痩せ型の体型で幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術

美容整形
美容整形・美容外科 南クリニック > 幹細胞・WPRPF併用高生着率豊胸術の症例写真集 > 痩せ型の体型で幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術

痩せ型の体型で幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術

かなり痩せ型の体型のモニターさんですが、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入で豊胸術を行ったモニターさんです。そしてさらに、バストグロウを併用しています。

2013_04_30_23_29_50.JPG 2013_0530_135115AA.JPG

幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術の際の、脂肪吸引した太ももの状態。
2013_04_30_233101.JPG 2013_0828_153110AA.JPG

そして、バストグロウ2回施行。左は1回目の結果。右は2回目終了後の状態。
2013_0709_145731AB.JPG 2013_0828_142654AA.JPG

これまでの脂肪注入は、その生着率の悪さから、痩せ型の体型の患者さんには、十分な注入用の脂肪が確保できないため、不向きな手術とされてきました。そこで、幹細胞併用脂肪注入が開発されてからは、それまで約30%とされていた注入脂肪の生着率は、その2倍の60%まで向上し、さらにPRPを併用することで70%まで向上しました。そしてコンデンスリッチという方法では、生着率が80%まで向上しています。しかし、これらの方法を以ってしても、どうしても脂肪吸引で多くの注入用脂肪を採取する必要があり、やはり痩せ型の患者さんには、十分な豊胸効果を得ることができません。実際、当院にも、このような痩せ型の体型の患者さんが、他院にてバッグ挿入による豊胸術を勧められ、どうしても納得できずに来院されます。そこで、当院の幹細胞・WPRPF併用脂肪注入で、痩せ型の患者さんでも、よい結果を獲得でき、満足されています。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入とは、脂肪吸引で採取した脂肪組織から幹細胞を分離し、注入する脂肪に混合するとき、同時にWPRPFを加えて、注入用の脂肪を調整する、当院独自の方法です。幹細胞と混合する脂肪は、遠心分離して濃縮をかけ、水分をできる限り取り除くばかりでなく、上澄みの遊離した中性脂肪主体の油脂成分と、そのすぐ下の、成熟してしまっていて、注入しても吸収されてしまう細胞の部分まで取り除き、厳選した「若い」細胞のみを使用します。遠心分離して濃縮をかけて、水分と遊離した油脂成分を取り除いてできた注入用濃縮脂肪組織のことが、俗に「コンデンスリッチ」ファットと言われています。つまり、当院の幹細胞・WPRPF併用脂肪注入とは、幹細胞+コンデンスリッチ+WPRPF(成長因子)という、生着率向上に対して、これまでの3つの方法をトリプルで組み合わせた方法であるということができます。

こちらのモニターさんですが、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入によって、十分な豊胸効果を獲得できたのですが、完成後に、もう少しだけ大きくしたいという希望を伝えられました。

2013_04_30_23_30_00.JPG 2013_0530_135126AA.JPG

幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術の際の、脂肪吸引した太ももの状態。
2013_04_30_233109.JPG 2013_0828_153118AA.JPG

バストグロウ2回施行。左は1回目の結果。右は2回目終了後の状態。
2013_0709_145741AB.JPG 2013_0828_142701AA.JPG

しかし、かなり痩せ型であって、再び脂肪吸引で脂肪を採取して幹細胞・WPRPF併用脂肪注入を行うには、かなりの範囲の脂肪吸引が必要で、見積上、1回目の手術よりも高額な手術費用が必要となります。そこで、1回目の手術で十分な幹細胞がバストに対して移植されていることを考慮し、バストグロウを受けていただくことになりました。バストグロウは、成長因子によって乳腺と皮下脂肪を増量させる処置で、手術ではなく注射のみで行える豊胸術です。一度に大量の豊胸効果を望むことはできませんが、処置そのものが注射のみですので、日常生活に与える制限などもなく、手軽に行えるところが、大きな利点として評価されています。また、このバストグロウは、ヒアルロン酸の注射などと違って、バストの組織そのものが増量されるため、その効果の持続期間は脂肪注入と同等で、半永久的です。また、脂肪注入同様、異物を利用するものではありませんので、レントゲンをはじめとして、マンモグラフィーやCTスキャンやMRIに至るまで、どんな検査を行っても、豊胸手術・処置の痕跡さえ残りません。

幹細胞・WPRPF併用脂肪注入の術後の経過ですが、これまでの脂肪注入による豊胸術とは、少しだけ違いがあります。

2013_04_30_23_30_09.JPG 2013_0530_135139AA.JPG

脂肪吸引した太ももとヒップの状態。
2013_04_30_233116.JPG 2013_0828_153139AA.JPG

そして、バストグロウ2回施行。左は1回目の結果。右は2回目終了後の状態。
2013_0709_145756AB.JPG 2013_0828_142712AA.JPG

それは、術後1ヶ月目に最小の状態になり、その後、約半年間は、再びバストが大きくなってくるということです。実際の術後のバストの状況ですが、どのように変化するかは、順番には次のようになります。
まず、手術の直後は、腫れが出て、バスト自体はかなり大きくなります。これは、しこりやそれに伴う石灰化を防止し、さらに注入した脂肪の生着率を高めるために、乳腺を取り囲むように、細かくばらばらに脂肪を注入するためです。このように細かくばらばらに脂肪を注入する場合、注入するための皮膚の穴は1箇所であっても、バストの中には、たくさんの脂肪の粒が満遍なく植えつけられるため、刺激を受けて、その結果、腫れが出るのです。
そのように腫れて大きくなったバストも、術後2週間程度経過すると、腫れは収まります。この時点では、ほぼ、注入した脂肪そのものの大きさがバストに存在していると考えていいでしょう。ここから約3ヶ月かけて、注入した脂肪の一部は吸収され、同時に幹細胞などは成長を始めます。
術後1ヶ月目には、経過中で、一番バストが小さくなり、豊胸効果が最も少ない時期になります。これは、幹細胞が分裂して育ち、皮下脂肪の細胞になって豊胸効果を発揮するのが、注入された脂肪細胞の吸収よりも遅いからです。謂わば、栄養不足に陥った脂肪組織が、一度小さく痩せてしまった状態であるということができます。この後、注入した幹細胞や、元々バストに存在する幹細胞が分裂と成熟を繰り返し始め、バストがさらに大きくなり、豊胸効果を増強し始めます。栄養が、注入された脂肪組織に対して豊富に運ばれるようになり、それまで栄養不足でやせ細ってしまった脂肪組織が、再び太り始めるということです。
術後3ヶ月から6ヶ月経過すると、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術は、完成の域に到達します。この頃には、注入した脂肪の体積は、平均してほぼ90%がバストに存在し、豊胸効果を発揮します。

では、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入で、脂肪を採取するための脂肪吸引を行った箇所の経過はどうでしょう?

2013_04_30_23_30_19.JPG 2013_0530_135151AA.JPG

幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸のために、術脂肪吸引した太ももの状態。
2013_04_30_233139.JPG 2013_0828_153213AA.JPG

左はバストグロウ1回目の結果。右は2回目終了後の状態。
2013_0709_145805AB.JPG 2013_0828_142720AA.JPG

幹細胞・WPRPF併用脂肪注入の脂肪採取における脂肪吸引は、通常の他院で行われている脂肪吸引よりも、かなり楽な経過だと考えていただいていいと思います。まず、当院の脂肪吸引は、その使用するカニューレと言う、脂肪を採取する管が非常に細いものです。通常、ボディーの脂肪吸引の場合、他院では直径約3ミリから4ミリのカニューレを使用します。それと比べて、当院では直径約1.5ミリから2ミリのカニューレで脂肪吸引を行います。このことで、脂肪組織内の血管や神経の保存が、より細いものまで可能になり、術中の出血が少ないばかりか、術後の痛みも少ないものになっています。
血管の保存が術後の痛みに影響するのは、術後の内出血の量と関係します。一般的に、内出血と言うのは、血管が切れて、そこから出てきた血液が、皮膚から外に出ず、皮下脂肪層に存在している状態です。これが一か所に大量に存在すると、血腫という状態になります。いわゆる、「血の塊」と言うやつです。この血の塊ですが、当然のことながら、血管の外にありますので、血液が固まる反応が発生しています。血液が固まる時、またはその後には、いわゆる「痛みを発生する物質」の一部の種類が放出されます。それらが、神経を刺激するため、血腫が発生すると、そこには強い痛みも発生するのです。つまり、脂肪吸引後の痛みをなるべく絞りたいということであれば、その原因の一つである血腫を発生させないこと、即ち、内出血を少なくすることです。そのためには、できるだけ、皮下脂肪内の細い血管まで保存することが大切で、細いカニューレで脂肪吸引をすることには、大きな意味があるということになります。
一方、脂肪吸引の術後の痛みの程度と、カニューレによる神経の切断については、ある仮説を提唱しています。
神経の線維は、一般的には脊髄から出て、最初は束になっているものが、次第に分かれて最終的には皮膚をはじめとする臓器に分布します。それらの神経線維は、皮下脂肪や皮膚の中では、神経終末小体という器官となって終了しています。その神経終末には、いくつかの種類があり、痛覚・温冷覚・触覚・圧覚をそれぞれ司っています。つまり、一つの神経終末は、それぞれ一つの感覚しか感じることができなくなっています。これら神経終末の中で、痛みとして痛覚を伝えるのが、自由終末と言って、特に神経終末小体がなく、神経の先端がそのまま終了しているところだと言われています。そこで、その神経の自由終末が多いほど、同じ痛み刺激であっても、痛みを強く感じるということが言えます。太いカニューレでの脂肪吸引手術と、細いカニューレでの脂肪吸引手術を比較すると、神経の切断が多いのは、太いカニューレでの脂肪吸引であることは、論を待たないところであります。そして、切断された神経線維の切断面は、まさしくこの神経の自由終末であるということができます。つまり、直径の太いカニューレで脂肪吸引を行った場合、この神経の自由終末が、細いカニューレで脂肪吸引を行った場合よりも多くできてしまいます。すると、前述の血液が固まる時にできてくる痛みを発生させる物質による痛み刺激も、たくさん受容してしまうということです。そうして、太いカニューレを使用した脂肪吸引は、細いカニューレでの脂肪吸引よりも、術後の痛みが強くなるということなのです。

こちらのモニターさんは、以上のような幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術を受けてから、最終的に、バストグロウを2回受けています。

2013_04_30_23_30_31.JPG 2013_0530_135210AA.JPG

脂肪吸引した太ももとヒップの状態。
2013_04_30_233132.JPG 2013_0828_153206AA.JPG

2013_04_30_233126.JPG 2013_0828_153147AA.JPG

そして、バストグロウ2回施行。左は1回目の結果。右は2回目終了後の状態。
2013_0709_145815AB.JPG 2013_0828_142729AA.JPG

バストグロウは、成長因子とホルモンの働きで、自分のバストを自然に大きくする方法です。処置は、これらをバストに注射するだけです。シリコンのバッグを使う豊胸手術やヒアルロン酸の注射のように、異物を使用することがなく、通常のレントゲンは勿論のこと、CTスキャンやマンモグラフィー、MRIなどの、全ての画像診断技術を用いても、豊胸の痕跡さえ発見できません。また、脂肪注入と違って、脂肪吸引にて脂肪を採取してくる必要がありません。このように、非常に手軽な豊胸術であるバストグロウなのですが、どうしても、1回だけの処置では、大きな効果が望めず、繰り返しの処置が必要になります。
こちらのモニターさんの場合には、「あと少し」というこだわりを満足させるための処置ですので、バストグロウも2回と言う少ない回数での対応となっています。バストグロウの効果の持続については、半永久的ということができます。自分のバストの組織が増加することによって豊胸効果を獲得できるわけですから、注射したモノの吸収を考えなくていいわけです。
さらに、他の方法の豊胸術で手術を受けた方でも、バストグロウを行うことができます。例えば、バッグによる豊胸手術を受け、あと少し大きくしたい方や、バッグを取り出してしまってから、このバストグロウでもう一度豊胸術をやり直すといったことも可能です。バッグでの豊胸術を過去に受けた方のうち、年齢とともにバッグの外側の袋が、ぺこぺこと触れるようになってしまうことがあります。また、症例によっては、バッグのシワが、皮膚を通して見えるようになってくる場合もあります。このような症状を、リップリングと言うのですが、このリップリングも、バストグロウをおこなうことで、バッグを摘出しなくても、改善させることが可能です。また、このモニターさんのように、脂肪注入による豊胸手術の後で、もう少しバストアップを図りたい場合にも、有効な方法です。
バストグロウは、成長因子によってバストの部分の組織の状態をより若い状態に持って行き、そこに思春期の時のように血中ホルモン濃度を上昇させ、成長させるように作用させます。ホルモンについては、投与期間は短期間で、しかも量的なものは多くはないため、発がん性や、卵巣などへの悪影響については、心配はありません。ただし、元々持っている、乳がんなどの婦人科系の癌については、これを成長させてしまうことがあるため、がん検診はきちんと受けてから、バストグロウを受けることをお奨めいたします。


痩せ型の体型で幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術関連ページ

バストの張りを戻す目的の、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入による豊胸術は、バストに張りを戻す目的をしっかりと達成できる。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、比較的年齢の高い痩せ型の体型のモニターさんの場合
写真上の修正がいくらでも可能なグラビアアイドルならいざ知らず、一般女性の場合には、痩せ型の体型にバッグを入れる豊胸術を行うと、コンプレックスがさらに大きくなる。
痩せ型の体型で幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術
幹細胞脂肪注入・コンデンスリッチ・PRPという、注射した脂肪の生着を良くする3つの技術を組み合わせた、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、痩せ型の患者さんでも、よい結果を獲得できる。
バッグで豊胸済みの人に、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入
年齢とともに、女性は上半身から下半身へと、脂肪のつき方が変化する。そこで、高生着率の幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、下半身からバストに脂肪を持ってくることは、体型のアンチエイジングとも言える。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術 20代前半
約90%の脂肪生着率を可能にした、南クリニックの幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術は、無理なダイエットで痩せたのでなければ、豊胸効果を失うということはない。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、体型のバランスを一気に整える
太ももを脂肪吸引して、バストに注入した、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術のモニターさんの症例写真。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術 その2
幹細胞WPRPF併用脂肪注入豊胸術は、小さくなったと思っても、それから再びバストが大きくなる。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術 左右差も修正
ブラのカップにしてどれくらい大きくなるかは、ブラのメーカーやショップによって異なり、統一したフィッティング基準が無いため、豊胸術の結果予測として正確に答えるのが難しい
豊胸術~幹細胞・WPRPF併用脂肪注入
体内インキュベーター効果で、生着率を向上させるというのが、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、より良い結果が獲得できる秘密の一つ。
かなり痩せたモニターさんの豊胸術
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入で、非常に痩せた人の授乳後の豊胸術を行った症例写真。幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術は高生着率なので、痩せた人でも十分に豊胸術が可能。