かなり痩せたモニターさんの豊胸術

美容整形

かなり痩せたモニターさんの豊胸術

非常に痩せている、20代女性のモニターさんです。

MMIA_before.jpg MMIA_after.jpg

授乳後の急速なバストサイズのダウンを気にして、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入を決意しました。
太ももとヒップからの脂肪吸引を行いました。
鎖骨の下からバストにかけて、広い範囲で脂肪注入を行い、肋骨の浮き上がりをカバーしています。


幹細胞・WPRPF併用脂肪注入は、乳房の再建にも有効です。


かなり痩せたモニターさんの豊胸術関連ページ

バストの張りを戻す目的の、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入による豊胸術は、バストに張りを戻す目的をしっかりと達成できる。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、比較的年齢の高い痩せ型の体型のモニターさんの場合
写真上の修正がいくらでも可能なグラビアアイドルならいざ知らず、一般女性の場合には、痩せ型の体型にバッグを入れる豊胸術を行うと、コンプレックスがさらに大きくなる。
痩せ型の体型で幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術
幹細胞脂肪注入・コンデンスリッチ・PRPという、注射した脂肪の生着を良くする3つの技術を組み合わせた、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、痩せ型の患者さんでも、よい結果を獲得できる。
バッグで豊胸済みの人に、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入
年齢とともに、女性は上半身から下半身へと、脂肪のつき方が変化する。そこで、高生着率の幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、下半身からバストに脂肪を持ってくることは、体型のアンチエイジングとも言える。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術 20代前半
約90%の脂肪生着率を可能にした、南クリニックの幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術は、無理なダイエットで痩せたのでなければ、豊胸効果を失うということはない。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、体型のバランスを一気に整える
太ももを脂肪吸引して、バストに注入した、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術のモニターさんの症例写真。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術 その2
幹細胞WPRPF併用脂肪注入豊胸術は、小さくなったと思っても、それから再びバストが大きくなる。
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術 左右差も修正
ブラのカップにしてどれくらい大きくなるかは、ブラのメーカーやショップによって異なり、統一したフィッティング基準が無いため、豊胸術の結果予測として正確に答えるのが難しい
豊胸術~幹細胞・WPRPF併用脂肪注入
体内インキュベーター効果で、生着率を向上させるというのが、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術で、より良い結果が獲得できる秘密の一つ。
かなり痩せたモニターさんの豊胸術
幹細胞・WPRPF併用脂肪注入で、非常に痩せた人の授乳後の豊胸術を行った症例写真。幹細胞・WPRPF併用脂肪注入豊胸術は高生着率なので、痩せた人でも十分に豊胸術が可能。

コメント(5)

豊胸バッグと脂肪注入はどちらが自然な触り心地なのでしょうか?

この方のバストで、どのくらい注入されているのですか?
今後、また無くなったりしないのでしょうか?

片方に付き180cc、両方で360ccです。注入した脂肪そのものは無くなりません。しかし、何も処置を受けていないバストは、年齢とともにバストは中身がなくなってきて、小さくなります。このような、年齢によるバストの変化は、どうしても出てきます。しかし、たとえば、処置を受けての10年後のバストと、受けずに迎えた10年後のバストの比較では、脂肪注入の効果としてのボリュームアップはしっかりと保たれています。

きちんとやった脂肪注入に敵うものはありません。しかし、注入の方法が稚拙だと、バッグよりも悲惨になります。

脂肪注入でも大きく変わりますね。