これまでの脂肪注入の問題点を解決した、 幹細胞・WPRPF併用脂肪注入

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 豊胸術(高生着率幹細胞・WPRPF併用脂肪注入)豆知識 > これまでの脂肪注入の問題点を解決した、 幹細胞・WPRPF併用脂肪注入

これまでの脂肪注入の問題点を解決した、 幹細胞・WPRPF併用脂肪注入

これまでの脂肪注入の問題点

この方式(W-PRP-F・幹細胞併用脂肪注入)が開発される前の脂肪注入では、生着率が顔の場合で約30%から50%・バストの場合で約20から30%でした。したがって、なるべく一度で目的を達成したい場合には、平均で必要脂肪量の約3倍の脂肪注入を行う必要がありました。つまり、脂肪注入で目的の3倍に局所を膨らませていたわけです。
この方式には大きく分けて、3つの問題点があります。
ひとつは、術後のいわゆる「腫れ」が長引くことです。
注入した脂肪が、それなりに吸収されるまでには約1か月かかります。これは、「腫れ」が退くのに約1か月必要だということです。また、3倍に膨らませて、さらに局所麻酔も大量に入っているわけですから、初期の腫れもハンパじゃありません。しかし、この問題は、時間が経てば自然に解決します。
二つ目は、麻酔です。
3倍の量の脂肪注入を無痛で行うためには、注入する箇所に、大量の麻酔薬を注入する必要があります。また、脂肪を採取するところに関しても同様です。特に、顔面や胸部への大量の局所麻酔薬の注射は、麻酔薬の血液内濃度を急激に上昇させやせやすく、最悪の場合には局所麻酔薬中毒の症状として、血圧低下・見当識障害・けいれんなど、緊急事態に発展することがあります。これらを念頭において的確に対処できれば、特に後遺症も残さず解決できるので、これも手術を受ける以上、避けがたいものと解釈することも可能でしょう。
しかし、3つ目の「しこり」の問題は、先の2つとは全く性格が異なるものです。
それは、前の2つが、手術の時のみの一時的な問題であるのに対して、「しこり」は放置しておくと、場合によっては一生、そのままの状態になってしまうことです。そして、内部に「石灰化」を起こすと、バストの場合、マンモグラフィーで癌と非常によく似た所見となり、最悪の場合には乳房切除手術となります。だから、アメリカの形成外科学会・美容外科学会では、近年まで脂肪注入による豊胸術を事実上禁止していました。しかし近年、このような脂肪注入技術の進化に伴い、アメリカでも脂肪注入による豊胸手術を行う医師が増加してきています。

それでは、なぜ、これまでの脂肪注入は、「しこり」ができていたのでしょう?それは以下の4つの原因が考えられます。

1)局所の高い内圧

先ほどの説明の通り、これまでの脂肪注入は、生着率(注入した脂肪が吸収されずに残る率)が低いものでした。そこで、予定量の約3倍の脂肪を注入しておく必要があったわけですが、そうすると、注入した部分の内圧が非常に上昇して、内部の血管を圧迫し、血流が悪くなります。簡単に説明すると、ゴム風船をいっぱいに膨らませた状態を想像していただければわかると思います。血流が悪くなると、当然のことながら、注入した脂肪に対しても、栄養や酸素の供給が減少します。さらに2)の、「注入した脂肪同士がお互いに接触し、固まる」という現象も起きやすくなるのです。そうすると、注入した脂肪の多くが壊死に陥ます。壊死に陥った脂肪は、白血球の一種であるマクロファージによって貪食(食べられる)され、そこから取り去られるのですが、その際には必ず炎症反応を伴います。炎症反応は、慢性的に長期間持続すると、石灰化の原因となるものです。バストの場合は、特にたくさんの脂肪を注入する必要があるため、壊死に陥る脂肪も大量です。したがって、炎症反応も慢性的に長期間に及びやすく、石灰化を伴うしこりの発生率が高くなります。 

2)注入した脂肪がお互いに接触し、固まる

脂肪注入の手技は、脂肪をまとめて一気に注入するのではなく、少量づづばらばらに注入します。これは、注入した脂肪が、周囲の組織からできるだけたくさんの栄養や酸素を受け取り、生着するための絶対条件と言えます。植木をかためて植えるのと、一本一本分けて植えるのとでは、植木の成長が違うのと同じことです。しかし、これも大量の脂肪を注入する必要がある従来の脂肪注入では、注入した脂肪同士の距離が近すぎ、場合によってはお互いに接触してしまい、生着するために十分な栄養や酸素が、注入した脂肪に供給されません。たくさんの植木を、せまい庭に植えている状況です。その結果、生着にむらができたり、先ほどの1)の説明のような経過をたどって、壊死に陥った脂肪が吸収される過程でしこりが発生したりするのです。

3)太い吸引管での脂肪吸引で採取した大粒の脂肪

太い吸引管(カニューレ)で脂肪を採取すると、非常に短い時間で大量の脂肪が採取できます。しかし、採取された脂肪は、大きな脂肪の塊です。これを注入すれば、塊の中心部の脂肪細胞は、生着のために十分な酸素や栄養を、周囲の組織から受け取ることができず、壊死に陥ります。このように中心部のみが壊死に陥った脂肪の塊は、白血球の一種であるマクロファージが壊死に陥った脂肪を貪食するのも遅く、慢性的な炎症反応が長期に及びます。つまり、1)で説明したとおり、この場合も石灰化を伴うしこりの発生率が高くなります。「1から2時間でバストアップ」などと広告している場合には、ほとんどが太い脂肪吸引管での脂肪採取を行っていると思われます。実際、そのような施設での手術を受け、術後のしこりについて相談に当院を訪れる方も非常に多いのが現状です。

 

これまでの脂肪注入の問題点を解決した、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入

これまでの脂肪注入で、「しこり」ができていたのがお分かりになったと思います。では、 W-PRP-F/幹細胞併用脂肪注入は、どうなのでしょう。

1)低い局所の内圧

W-PRP-F/幹細胞併用脂肪注入は、これまでの説明の通り、生着率(注入した脂肪が吸収されずに残る率)が高い脂肪注入法です。脂肪注入量は、予定量を上回る必要はありません。したがって、脂肪を注入した部分の内圧は、大きく上昇することがありません。これまでの脂肪注入では、内圧が非常に上昇して、内部の血管を圧迫し、血流が悪くなっていたのとは、大きな違いがあります。W-PRP-F/幹細胞併用脂肪注入は、血流が悪くならないので、注入した脂肪に対して栄養や酸素の供給が悪くなりません。さらに、成長因子が豊富に含まれているW-PRP-Fと、成長因子を生産する幹細胞が働き、血管や細胞外マトリックスの生成を促進するため、注入した脂肪には早期に豊富に栄養と酸素が供給されます。
また、内圧が低い状態では、2)の「注入した脂肪同士がお互いに接触し、固まる」という現象は、発生しにくいことは自明です。その状態であれば、注入した脂肪の多くが壊死に陥らず、白血球の一種であるマクロファージがたくさん集まって来ることもありません。それは、マクロファージが貪食する(食べる)壊死に陥った細胞がないためです。よって炎症反応も少なく、慢性的に長期間持続することもないため、石灰化の原因が存在しないのです。バストの場合でも、大量の壊死に陥る脂肪が発生しません。したがって、石灰化を伴うしこりの発生がないわけです。

2)「注入した脂肪がお互いに接触し、固まる」という現象は起きない

前章の説明の通り、脂肪注入の手技は、脂肪をまとめて一気に注入するのではなく、少量づづばらばらに注入します。これは、注入した脂肪が、周囲の組織からできるだけたくさんの栄養や酸素を受け取り、生着するための絶対条件と言えます。植木をかためて植えるのと、一本一本分けて植えるのとでは、植木の成長が違うのと同じことです。W-PRP-F/幹細胞併用脂肪注入では、脂肪注入量は、予定量を上回る必要がありませんので、注入した脂肪同士の距離が近すぎたり、お互いに接触ることはなく、生着するために十分な栄養や酸素が、注入した脂肪に供給されます。十分な広さの土壌に、余裕を持って植木を植えている状況です。その結果、生着にむらができたり、壊死に陥った脂肪が吸収される過程でしこりが発生したりすることがありません。

3)当院オリジナルの、極細吸引管(カニューレ)での脂肪吸引で採取した細かい脂肪

太い吸引管(カニューレ)で採取した脂肪を注入するリスクは、前章の3)で解説したとおりです。W-PRP-F/幹細胞併用脂肪注入では、極細吸引管(カニューレ)での脂肪吸引で採取した細かい脂肪を使用します。脂肪の採取には時間がかかりますが、採取された脂肪は一つ一つが小さな塊です。この場合、注入した脂肪は、塊の中心部の脂肪細胞まで、生着のために十分な酸素や栄養を、周囲の組織から受け取ることができます。よって、大粒の脂肪を注入した時のような中心部のみが壊死に陥った脂肪の塊を作ることがなく、ゆっくりと白血球の一種であるマクロファージが壊死に陥った脂肪を貪食することがないため、慢性的な炎症反応が長期に及ぶこともありません。つまり、1)で説明したとおり、石灰化を伴うしこりが発生しないわけです。実際、手術時間はやや長時間(顔面で1時間程度・バストで2、3時間程度)ですが、石灰化を伴うしこりは、これまで一度も発生したことがありません。


これまでの脂肪注入の問題点を解決した、 幹細胞・WPRPF併用脂肪注入関連ページ

幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術に伴う脂肪吸引について
脂肪注入による豊胸術に伴う脂肪吸引の術後を、いかに楽にするかが、この豊胸術の術後経過のキーポイントとなる。
幹細胞脂肪注入豊胸術に用いられる、幹細胞分離を行う機器
豊胸用に幹細胞を脂肪組織から分離する機器は多数存在するが、それぞれに問題点がある。
幹細胞脂肪注入豊胸術後の経過・特に痛みや内出血について
脂肪注入での豊胸術の術後経過は、そのほとんどが、脂肪を採取する際の脂肪吸引に左右される。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入 豊胸術の手順概要
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術の、手順の概要。
幹細胞・WPRPF・注入用脂肪の混合と、バストへの注射
幹細胞やWPRPFの不均等混合や、大きな塊での注入手技は、バストのしこりと左右差などの原因となる。
脂肪吸引で取りだした脂肪を遠心分離?コンデンスファットとは?
コンデンスファットやコンデンスリッチファットというのは、当院の幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術においては、中間産物に過ぎない。
これまでの脂肪注入の問題点を解決した、 幹細胞・WPRPF併用脂肪注入
これまでの脂肪注入の問題点の原因を排除し、それらを解決した、 W-PRP-F/幹細胞併用脂肪注入。