幹細胞脂肪注入豊胸術後の経過・特に痛みや内出血について

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 豊胸術(高生着率幹細胞・WPRPF併用脂肪注入)豆知識 > 幹細胞脂肪注入豊胸術後の経過・特に痛みや内出血について

幹細胞脂肪注入豊胸術後の経過・特に痛みや内出血について

脂肪注入そのものは、単なる注射ですから、注入を受けたバストは、術後の痛みもほとんどなく、いわゆる「張った感じ」が 約1週間あるだけです。脂肪注入の術後の痛みや、経過の困難さは、そのほとんどが、脂肪吸引を行ったところのものです。したがって、脂肪吸引の術後の経過が、脂肪注入の術後の経過に直結しています。つまり、術後が楽な脂肪吸引なら、この手術の術後は楽であるということなのです。

では、術後が楽な脂肪吸引とは、いったい、どんな脂肪吸引なのでしょうか?内出血が無く、術後の痛みも無く、そして、術後の圧迫固定もない、といった脂肪吸引が、最高に楽な脂肪吸引ですが、残念ながら、そのような脂肪吸引はこの世の中に存在しません。そして、これからも発明されることはないでしょう。一部の美容外科クリニックの広告文句に、以下のような文言があります。
「術後の痛みはありません」
・・・・・真っ赤なウソです。
「手術の翌日から仕事に戻れます」
・・・・・「仕事に行くのは、医学的には禁止しない」というだけ。通勤するのに、駅の階段をスムースに昇降できるかというと、ちょっと無理でしょう。
そんなことを謳い文句にしているクリニックほど、実際は荒っぽい脂肪吸引を行って、術後は激痛と、脂肪吸引したところが、全面の内出血で変色する場合が多いようです。


幹細胞脂肪注入豊胸術後の経過・特に痛みや内出血について関連ページ

幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術に伴う脂肪吸引について
脂肪注入による豊胸術に伴う脂肪吸引の術後を、いかに楽にするかが、この豊胸術の術後経過のキーポイントとなる。
幹細胞脂肪注入豊胸術に用いられる、幹細胞分離を行う機器
豊胸用に幹細胞を脂肪組織から分離する機器は多数存在するが、それぞれに問題点がある。
幹細胞脂肪注入豊胸術後の経過・特に痛みや内出血について
脂肪注入での豊胸術の術後経過は、そのほとんどが、脂肪を採取する際の脂肪吸引に左右される。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入 豊胸術の手順概要
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術の、手順の概要。
幹細胞・WPRPF・注入用脂肪の混合と、バストへの注射
幹細胞やWPRPFの不均等混合や、大きな塊での注入手技は、バストのしこりと左右差などの原因となる。
脂肪吸引で取りだした脂肪を遠心分離?コンデンスファットとは?
コンデンスファットやコンデンスリッチファットというのは、当院の幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術においては、中間産物に過ぎない。
これまでの脂肪注入の問題点を解決した、 幹細胞・WPRPF併用脂肪注入
これまでの脂肪注入の問題点の原因を排除し、それらを解決した、 W-PRP-F/幹細胞併用脂肪注入。