W-PRP-F皮膚再生療法

肌の若返りが実感できる、WPRPF皮膚再生療法

WPRPF皮膚再生療法は、従来のPRP皮膚再生療法を改良して、効果を高めた、皮膚の若返り治療法です。
当院では、2回の遠心分離を行うことにより、従来の、1回の遠心分離で行うPRP皮膚再生療法よりも、血小板の濃縮率を約5倍に高め、さらに白血球と成長因子(サイトカイン)を加えた、WPRPF皮膚再生療法 を導入しております。止血や創傷治癒などの、自然治癒力と組織再構築力を増強する働きを持つ血小板を、自分の血液から、遠心分離し、注入することで、皮膚が若返り、シワ・ほうれい線・ニキビ跡の凸凹などが改善します。治療は一回で完了し、通院の必要もありません。

適応症状

加齢とともに起こる、皮膚のトラブル全般に有効です。
しわ
たるみ
しみ
加齢とともに目立ってきたニキビ跡
加齢とともに開いてきた毛穴

WPRPF皮膚再生療法 で、従来のPRP皮膚再生療法 やWPRP皮膚再生療法 以上の効果

当院では、PRPの濃縮率を、最大10倍程度(従来の5倍程度)にまで高め、さらに、自己の白血球を分離・添加する新技術、WPRPを導入しました。
また、血小板に含まれる成長因子(サイトカイン)のうち、真皮コラーゲンの成長を増強する成長因子(サイトカイン)を増量添加し、WPRPF皮膚再生療法 としました。
これらによって、WPRPF皮膚再生療法は、従来のPRP皮膚再生療法やWPRP皮膚再生療法よりも、早期の効果発現と、強い効果を発揮します。

WPRPFの特徴

・従来のPRP皮膚再生療法 にはなかった、白血球との相乗作用

WPRPは、「PRP」と「白血球」との相乗作用が、局所での自然治癒力と組織再構築力を、従来のPRP単独による治療よりも、数段増強し、強い効果の発現が獲得できます。

・WPRP皮膚再生療法 を、さらに進化させた、WPRPF皮膚再生療法

血小板由来の成長因子のうち、特にコラーゲンの生成を増加させる細胞に働く成長因子(サイトカイン)を、添加増量しました。これにより、強力な皮膚組織再生能力が発揮され、より早く、強力に効果を発揮します。

・効果が出るまでの期間が短縮。準速効性

従来のPRP皮膚再生療法は、効果が実感できるまで2ヶ月程度かかっていましたが、当院のWPRPF皮膚再生療法では、効果の実感まで10日間程度と、大幅な短縮が可能になりました。

皮膚の中から、成長因子が力強く作用

WPRP-F皮膚再生療法 は、自分の血液に含まれる血小板と白血球を利用し、さらに成長因子(グロースファクター)を添加します。

血小板は、人体で、止血や組織修復の働きをします。その際、血小板からは、「成長因子(グロースファクター)」と呼ばれる、細胞の分裂・成長・代謝を活発にする成分が放出され、これが皮膚の再生に大きく関与します。また、白血球は、細菌・ウイルス・異物・老廃物などの除去に関する、血液成分の主役です。そして、血小板に対して、一部の成長因子(グロースファクター)を産生・放出するように指令を出す役割も、行っています。つまり、簡単に説明すると、白血球が細菌・ウイルス・異物・老廃物などを除去したら、終了のサインとともに、血小板が成長因子(グロースファクター)を放出しつつ、組織の修復を開始するわけです。
W-PRP-F を注射することで、添加した成長因子(グロースファクター)が、血小板由来の成長因子(グロースファクター)が働く前に働きます。そしてその後、白血球の司令によって、高度に濃縮された血小板から、成長因子(グロースファクター)が早期に大量に放出され、働き始めます。つまり、W-PRP-F皮膚再生療法 は、コラーゲンの産生や毛細血管の新生などが、注射直後から活発化し、早期に肌が若返っていきます。WPRPF皮膚再生療法 は、高濃度に濃縮した血小板と白血球を用い、さらに、皮膚の若返りに関与する成長因子(グロースファクター)を添加し、若返り効果を最大限に引き出します

W-PRP-F皮膚再生療法・処置の手順と平均的術後経過

W-PRP-F  処置の手順

 

平均的術後経過

  • 手術当日 :3時間後から洗顔・メーク可能。
  • 手術翌日 :処置部分がむくんだ感じ。内出血があるものの、目立たない。
  • 3日目 :内出血は、約80%消失する。
  • 10日目 :効果の実感が現れ始める
  • 2ヶ月目 :本当の効果が現れ、ほぼ完成の域に到達する。

WPRPF最新皮膚再生療法 症例写真

30代の女性のモニターさんです。20歳くらいから、眼の下のくまに悩まされてきましたが、最近は特に状態が悪化したとのことで、WPRPFの治療を受けることを決意しました。元々のくまは、色によるものだったのですが、それに年齢が加わり、加齢による変形のためにお化粧では隠せなくなったのが原因です。目のクマの治療法はたくさんあるのですが、その中でも特にWPRPFは、速効性はないものの、ヒアルロン酸の注入や切開を伴う手術と違って 、自然な仕上がりとダウンタイムの無さが人気のポイントです。写真は向かって左が術前、右が術後2か月で最終結果です。

この他のWPRPFに関する症例写真は、症例写真集のサイトでご覧ください。