幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術

美容整形

南クリニックの幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術

注入した脂肪の平均生着率90%を達成した、驚異のオリジナル脂肪注入豊胸術です。
脂肪注入による豊胸術と言うと、どうしても、注射した脂肪が残らないというイメージがあると思います。 確かにこれまでの脂肪注入豊胸術は、注入した脂肪のうち、平均で30%程度の生着率で、 中には全く豊胸効果を感じることのできない症例も存在しました。 そこで、幹細胞やコンデンスリッチ・ファット、SVCを利用したり、ピュアグラフトなどの新しい脂肪分離法を利用して、 生着率を高め、より豊胸効果を高めようという技術が出てきました。 しかしこれらを使っても、脂肪の生着率は、最も高いもので80%が限界でした。 そこで当院では、再生医療のもっと深い部分の研究と、 これまでの方法の技術的欠点を洗い出し、注入した脂肪の平均生着率を90%まで向上させることに成功しました。 そしてついに、現在では、当院での豊胸術はこの幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術が主流となり、 これまでのシリコンバッグを挿入する豊胸術は、特殊な例を除いて、ほとんどなくなってしまいました。



再生医療を駆使した、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入
まず、気になる部分から、当院独自の極細脂肪吸引カニューレを使用して、皮下脂肪を脂肪吸引します。 そして、注入した脂肪の生着率を高めるため、血液成分や脂肪吸引の際に使用した薬剤の混ざった生理食塩水、 そして死んでしまって役に立たない細胞などを、遠心分離にて取り除きます。 さらに、幹細胞をはじめとした、脂肪吸引で獲得した脂肪組織内の細胞の濃度を極限まで濃縮します。 次に、このようにして濃縮した細胞と脂肪細胞に対して、独自の特殊加工を施します。 この特殊加工とは、自身の血液から取り出した成長因子や数種類の薬剤を、適切な細胞成分に対してそれぞれ反応させる作業です。 最後に、このようにして作成した豊胸用の細胞加工物を専用の注射器に充填し、バストに注入します。



幹細胞・WPRPF併用脂肪注入の特徴
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入の特徴は、何といっても、注入した脂肪組織の生着率(吸収されずに残る脂肪組織の割合)が、大幅にUPしたことです。 これまでの脂肪注入による手術の場合には、生着率が顔の場合で約30%から50%・バストの場合で約20%から30%の生着率でした。 しかし、この幹細胞・WPRPF併用脂肪注入の場合には、どちらも平均90%の生着を可能にしました。 そしてこの生着率はあくまでも「生着」率であり、死んでしまった脂肪組織によって形成された、 硬いしこりによる豊胸効果ではありません。



幹細胞・WPRPF併用脂肪注入の手術手順
1)脂肪吸引をするところに、麻酔をする。

麻酔の方法は、脂肪吸引で採取する脂肪の量、つまり注入する予定の脂肪の量によって決まります。 しかし、豊胸術の場合には顔面とは違って、比較的多くの脂肪を必要とするため、脂肪吸引の範囲もある程度の範囲を設定する必要があります。 そこで簡易な全身麻酔としての静脈麻酔を使って、眠っている間に硬膜外麻酔を施します。

2)脂肪を、針のような極細の吸引管で採取する。

当院オリジナルの極細吸引管(カニューレ)で採取することで、カニューレを挿入した跡は、 治癒してしまえば「ない」と言っても過言ではないほど、目立たなくなります。
また、極細のカニューレで脂肪吸引することで、採取された脂肪の粒が直後から非常に小さいものとなっています。 そのため、それらを加工して注入用の脂肪を作成する際にも、加工効率が良く、 注入後にも周囲のバストの組織から、注入された脂肪細胞や幹細胞などを含む成長細胞への栄養や酸素の供給が、 豊富に、かつスムースに行われます。これらのことは、注入した脂肪組織の生着率のUPに貢献します。

3)脂肪を注入するところに、印をつける。

バストの中の、どの部分に、どれくらいの量の、注入用として準備した脂肪を注射するかを、あらかじめ検討しておきます。 そして手術の前には、その計画に沿って、バストに印をつけていきます。 当然のことですが脂肪吸引に際しても、どこの部分から、どのような形を作ることを目的として、 どれくらいの量の脂肪を採取するかを、きちんと印をつけます。 基本的には、立った姿勢か、もしくは座った姿勢で、この印は付けていくことになります。

4)脂肪を注入するところに、麻酔をする。

脂肪注入を行うバストに麻酔をします。 大半の場合には、脂肪吸引を開始する前に、脂肪吸引用の硬膜外麻酔を行う際に、眠っている間に、 同時に麻酔用のカテーテルを挿入していますので、このカテーテルから麻酔薬を注入します。 注入する予定の脂肪が多くない場合には、局所麻酔で十分ですので、局所麻酔で行うこともあります。
この場合には、一度、局所麻酔液で、脂肪注入によって膨らませたい部分を膨らませてみることもあります。 そうすることで、バストの中の部分ごとに、必要な注入用の脂肪の量を決定しなければならないケースがあるからです。 このように局所麻酔薬で膨らませてみるといった手法を採った場合には、麻酔薬がよく吸収されるように、 マッサージを行い、麻酔液による腫れをできるだけ取り去ります。

5)脂肪を注入する。

バストに加工した脂肪を注入します。その際、使用する針は、先端が丸いものを使用します。 これは、周辺の脂肪組織をできるだけ傷つけないようにするためです。 周辺の脂肪組織を傷つけないことで、血管やリンパ流などの、栄養と酸素を脂肪組織の中で細胞に運搬するシステムを保存し、生着率を高めます。 さらに注入する脂肪組織は、一つのかたまりが約0.1cc以下になるように、別々の深さ・位置に、できるだけバラバラになるように注入します。 これは、周囲の組織からの脂肪細胞への栄養の供給が豊富に、かつスムースに行われるようにするためです。こうして生着率を向上させ、しこりを残さない脂肪注入が可能になります。

6)帰宅

局所麻酔のみで処置を受けた方は、このあとすぐに帰宅できます。
脂肪を注入する際に硬膜外麻酔を使用した方は、約2時間の休憩の後、帰路につけます。



幹細胞脂肪注入豊胸術後の経過・バストの変化
手術を行った箇所のうち、バストに関しては注入・注射のみですので、この手術の術後は非常に楽なものです。 腫れに関しても、約1週間あれば、ほぼ退いてくるでしょう。 内出血は、全く出ないと言えば嘘になりますが、出ても非常に軽度で、その軽度な内出血も、術後約2週間でほとんどなくなります。
当院では、手術翌日(術後1日目)の再診を推奨しています。 手術翌日の再診の際、脂肪吸引したところのヘビーな圧迫固定を外して、カニューレ(吸引管)の挿入口に、防水フィルムを貼るためです。 その時に、バストのほうも検診し、注入した時の針穴にも防水フィルムを貼って、針穴を防水します。 そうすることで、シャワーを全身、浴びてもらうことができるようになります。 大部分のケースでは、バストに対する防水は特に必要ないのですが、あくまでも念のために行います。 それは、豊胸のためにバストに脂肪は、術後早期のうちは十分な血流が再開されていませんので、細菌感染に対してとても弱く、中に細菌が繁殖しやすいからです。 この状態で注入された脂肪が細菌感染すると、その脂肪は激烈な炎症を起こし、豊胸目的で注入された脂肪は細菌によって溶かされ、「膿」が溜った状態になってしまいます。 そうなると、バストに小さな切開を加えて、膿を排出させ(排膿)、場合によってはドレーンの挿入と留置が必要になります。 せっかく注入した脂肪を、全て膿として排出させないといけないばかりか、石灰化を伴ったシコリを残してしまいます。 このような事態が起こらないように、当院では、手術の翌日に再診していただいて、念のために防水フィルムによる防水処置を受けていただいています。
術後1週間すれば、細菌感染の危険もほとんどなくなります。 その時点で、入浴に関しても、シャワーだけでなく、浴槽に浸かることができるようになります。 バストの腫れも、かなり退いている状態です。 ここからは、バストが、一度、小さくなってきます。 これは、注入した脂肪が、吸収されると言うよりも、細胞一つ一つが小さくなるためだと思われます。 この現象は、約1カ月から2カ月の間、続きます。 その後、もう一度細胞が大きくなってきて、バストの大きさが再び大きくなります。 大きくなるのは、術後6ヶ月間にわたって、徐々に大きくなり、その後、成長を停止します。 ここまでのバストの変化を、簡単に説明すると、たとえば以下のようになります。

1)AカップからCカップになるように、脂肪の量を考えて、幹細胞とWPRPFを混合して、注入した。
2)術後すぐにはCカップになったが、術後1から2カ月で、Bカップになってしまった。
3)しかし、3カ月目には、再びCカップになった。

このような、術後3カ月目に再びバストの体積がおおきくなり、成長する脂肪注入は、幹細胞とWPRPFを併用する必要があります。 実際、私の経験上、通常の脂肪注入(コンデンスファット)では、2カ月で吸収が終了すると、それ以降、バストのサイズは 変わりません。 また、幹細胞+脂肪の注入では、吸収は少ないものの、2カ月目以降のバストの成長は見られませんでした。 以上から分かったことは、長期経過の中で、バストが再び大きくなるのは、WPRPFの作用であるということです。
ところで、このWPRPFですが、シワに用いるWPRPFとは、成長因子の混合濃度や粘チョウ度がまったく違います。 また、作用のさせ方が違います。 シワに使用する場合は、主に皮膚に対して作用させるわけですから、皮膚に作用しやすいように、粘チョウ度と成長因子の濃度を調整しています。 それに対して、バストの場合には、皮下脂肪に作用させるわけですから、シワに注射するのとは、全く異なったフォームをとるのです。

渋谷と名古屋の 美容整形・美容外科南クリニック サイト更新情報