最新ハイテクNEW脂肪溶解 プラズマリポ

従来の脂肪溶解レーザー(スマートリポなど)とは、効果もダウンタイムも、雲泥の差。注射感覚でのプラズマ照射

レーザーではなく、プラズマなので安全

プラズマリポに用いるプラズマ光線は、レーザー光線ではなく、大型テレビに用いられている「プラズマ」を、脂肪溶解・除去用に改良・応用したのもです。装置使用時に特別な管理を必要としない、全く新しいコンセプトの脂肪溶解・除去の方法です。
プラズマ光線は、極細のファイバーの先端から、立体的に360度の方向に照射されるため、従来の脂肪溶解用のレーザー装置よりも、非常に広い範囲での脂肪溶解・除去が可能です。さらに、立体照射によって、先端からの距離の3乗に反比例してエネルギーが減衰するので、正確な位置の脂肪溶解を、強力に行うことが可能です。

 

プラズマリポは、極細ファイバーで、まさに注射感覚

プラズマリポで用いる、脂肪層に挿入するファイバーは、直径400ミクロン?600ミクロン。これは0.4?0.6ミリで、注射針の太さと同等です。
だから、傷はほとんど残りません。

 

プラズマリポは、注射感覚なのに脂肪吸引並みの効果

プラズマリポに用いるプラズマは、従来のレーザー光線と違い、エネルギーの拡散が非常に広いため、脂肪吸引並みの効果を実現できます。ただし、脂肪吸引と違い、圧迫処置は一晩でOK。縫合が不要な、小さな穴だけなので、翌朝にはシャワーを浴びて、仕事に向かえます。

 

プラズマリポは、特製ハンドピースでファイバーが折れない

従来の、レーザー装置による脂肪溶解術(スマートリポなど)では、ファイバーを挿入するときに、先端がむき出しのため、先端が折れて、その破片が体内に残ってしまう欠点がありました。このプラズマリポのハンドピースは、ファイバーの挿入時にその先端を保護する機構が備えられているため、体内にファイバーの先端が残りません。

 

プラズマリポでは、痛みや腫れは皆無と言っていいほど

プラズマリポは、処置翌日でも、腫れはほとんどありません。痛みは、軽度な筋肉痛程度です。

 

プラズマリポのパイオニア、南クリニックで開発された、プラズマリポ・ドレナージ

従来のプラズマリポに、ドレナージ機能を追加しました。このドレナージ機能とは、プラズマで脂肪を溶かしながら、その溶かした脂肪を同時に排出させる機能のことです。このドレナージ機能が加わることで、これまでは溶けた脂肪が吸収されるのを待つ期間が必要だったのが、大幅に短縮されました。

これまでのプラズマリポの経過として、効果が出現するのに、早い方で約2~3週間必要だったのが、このドレナージ機能によって、約半分の1~2週間に短縮されました。

ドレナージ機能付きのプラズマリポは、プラズマを発生するドーム加工したファイバーの先端を保護しながら溶解した脂肪を排出できる、高機能カニューレを使用します。南クリニックで開発されたプラズマリポ・ドレナージの利点は、以下の通りです。

  • 1)効果の出現が早い
  • 2)脂肪吸引よりも、内出血や腫れが小さい
  • 3)圧迫期間は従来のプラズマリポ同様に1晩のみ
  • 4)溶かした脂肪を取りだすので、身体の負担が小さい

現在、プラズマリポ・ドレナージは、南クリニックで開発された後、世界中でその効果と利便性が評価されつつあります。

プラズマリポの技術的側面

レーザーではなく、プラズマなので安全

プラズマリポに用いるプラズマ光線は、レーザー光線ではなく、大型テレビに用いられている「プラズマ」を、脂肪溶解・除去用に改良・応用したのもです。装置使用時に特別な管理を必要としない、全く新しいコンセプトの脂肪溶解・除去の方法です。
プラズマリポでは、プラズマ光線は、極細のファイバーの先端から、立体的に360度の方向に照射されるため、従来の脂肪溶解用のレーザー装置よりも、非常に広い範囲での脂肪溶解・除去が可能です。さらに、プラズマリポでは、立体照射によって、先端からの距離の2乗に反比例してエネルギーが減衰するので、正確な位置の脂肪溶解を、強力に行うことが可能です。

レーザーの場合(スマートリポなど)

レーザーは直進光です。したがって、遮蔽物が全くない場合、エネルギーは減衰も拡散もせず、どこまでいっても、おなじエネルギーです。

脂肪層の中では、脂肪組織が遮蔽物、かつ、レーザーを吸収するため、どこまでも減衰しないということはありません。レーザーは、そのエネルギーに応じて熱を発生して、脂肪溶解の作用を発揮します。しかし、直進光ですので、脂肪溶解作用が発揮されるエリアは、前後に長細いものとなります。

レーザー(スマートリポなど)の場合、実際の処置の際には、ファイバーを挿入して、それを引き抜きながらレーザーを照射します。そうすると、脂肪溶解範囲は、さらに前後に長細いものとなります。

従来の、レーザーによる脂肪溶解(スマートリポなど)は、この、長細い脂肪溶解範囲をくりかえし作成することで、効果を獲得しようとするものでした。
しかし、この、長細い脂肪溶解範囲が問題です。ファイバー先端が、皮膚や筋肉に向いている場合、それらにダメージを加えることになります。そこで、レーザーの出力エネルギーを絞らざるをえなくなり、効果の薄い処置となってしまうのです。だから、レーザーによる脂肪溶解(スマートリポなど)は、脂肪吸引を併用する必要があります。

 

プラズマリポの場合

プラズマリポに用いるプラズマ光線は、レーザーと違い、拡散光です。光源である、ファイバーの先端から、立体的に360度の方向に照射されます。したがって、プラズマリポの場合には、遮蔽物がない場合でも、エネルギーは距離の2乗に反比例して減衰します。

プラズマリポに用いるプラズマ光線も、そのエネルギーに応じて熱を発生して、脂肪溶解作用を発揮します。プラズマリポの、脂肪層の中での、脂肪溶解エリアは、立体的に360度の方向に照射される関係上、半球状の形態となります。

実際の処置の際には、プラズマリポもレーザー同様、ファイバーを挿入して、それを引き抜きながらプラズマを照射します。そうすると、脂肪溶解範囲は、前後に長細いものとなりますが、プラズマリポの場合、レーザーと違い、脂肪溶解範囲はかなり幅の広いものとなります。

プラズマリポでは、脂肪層の中で、脂肪組織が遮蔽物、かつ、プラズマ光線を吸収するため、距離に応じた減衰は、さらに大きなものとなり、脂肪溶解に必要な熱は、必要なエリアに限定されることになります。ファイバーの先端が皮膚や筋肉に向いていても、それらにダメージを加えることがありません。よって、プラズマリポは大きなエネルギーを照射することが可能で、その分、効果も大きなものが期待できます。

プラズマリポの施術手順と術後

プラズマリポの実際の施術は、次の様な手順で行われます。

  • 1) 脂肪を取りたいところに印をつける。
  • 2) 麻酔をする。
  • 3) 小さな穴をあける。
  • 4) 穴からさらに麻酔をする。
  • 5) プラズマリポの照射をする。
  • 6) 圧迫固定を施し、終了。

これだけですと、脂肪吸引と変わらないようですが、一つ一つのプロセスに、大きな違いがあります。特に2)と4)については、脂肪吸引のように、出血を防止するために大量の薬液で脂肪組織を膨脹させる必要はなく、麻酔効果を獲得できる必要最小限の薬液で十分です。具体的には、脂肪吸引の約2分の1です。これは、術後の腫れが少なくて済むことにつながり、ひいては、効果が出現するのが早いということにつながります。3)については、18ゲージの針穴で十分ですので、これも脂肪吸引とは雲泥の差です。さらに、6)の期間が短く、少し締め付ける下着のようなもので十分です。そして、施術の翌朝には、固定を自分で外して、シャワーを浴びることもできます。その時点では、穴の周囲の軽度の内出血と、圧痛はありますが、術野全体に拡大した内出血や自発痛はありません。これは、吸引管で脂肪組織を削ぎ取る脂肪吸引と違い、プラズマの熱作用が脂肪を融解し、さらに毛細血管からの出血を止血しているためだと推測できます。

脂肪吸引に匹敵する効果?

効果がよくわかるようになるのは2~3週間後です。術後3週間目に脂肪の厚さを測定してみると、術前の約2分の1になっていました。これは、脂肪吸引に匹敵する効果と言えます。基礎実験の結果が、臨床でも実証されたわけです。また、当初、発生の可能性を否定できなかった皮膚の火傷は、皮膚直下の脂肪除去を行った症例を含め、未だ1例もありません。

プラズマリポの、臨床における今後の展望

繊維質の多い、硬い脂肪組織には、脂肪吸引は十分な効果が望み難いのが現状です。しかしプラズマリポは、その細いハンドピースと、強力な脂肪融解作用によって、硬い脂肪組織の中でも操作が容易なため、高い効果が望めます。実際、肩の三角筋の上や背中、バストにおいても、非常によい結果が確認されています。今後は、乳房縮小術や女性化乳房の治療に、もっと多く用いられることになるでしょう。

また、プラズマの熱作用は、皮膚のタルミを改善することも期待できます。下垂した顔やボディーの脂肪を除去すると同時に、皮膚を引き締めるため、使い方によっては、乳房の吊上げや、フェイスリフトに応用できる可能性があります。実際、既に当院では、乳房の吊り上げやフェイスリフトへの応用を開始しています。これらの症例写真も出そろってきています。

プラズマリポの、バストに対する応用

前項のように、プラズマリポは、脂肪吸引手術の欠点を補いつつ、それに匹敵する効果を獲得できる、最新の技術です。そしてさらに、脂肪吸引単独では実現不可能である、皮膚の引き締め効果(たるみ取り効果)を応用した、バストの縮小と吊り上げについて、臨床応用を実現しました。

従来の乳房縮小術・吊り上げ術は、乳輪の周囲とバストの皮膚(乳輪からアンダーバストにかけて)に切開を加え、内部の乳腺や脂肪を切除し、さらに余った皮膚を切除して縫合するものです。したがって、バストには、ちょうど船の「碇(イカリ)」のような形の瘢痕(傷痕)ができることになります。この傷については、白人の場合には、非常にきれいに目立たない治癒の形式となるのですが、日本人のような有色人種の場合には、傷だけが白く浮き上がり、術後何年経っても、「目立たない」とは言えない状態となることがあります。また、バストの傷は、しっかりとした術後のケアをしないと、しばしばケロイド化し、盛り上がったり、幅が広くなったります。重症の場合には、何年もの間、痒みや痛みを伴うこともあります。

そこで、プラズマリポを応用すれば、皮膚の切開を小さくしたり、または脂肪吸引のように、ほとんど切開をなくしたりすることが可能になったのです。

脂肪吸引ではバストが垂れ下がる ~さらに、変形や左右差を残すことも

脂肪吸引による乳房縮小術は、バストの大きさが、乳腺ではなく、脂肪組織による場合には、脂肪吸引も有効な方法と言えます。しかし、バストの脂肪組織は、その形態を保つために、繊維質が非常に発達しており、吸引用のカニューレの挿入と操作が非常に困難なため、熟練した医師であっても、凹凸や左右差を残すことが多く、効果も低い傾向にあります。しかも、脂肪吸引では皮膚を縮めることができないため、バストが垂れ下がってしまうことになります。ちょうど、風船の中身がなくなったのと同じ状態です。その他のリスクとしては、術後の強力な圧迫が困難なため、血腫(血液の塊)ができることが多く、痛みや腫れが大きい点が挙げられます。さらに、血腫(血液の塊)は、しこりやセローマに変化し、バストを変形させることもあります。プラズマリポを使用すれば、そのようなリスクを低減させ、バストを不自然な垂れ下がりから守り、十分な乳房縮小効果を出すことができます。

プラズマリポは、アンチエイジングを含めた総合的シェイプアップ

症例写真集のところから、プラズマリポの症例写真、特にバストや顔面の症例を見ていただいたらわかるように、プラズマリポは、単なる脂肪除去の手段であるだけでなく、皮膚のたるみを改善する手段でもあると言えます。その効果は強力で、バストのような、重量がある組織でも持ち上がるほどです。プラズマリポは、まさに、アンチエイジング脂肪形成術であると言うことができます。

また、最終的な費用の見積もりは、初診時に決定いたします。