顎削り(アゴ削り,アゴ切り)手術

顎削り(アゴ削り,アゴ切り)手術の概要

同じあご・顎部分でも、「長い」「前に出ている」「左右差がある」「割れている」と状態はさまざまです。

顎(あご)の手術は、、すべて口の中からのアプローチによる手術で、お顔の表面に一切キズをつけずに行うことができます。削ったり、移動させたりする程度については、ご本人様のご希望に合わせます。

たとえば、ほんの少し短くしたり、顔貌が大きく変化するほどに、たくさんの移動を行うことも可能です。
顎(あご)を含む輪郭部分は、人間の基礎の部分ですので、ほんの少し削ったり、移動させるだけでもかなり変化が出ます。医学的な、削る限度や移動する限度に関しては、レントゲン検査をおこない、その結果で決定されます。
一般的に、限度いっぱいで削ったり移動させたりすると、別人のような変化があり、場合によっては不自然な顔貌になりますので、専門のDrとの入念な打ち合わせが必要です。手術は骨の修正手術になりますので、全身麻酔を使用し、一泊の入院が必要なものとなります。全身麻酔というと少し怖いと思われるかもしれませんが、骨を削る・切除する手術のため、意識がある状態で行う方が、恐怖感も強く、痛みも感じやすいようです。術前に眠くなり、起きたら手術は終わっています。

例)長い顎の手術

術前は、先端が細長く前に突き出すと同時に、下のほうにも顎が発達している。

ブルーの部分を切除する。

 

この他の方法としては、顎先が比較的太く、そのまま短くすると顔が四角い印象になってしまう場合には、顎の先端を約1㎝だけ残して、Vの字に顎の骨をカットする方法を採ります。また、顎の横から出ている神経(おとがい神経)が下のほうにある場合には、上記のような顎先の骨の中間をとる方法ではなく、顎先の骨を先端まで取り除き、その際に外した筋肉を、顎先の骨に縫合する方法を採ります。

 

顎(あご)骨の手術の平均的術後経過

  • 手術当日―入院(1泊のみ)
  • 翌日―退院(正午までには退院できます)メイク可
  • 3から4日目―口腔内チェック(流動食から軟菜食に変更・歯磨きは上顎のみ許可)
  • 7日目―口腔内チェック(通常食・歯磨き許可) 腫れは70?80%退いている。
  • 1ヶ月目―口腔内・経過チェック  3ヶ月目―口腔内・経過チェック