E-リフトの要約

E-リフトは、美容外科の革命とも言われる、全く新しい形のスレッドリフトです。

これまでのスレッドリフトは、糸そのものが周辺の組織を切っていき、たるみを支えてやる効果が消失していくものでした。特に吸収性の糸は、その効果が半年未満であるとの報告もあります。それに比べて、E-リフトの場合には、伸縮性のある糸を使用するため、周辺の組織を切っていくといったことがなく、たるみを長期にわたって支え、その効果も長期間に及ぶものです。

E-リフトでは、エラスティカム(Elasticum®)と言う糸を使います。この糸を使うことで、皮下組織を引き上げるために行っていた、広い範囲で剥離が必要ありません。このエラスティカム(Elasticum®)と言う糸は、皮下組織を切ってその中に入っていくことがなく、自然な靭帯(リガメント)として作用するようになっていきます。

エラスティカム(Elasticum®)に付属している針は、両端針のJanoニードルと言います、これを使えば、無切開または最小の切開で、皮下組織を引っ張っり支えることができます。顎の下のたるみなどは、耳朶の後ろに1㎝以内切の切開を置くのみで改善できます。首のリフト(ネック・リフト)も、5㎜程度の切開で可能です。

皮膚の余りが多い場合には、それを切り取るために切開創が必要なのですが、その場合でも、剥離範囲は、頬骨弓の範囲をほんの少し超える範囲で、十分な効果が得られます。

エラスティカム(Elasticum®)とそれに付属しているJanoニードルは、これらの他にも、バストやヒップなどにも応用できます。

E-リフトは、新しく組織を支える靭帯を挿入してやるというコンセプトですから、重力に抵抗して、下がった皮下組織を、たるみが出る前の、もとの位置に戻してやるということができます。皮下組織が元の位置に帰ることで、皮膚は重力で引っ張り伸ばされることがなくなり、次第に縮みも出てきて、自然に馴染んでいきます。従って、その最終結果は非常に自然なものであると言えます。