強力脂肪溶解注射 Ver.7

美容整形・美容外科 南クリニック > 強力脂肪溶解注射 Ver.7

強力脂肪溶解注射 Ver.7

強力脂肪溶解注射 Ver.7 (2010.3)
患者さまの皆さんに非常に好評の、通常の脂肪溶解注射3回分の効果が1回で獲得できる、南クリニックの強力脂肪溶解注射は、総院長が発明以来、毎年改良を行い、バージョンアップを重ねてこのたびVer7が登場しました。これまでのバージョン6との違いは、薬剤の配合が違うのはもちろんのこと、注射の方法や術後の経過など、多くの改良点を盛り込みました。
まず、薬剤の配合ですが、これはこれまでの強力脂肪溶解注射と、主成分そのものは変わりありません。しかし、強力脂肪溶解注射の「強力」たる由縁である、脂肪組織内での薬剤の染み込みを促進する薬剤の配合比と種類を変化させ、これまで以上の効果を獲得できるようにしたものです。それによって多くの脂肪組織に、脂肪溶解作用のある薬剤が到達し、効果の促進が図られました。効果は、通常の脂肪溶解注射の約3から5倍です。
次に注射の方法です。当院でのこれまでの強力脂肪溶解注射は、脂肪溶解作用のある薬剤を、目的の範囲にまんべんなく拡散させるために、目的の部分にたくさんの回数に分散させて注射を行ってきました。今度の強力脂肪溶解注射Ver7は、脂肪溶解作用のある薬剤の浸透がいいため、注射の回数は1か所の範囲(10cmX10cm)につき、注射は1回です。
強力脂肪溶解注射Ver.7の術後の経過ですが、まず第一に、これまでの強力脂肪溶解注射と比較すると、内出血が非常に少ないことが挙げられます。これは、同じ面積に対しての脂肪溶解注射注射の回数が、これまでは1か所の範囲(10cmX10cm)につき、平均28回だったのが1回になったことで、毛細血管からの出血が大幅に減少したためです。 
第2に、脂肪溶解効果が出現するのが早くなりました。理由は様々な要素が考えられるのですが、一番の理由は、脂肪溶解効果がさらに大きくなったため、途中経過の状態でも皮下脂肪の厚みが減少したのがわかるようになったためでしょう。また、注射の方法が、前述の通り、内出血の少ない方法となったため、腫れなどが少ないことも一つの理由でしょう。
以上をまとめると、強力脂肪溶解注射Ver.7は、
1)これまでの強力脂肪溶解注射以上の効果
2)内出血などの術後経過が穏やか
3)効果の出現が早い
と、言うことができます。

実は「お得」な"強力"脂肪溶解注射
一見、費用が高額に見える強力脂肪溶解注射ですが、実は、他院で一般的に施行されている脂肪溶解注射(メソセラピー)よりも、ずっとお得なのが事実です。 たとえば、10cmX10cmの範囲(手のひらの大きさと表現しているクリニックもありますが、ほぼ同じ広さです)で比較すると、以下のようになります。
たとえば、1回¥21,000(私が調べた平均的な治療費)の、通常の脂肪溶解注射を3回受けたとすると、その合計は¥63,000です。これに、通常は初診料などが追加されるケースが多いようですので、およそ¥65,000程度の支払いになります。5回の場合には合計で¥110,000程度かかります。 一方、美容整形・美容外科の南クリニックの、強力脂肪溶解注射Ver.7の場合、同様の範囲で、初診料など込の費用が¥52,500です。しかも、3から5回分の効果が1回で出せるため、単純に比較しても、¥12,500(他院で3回)から¥55,000(他院で5回)程度の「お得」になるわけです。他院で5回の脂肪溶解注射を受けることを考えると、当院の強力脂肪溶解注射は2回受けることができるわけです。 このように計算してみると、強力脂肪溶解注射は、注射の痛みを何度も感じることがないばかりでなく、費用的な面からみてもかなりお得なのが理解できると思います。
脂肪溶解注射は、注射で脂肪組織を溶かします。
脂肪溶解注射には、従来の脂肪吸引のような、スポンジや、ヘビーな下着による圧迫は不要です。処置時間は1回たったの5分程度で、しかも仕事の休みも不要です。処置当日から入浴もできます。脂肪溶解注射は、文字通り注射のみで、手術をしないため、皮膚には1ミリの傷も残りません。脂肪組織そのものが溶けるので、効果や持続性は、従来の脂肪吸引と同様です。この脂肪溶解注射、現在、世界中で大流行しています。常に患者様の肉体的負担を考え、世界中の最新技術を取り入れる、南クリニックが、2003年7月に、日本で初めて診療に取り入れた技術です。
手順:まず、医師の診察を受け、説明を受けます。記録用の写真を撮影したあと、脂肪を取りたい部分に、ペンで印をつけ、脂肪溶解注射を開始します。処置後は、印を落としたら、すぐに帰宅できます。(処置後の生活制限は一切ありません。)

 脂肪溶解注射の詳しい解説
脂肪溶解注射とは、文字通り、注射によって脂肪を溶解して除去します。方法は、目的とする部分の脂肪層に、直接注射によって脂肪を減少させる薬液を注入します。ある程度の広さに、充分に薬液を拡散させるために、少量ずつたくさんの回数に分割して注射します。使用する針は、30~32ゲージといった非常に細いものを使いますから、注射時の痛みは軽度です。ちなみに当院の方法は、1回の注射液の量は12~48cc。それを24~96ポイントに分割し、約1~2cm間隔で注射しています。勿論、処置部位によって違いがあります。
ところで、「メソセラピーと脂肪溶解注射はどう違うの?」といった、質問をよく受けることがあります。これらを、全く別物と主張している医師がいますが、厳密にはメソセラピーから脂肪溶解注射が派生したのが真実です。つまり、脂肪溶解注射は、メソセラピーという、大きな治療方法のカテゴリーの中の一つであるということ。例えて言うなら、プチ整形の中の、ヒアルロン酸注射と言ったところです。
メソセラピーは、1952年、フランスのDr.Pistorによりはじめられました。その方法は、症状がある箇所に対して、直接治療薬を注射することにより改善を図るというものです。現在の適応は、慢性疼痛、しわ、たるみ、しみ、傷の治療、脱毛症、皮下脂肪など。 それぞれの症状や部位によって薬剤の調合を変え、一定の効果を獲得できるまでに改良されてきました。そのメソセラピーの改良過程で、南米において、フォスファチジル・コリンが、局所の脂肪除去に有効であることが発見されました。文献の上では、スペインの美容外科学会誌の2003年8月号に、スペイン語で、Dr.ルチアーナ オリヴェーラが発表したのが最初のようです。そして、国際美容形成外科学会の公式雑誌2003年11月号に掲載された、Dr.パトリシア リッテス(Patricia Guedes Rittes,M.D)氏の論文が、このメソセラピーの中の1つの方法を、「脂肪溶解注射」として全世界に広めたと言えます。
  現在の脂肪溶解注射に使用する脂肪溶解作用のある薬液の主成分は、上述のとおり、フォスファチジル・コリンです。これは、大豆に多く含まれる、レシチンという栄養素の一部でもあります。クリニックによって、これをそのまま使用するところや、甲状腺ホルモン・ビタミン・アミノ酸・交感神経刺激薬などを混合してカクテルを作って使用するところなど、様々です。どうしてクリニックによって違いがあるのかというと、この方法が論文として発表されてからまだ6年足らず、と日が浅く、たくさんの医師たちが、現在より効果的な方法を模索して改良を重ねているためです。
  現段階では、1回に除去できる脂肪の量では脂肪吸引にかなわない脂肪溶解注射ですが、近いうちに脂肪吸引の完全な代用となるかもしれません。
  脂肪溶解注射のメリットは、なんと言っても処置当日から生活制限がないことです。同じ脂肪を取る方法である脂肪吸引は、術後、入浴をはじめ、一定の生活制限があります。それに対して脂肪溶解注射の場合、当日の入浴も可能で、ガーゼや圧迫用のコルセット、ガードル等の着用も不要です。デメリットは、1回に処置できる範囲が限られていることと、除去できる脂肪の量が脂肪吸引に比べると少ないため、広い範囲で大量の脂肪を除去するのには不向きであることです。しかし、脂肪溶解注射でも、ゆっくりと回数を掛けて根気強く処置を受け続ければ、かなりの量の脂肪が除去できます。当院での実際の診療現場でも、「よし!脂肪を取るぞ!」と気合を入れて一気にやりたい人は、脂肪吸引。「すこしづつでいいから、楽をしたい」と言う人は脂肪溶解注射、といった具合です。