射 太もも2
強力脂肪溶解注射は、処置期間が短く効果が出るのも早い。費用的にも、強力脂肪溶解注射は、その効果を考えるとかなりお得。ウルトラアクセント1回分の効果は、強力脂肪溶解注射の半分以下で、効果が大きな順では、強力脂肪溶解注射>>ウルトラアクセント>普通の脂肪溶解注射、となる。
太ももに強力脂肪溶解注射
強力脂肪溶解注射の効果は、脂肪吸引並み?太ももをより細く見せるための、脂肪溶解注射の処置ポイントは、ヒップと太ももの、微妙な関係に配慮して、ふとももの外側を攻めること。スカートを穿いたときに、太ももを細く見せたいなら、膝周りは特に重要。セルライトは、浅い層を脂肪溶解注射で攻める。