南クリニックの高生着率脂肪注入豊胸術

注入した脂肪の平均生着率100%に迫る、驚異のオリジナル脂肪注入豊胸術です。

脂肪注入による豊胸術と言うと、どうしても、注射した脂肪が残らないというイメージがあると思います。 確かにこれまでの脂肪注入豊胸術は、注入した脂肪のうち、平均で30%程度の生着率で、 中には全く豊胸効果を感じることのできない症例も存在しました。 そこで、幹細胞やコンデンスリッチ・ファット、SVCを利用したり、ピュアグラフトなどの新しい脂肪分離法を利用して、 生着率を高め、より豊胸効果を高めようという技術が出てきました。 しかしこれらを使っても、脂肪の生着率は、最も高いもので80%が限界でした。 そこで当院では、再生医療のもっと深い部分の研究と、 これまでの方法の技術的欠点を洗い出し、注入した脂肪の平均生着率を90%まで向上させることに成功しました。 そしてついに、現在では、当院での豊胸術はこの成長因子併用・高生着率脂肪注入豊胸術が主流となり、 これまでのシリコンバッグを挿入する豊胸術は、特殊な例を除いて、ほとんどなくなってしまいました。