傷が残らない、口の中からの手術。(えら・ほほ骨・あご)

南式トランスオーラル・オステオ・プラスディー(TOP)法

顔の筋肉や皮膚の状態を慎重に診察した後、レントゲンで、えらや頬骨の、骨格やその中の神経、血管の走行をチェックし、治療方針を決定していきます。そのため、後遺症や副作用を最小限におさえ、安全に手術を終了できます。
手術は全身麻酔で眠っている間に終了するため、痛みや恐怖を感じることもありません。手術後の痛みや腫れの心配も不要です。
えらや頬骨は勿論、顎の幅や長さも自由なため、顔を小さくしたり、左右が不対称な輪郭も改善できます。